スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

認知症発症を食い止める方法(TV番組から)

2013年4月13日放送のEテレ「チョイス@病気になったとき」を見ました。
認知機能が落ち始めた(認知症の前段階である軽度認知障害・MCIの段階)時でも予防活動をすれば、認知症発症を食い止められることが証明されているという内容。(詳細→NHK公式サイトを)その中から印象に残ったことを順不同でお伝えします。

*認知症になる前に発見・予防する難しさ。浦上克哉氏(鳥取大学教授)の解説。

「認知機能が落ち始めているということを自覚することも受け入れることも実際には(特に男性の場合)非常に難しい
(テストの結果から)認知症に進む可能性があることを伝えると、”なんで俺がそんなことになるんだ!”と怒り出す人も少なくない。
それは認知症が他の病気のように正しく理解されておらず、偏見を持たれているため」
そして、何もしないまま過ごし、おかしいと気付いた時には、既に認知症を発症。


*早期発見と予防活動が効果を上げている鳥取県琴浦町認知症検診の内容を紹介。
琴浦町で使用されているMCI早期発見テスト(→問題はこちら

驚いたのは、上記のテストで2問以上間違った人は、自宅に保健師が来て、認知症予防教室に誘われるということ。(特定の2問かどうかの解説はなし。もし全体で2問なら「平成何年、何日」の2つを間違えれば、該当する。)
<追記:2問以上間違うと2次検査を実施。→詳細(ブログ外のサイト)
これらのテストで発見されるのは、主にアルツハイマー型認知症その他の認知症(記憶障害が目立たないレビー小体型、前頭側頭型など)は、見落とされる可能性があります

*紹介された様々な予防法は、過去の記事と重なるので、詳細は、NHK公式サイトを。

認知症予防のために最も科学的根拠が高いのが、運動です
 (国立長寿医療研究センターの島田裕之氏が番組の中で語った言葉)

記憶力を回復させるための運動は、運動強度が、重要ポイントの1つ。
脳に最も効果的な運動強度(年齢や体力で変わる。)が、科学的にわかっている。
それは、「10〜15分運動をして軽く息が弾む程度」。


追記:番組で紹介したステップ(踏み台昇降)運動のやり方→こちら(動画も)

(補足byしば:「楽にできる強度。散歩ほど楽過ぎず、息切れする程キツくもないと自覚する強度」=科学的にはその範囲が、有酸素運動から無酸素運動に変わるポイント。
スロージョギングの強度—田中宏暁教授の言う「にこにこペース」—と同じ。)
心拍数から最適運動強度を計算する方法→関連記事参照)

週3日30分以上で効果。
2つのことを同時にすると更に効果が高くなる。(運動しながら計算やしりとりをする等)。


追記:2014年5月12日のNHK「あさイチ」でもMCIについて放送。浦上克哉氏出演。

<関連記事>
*「各種認知症早期発見のための知識とチェックリスト
*「頭と体を使って記憶改善(読売新聞記事)
*国立長寿医療研究センター島田裕之さんら作成→「認知症予防マニュアル
(全百ページの完全図解マニュアル全文。P.42に「ステップ運動と計算」「会話しながら歩行」。P.22に「最適運動強度の算出方法」等)
*「認知症予防のできる町・琴浦町の取り組み詳細」(このブログ外のサイト)
*カテゴリ:「認知症の予防・診断・治療
*カテゴリ:「スロージョギング(脳と体の健康を)

P1000850_convert_20120428145132.jpg
開く前の花水木(ハナミズキ)。
ノースカロライナ州の州花で、dogwoodと呼びます。

関連記事

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

<しば>

Author:<しば>
私は認知症について希望を持てる情報を集め、共有している一介護家族です。医療・福祉の従事者ではありません。

特定の医師・治療法等へのこだわり、信仰する宗教はありません。
認知症に関連するビジネスもしていません。
掲載する情報は正確・公正であるよう努めています。

このブログ内の記事は、出典さえ書いて頂ければ、自由にコピーして資料等として使って頂いて構いません。リンクもご自由に。

’13年5月から「レビー小体型認知症介護家族おしゃべり会」(全国に広がる家族会)公式サイトに「しば記者デスク」「体験記」というコーナーを頂き記事を連載中。(こちらの記事は会に著作権があります。)

ツイッター:しば@703shiba

*レビー小体型認知症の症状やチェック方法は、カテゴリの一番上「症状チェック」を。


母 '05パーキンソン病と診断。’10.3月要支援2→要介護4へ激変。5月レビーと診断。2度の転倒骨折入院の後、自宅介護が困難に。8月末グループホーム入所。’11年3月に圧迫骨折で寝たきりに。7月特養入所・要介護5に認定。'12年要介護4に回復。’14年なぜか要介護5になるが穏やかで普通に会話が可能。
S13(1938)年生まれ。

父 ’10年9月ピック病(前頭側頭型認知症)と診断。
昭和2桁生まれ。

私 ’60年代生の女性。300km離れた所に住む。日々の介護はきょうだいに頼り’10年から月1回、’12年から1〜2ヶ月に1回帰省。

好きなこと:読むこと・書くこと・草花の写真を撮ること等々。

*記事に付けた花の写真は私が撮影したものです。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。