スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

時計描画テスト(CDT)の利点と弱点

時計描画テスト(CDT)は、白い紙に10時10分をさす丸い時計を描くテストです。認知症を識別するために改訂長谷川式スケール(HDS-R)と共に実施されることがあります。

病院で行われている方法(コウノメソッド)では、3枚の違う種類の紙を使用。
テストを受ける人が、記入を求められるのは:
1.白紙に時計の輪郭(円)と数字 2.描かれた丸の中に数字のみ 3.文字盤の中に針のみ

こうしたテストと結果の数値化は少し難しいですが、1枚の紙を使って家族でも簡単に試してみることができます。本人のプライドを傷付けにくいという利点もあります。

ただ、初期の患者のほとんど、全体でも半数の患者は、描けるそうです。
これだけで認知症か否かを判断することはできませんが、参考になる簡単なスクリーグ法です。(参考論文→「地域在住高齢者の認知機能スクリーニングのための時計描画テスト」小長谷陽子・ 渡邉智之・ 小長谷正明)

Eテレ「名医にQ」という番組でも「異常がないように見える人でもおかしな時計を描くことが多い」と医師が一般人向けに勧めていた検査です。(→記事はこちら

「コウノメソッドでみる認知症診療」(河野和彦著)(2012年10月17日第1版)という医師向けの本には、以下のように書かれています。(青字部分)

時計を見てカンニングする人は、おおかた認知症。(P.25)
9点満点で8点以下なら、ほぼ認知症。ただし認知症患者のほぼ半数は、満点が取れる。
裏を返せば、間違えたらほぼ認知症だといえる。(P.26)

アルツハイマー型=できない(異常な絵を描きやすい)  
レビー小体型  =筆圧が弱い    パーキンソン病=震えるが完璧に描ける
脳血管性    =できる(得意) うつ病=完璧にこなす(P.29)
初期の認知症患者はたいてい満点を取るが、考え込んだというだけで認知症の可能性は高まる。(P.31)

実際に認知症の方が、描いた時計の絵を見ることができます。
(ブログ外のサイト→時計描画テストの実際例(正常例・境界例・認知機能低下例)

追記:「週刊ポスト」2014年6月13日号の時計描画テストの記事→こちら

<関連カテゴリと記事>
4大認知症の種類別 長谷川式スケール(知能テスト)の答え方
*「パーキンソン病とレビー小体型認知症は、ほぼ同じ病気」(この記事のリンク集を)
*「5種類の認知症別 本人と家族の体験談集」(役立つ情報満載)
*「とても役立つ認知症 無料動画集
*「レビー小体型認知症がわかる重要リンク集」(特集されたテレビの全内容)
*「認知症Q&A 」(認知症を疑ったらまず何をどうすればいいのか)
*「各種認知症 早期発見のためのチェックリスト」(誤診を見抜く知識)
*「レビー小体型認知症が誤診されやすい6つの理由」(画像には出ない患者が多い)

P1020179_convert_20130417154338.jpg
菫(スミレ。別名:相撲取り草)
関連記事

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

<しば>

Author:<しば>
私は認知症について希望を持てる情報を集め、共有している一介護家族です。医療・福祉の従事者ではありません。

特定の医師・治療法等へのこだわり、信仰する宗教はありません。
認知症に関連するビジネスもしていません。
掲載する情報は正確・公正であるよう努めています。

このブログ内の記事は、出典さえ書いて頂ければ、自由にコピーして資料等として使って頂いて構いません。リンクもご自由に。

’13年5月から「レビー小体型認知症介護家族おしゃべり会」(全国に広がる家族会)公式サイトに「しば記者デスク」「体験記」というコーナーを頂き記事を連載中。(こちらの記事は会に著作権があります。)

ツイッター:しば@703shiba

*レビー小体型認知症の症状やチェック方法は、カテゴリの一番上「症状チェック」を。


母 '05パーキンソン病と診断。’10.3月要支援2→要介護4へ激変。5月レビーと診断。2度の転倒骨折入院の後、自宅介護が困難に。8月末グループホーム入所。’11年3月に圧迫骨折で寝たきりに。7月特養入所・要介護5に認定。'12年要介護4に回復。’14年なぜか要介護5になるが穏やかで普通に会話が可能。
S13(1938)年生まれ。

父 ’10年9月ピック病(前頭側頭型認知症)と診断。
昭和2桁生まれ。

私 ’60年代生の女性。300km離れた所に住む。日々の介護はきょうだいに頼り’10年から月1回、’12年から1〜2ヶ月に1回帰省。

好きなこと:読むこと・書くこと・草花の写真を撮ること等々。

*記事に付けた花の写真は私が撮影したものです。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。