スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

男性介護者のための料理

男性介護者が、一番困るのは、料理だそうです。

「作るのが面倒くさい!でも売っている惣菜は、割高だし飽きるし・・」
という方のための「料理ガイド」を始めました。

→私のもう1つのブログから 「生まれて初めてのサバイバル料理」シリーズ
               (包丁も常識もいらない簡単料理術)

この春から一人暮らしを始める学生・社会人・単身赴任の方などにも。

初心者向けの「おすすめ料理本」もありますが、私の父は、
「そんなもん、面倒くさくて見てられるか〜!」と言います。
そういう方向けの料理ガイドです。

とにかく「料理の常識」も何も横に置いておいて、まずは一歩を踏み出してみる
そこで「思ったよりカンタンじゃないか!」と思えば、二歩目三歩目が出ます。
三歩目が出れば、もう大丈夫!

挑戦するみなさん! 料理は、理科の実験と同じです。面白いです。

ご家族のみなさん! 生まれて初めての勇気ある挑戦をあたたかく見守りましょうね。
「だめよ!そんなことも知らないの?!何これ?!まずい!」は、禁句ですよ〜。

ちなみに私は、料理(変わったもの)は好きですが、得意ではありません。

<関連記事>
*「百万人の男性介護者の悩み/夫を介護する妻たちの悩み
*「在宅介護者の悩み(新聞記事)

P1010993_convert_20130314085212.jpg
蕗(フキ)の花のつぼみ
もう少し小さいときには「フキノトウ」という山菜。
ふき味噌のほろ苦さは、春の御馳走です。

関連記事

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

食生活が一番面倒で大切

健康な人でさえ毎日の献立に悩むのですから、介護が必要な高齢者となったら、本当に大変です。

うちの親の世代は、栄養学の知識がない(お腹いっぱいになればいい時代)ので、任せていると炭水化物に偏った食事になりがち。歯が悪くなってくると、野菜など噛みごたえのあるものは苦手になり、ますます偏食は進みます。
タンパク質は何とか摂るようになりましたが、野菜の副菜が塩分の濃いものが多くなりますね。うちの父は子供と同じで、「野菜」というだけで箸も付けず、味噌汁にしてもスープにしても汁だけ飲んで野菜は残すという頑固さ。

今一番困っているのは、私が用事で長期不在になる間の食事。娘は小学生低学年の知能なので、家事が殆ど出来ません。兄も似たような物。冷凍食品や作り置きにも限界がありそうで、宅配の給食も考えたのですが、コストの割に…とあまり良い評判は聞きません。

「食育」が盛んに学校教育に取り入れられているのも、遠因に将来の介護が含まれているのかもしれませんね。総菜一つ選ぶにしても、栄養の知識は必要ですから。

No title

本当にこれは、頭の痛い問題です。
私もかなり頑張りましたが、父の食生活の改善は、できませんでした。
作ったところで食べないんですから・・。

「野菜とたんぱく質の両方を摂らないと早死にするよ」と言い続けて(父は死ぬのが恐い人なので。)数年、なんとか両方摂るようにはなっていますが・・・。

必要のないものは、山のように買うのに、売っている惣菜は「高い」と言って買わない金銭感覚も、変えられるものではないのだと諦めました。

私は「食育」は、若い世代に広く浸透しているのだと思っていましたが、先日、オリンピック選手に栄養指導しているという方が「栄養のことを知らなさ過ぎる。特に若い世代はひどい。運動選手とは信じられないようなひどい食生活をしている」と言っていました。

健康の価値は、病気になるまでわからないですしねぇ。

どうしたら料理ができるようになるのか・・本当に頭を抱える問題です。

No title

しば様
先週、以前申し込んでいたグループホームから
空きが出たので、母を連れて面接に来るようにと
連絡がありました。
病院での状態があまりにも悪かったので、
早くグループホームに移れるよう、
兄と一緒にいくつも申し込んでいたところだったので、
大喜びで面接に連れていきました。
母も施設を気に入り、来週には退院して入居しよう
ということになっていました。
しかも、
長兄の住む町に
近頃、「河野メソッド」受講者の医師がいることが
わかり、入居する施設は
同じ病院から往診をしてもらっているという、
こともわかりました。
これ以上のラッキーはないと、
本当に喜んでいたのです。

ところが、今日になって、
長兄の街に3か月以上住んでいなければ、
その町のグループホームには入れない、
市の方から許可が下りないので、
入居は難しいと連絡がはいりました。

グループホームが「地域密着型」で特養とは違い、
その地域に住民票がなければいけないことは知っていました。
実家でお世話になっていたケアマネには
「施設が決まったら、住所を移してください」
と、言われていました。
「入居が決まる前でも、早く移した方がいいのでは?」と何度か確認しても、
その度に同じ回答だったのです。
また、施設探しの中、どの施設職員も同様な認識だったように
感じていました。「お兄さんのところに住所
移してもらえれば、大丈夫です」とさえ、言われていたのです。
入居にあたり3か月の実績がなければならないなど
だれからも、言われませんでした。

この数日の高揚感から一転してしまいました。
病院にいる母は、急速に悪くなっています。
幻視も妄想も絶えずあります。薬の調整をしてもらえると
期待したものの、2か月たっても、入院前と全く変わっていません。
この先、三か月も病院にいるなんて。
取り返しがつかなくなるのではないか、
母にとっての3か月は大事な3か月。
とても、待つことなどできない、と
さっきまで、涙にくれていました。

でも、誰か、いいアイディアをくれるかも、
しばさんが「公開」で書いたら?
と言ってくださっていたことを思い出しました。
これは仕方のないことでしょうか。
あきらめなくてはいけないのでしょうか。
                     simsim

住民票のためグループホームに入れない

simsimさんからのご相談。お母様のことを補足します。

レビー小体型認知症のお母様(80代後半)は、simsimさんと二人暮らし。
就寝中、トイレに行って転倒。ケガをし救急車で運ばれました。

特別養護老人ホームに申し込んでも入れず、介護休暇の切れたsimsimさんは、仕方なくお母様を自宅から4時間かかる病院に入院してもらいました。
レビーがわかる病院ということで、薬の調整もしてもらえると安心していました。

しかしお母様にとっての入院生活は、精神的に苦痛に見え、様々な症状も良くなりません。(せん妄を起こされているご様子。)

早くお母様が心穏やかに生活できる施設を探している中、グループホームに空きが出たと連絡を受けましたが、住民票を移した関係で入所は難しいと言われました。

どうすればよいかというご相談です。

みなさま、どうかアドバイスをよろしくお願い致します。

追記:昨日、非公開コメントで2つアドバイスを頂きました。
本当にありがとうございます。ケアマネやGH職員の方からもアドバイスを頂けますと助かります。お願い致します。(3月17日)
プロフィール

<しば>

Author:<しば>
私は認知症について希望を持てる情報を集め、共有している一介護家族です。医療・福祉の従事者ではありません。

特定の医師・治療法等へのこだわり、信仰する宗教はありません。
認知症に関連するビジネスもしていません。
掲載する情報は正確・公正であるよう努めています。

このブログ内の記事は、出典さえ書いて頂ければ、自由にコピーして資料等として使って頂いて構いません。リンクもご自由に。

’13年5月から「レビー小体型認知症介護家族おしゃべり会」(全国に広がる家族会)公式サイトに「しば記者デスク」「体験記」というコーナーを頂き記事を連載中。(こちらの記事は会に著作権があります。)

ツイッター:しば@703shiba

*レビー小体型認知症の症状やチェック方法は、カテゴリの一番上「症状チェック」を。


母 '05パーキンソン病と診断。’10.3月要支援2→要介護4へ激変。5月レビーと診断。2度の転倒骨折入院の後、自宅介護が困難に。8月末グループホーム入所。’11年3月に圧迫骨折で寝たきりに。7月特養入所・要介護5に認定。'12年要介護4に回復。’14年なぜか要介護5になるが穏やかで普通に会話が可能。
S13(1938)年生まれ。

父 ’10年9月ピック病(前頭側頭型認知症)と診断。
昭和2桁生まれ。

私 ’60年代生の女性。300km離れた所に住む。日々の介護はきょうだいに頼り’10年から月1回、’12年から1〜2ヶ月に1回帰省。

好きなこと:読むこと・書くこと・草花の写真を撮ること等々。

*記事に付けた花の写真は私が撮影したものです。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。