スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

千葉で家族会(おしゃべり会)

「レビー小体型認知症介護家族おしゃべり会」の第1回「千葉おしゃべり会」が
3月2日(土)の午後、津田沼駅前の某ファミリーレストランで行われました。

参加者は:おしゃべり会(東京ゆるゆる組)代表のboss(ygracia)さん
     浦安市のSさん、Kさん、私(しば)でした。
    (参加希望者は、もっと沢山いらしたそうですが、皆さん、自宅介護で自由が
     きかない身なので、今回は残念ながら欠席でした。)

初対面同士がほとんどでしたが、そこは同じ苦労と喜びを経験しているレビー介護家族
まさに同志。昔からの友人のように深く、広く、楽しく、時間を忘れてお話ししました
知らないことも沢山知り、充実感、満足感で心がポカポカしてくるようでした。
(介護の混乱のさなかにあれば、孤独、不安、追い詰められた気持ちが解消します。)

『千葉なら東京より近いから行けるかも』という方は、是非「おしゃべり会」までお問い合わせを!(ドタキャンもOKです。)→「おしゃべり会」(公式サイト)

レビー小体型認知症介護家族おしゃべり会は、このブログで何度もご紹介していますが、私が、3年前から大変お世話になっている家族会です。
私は、主にメール相談でをさせて頂いたのですが、常に的確なアドバイスを頂きました。
この会の強力且つあたたかいサポートがなければ、次々と降り掛かった困難を上手く乗り越えることは、できなかったと思っています。

この会は、レビー介護家族の方々が、ボランティアで4年以上、会費も集めずに続けている希少な会です。。今、全国に広がりつつあります。
「ゆるりん通信」という信じられないほど充実したレビー情報誌の無料配布もしています。情報は、偏りがなく正確で公正。必読です。

   詳細・ゆるりん通信希望・お問い合わせ→公式サイト

*「おしゃべり会について書いた過去の記事
*「睡眠薬・抗精神病薬の副作用か(体験談)」(リンクで体験談多数)

P1010938_convert_20130304125306.jpg
ヒマラヤ雪の下(ヒマラヤユキノシタ)
関連記事

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

「千葉おしゃべり会」に寄せて

貴重な時間でした。

レビーを取り巻く現状 沢山の情報・知恵など 書物やネット情報では手に入らない生の話を教えていただけました。

介護の迷い・悩みについても 根気強く 快く耳を貸してくださっただけでなく、解決するための協力まで惜しまない姿勢にどれだけ救われた事でしょう。

孤独になりがちな 介護者の心を熟知されていて 「私達がいますよ!仲間ですよ!」と不安を払拭してくださいます。 安心できる精神安定剤です。

今回 参加の叶わなかったり、迷われた家族の皆様にも
是非是非 次の機会には万障繰り合わせの上 ご参加されること お薦めしたくコメントしました。

家族がレビーだったから出来た出会いです、母にも感謝しなければいけません。

最後に しばさん有難う御座いました。

くろまめさん 

記事で足りなかった部分をうまく補って下さって本当にありがとうございます。
おしゃべり会の活動は、本当に素晴らしいと思っているので、つい熱くなり過ぎて、記事がおかしくなっているのではないかと反省しています。

一人でも多くの方が、おしゃべり会に参加されたらいいなぁと強く思います。本当に救われますから・・。
(でも半面、無給かつ無休で頑張っていらっしゃる会の方が、あまりにも忙しくなられても・・とも思ったり・・。)

私もくろまめさんと同じように、母のお陰で素晴らしい方々と出会えました。本当に有り難いと思っています。

しばさんへ

しばさんのお人柄を感じる 繊細な思いやりですね。
確かに「おしゃべり会」の皆さん、殊bossさんの心身への負担を思うと同感です。

「おしゃべり会」の皆さんへの感謝の気持ちがあるからこそ、
しばさんは「しばブログ」を通して 会の活動をしば流に後援していらっしゃるのだと 私は察しております。
今後「しばブログ」は介護の百科事典になると思っています。

私は両方の恩恵を得ているだけで 恐縮です。(汗)

私ですと 情報量も経験値も微妙なもので アドバイスは無理です。
ただ”枯れ木も山の賑わい”のひとりになり 傍で耳を傾け 温かビーム位は贈れるかな?などと自己満足で思ったりしています。

心の閊えを吐き出すだけで 聞いてもらえるだけで 頑張れるという人の為に。。。。。



プロフィール

<しば>

Author:<しば>
私は認知症について希望を持てる情報を集め、共有している一介護家族です。医療・福祉の従事者ではありません。

特定の医師・治療法等へのこだわり、信仰する宗教はありません。
認知症に関連するビジネスもしていません。
掲載する情報は正確・公正であるよう努めています。

このブログ内の記事は、出典さえ書いて頂ければ、自由にコピーして資料等として使って頂いて構いません。リンクもご自由に。

’13年5月から「レビー小体型認知症介護家族おしゃべり会」(全国に広がる家族会)公式サイトに「しば記者デスク」「体験記」というコーナーを頂き記事を連載中。(こちらの記事は会に著作権があります。)

ツイッター:しば@703shiba

*レビー小体型認知症の症状やチェック方法は、カテゴリの一番上「症状チェック」を。


母 '05パーキンソン病と診断。’10.3月要支援2→要介護4へ激変。5月レビーと診断。2度の転倒骨折入院の後、自宅介護が困難に。8月末グループホーム入所。’11年3月に圧迫骨折で寝たきりに。7月特養入所・要介護5に認定。'12年要介護4に回復。’14年なぜか要介護5になるが穏やかで普通に会話が可能。
S13(1938)年生まれ。

父 ’10年9月ピック病(前頭側頭型認知症)と診断。
昭和2桁生まれ。

私 ’60年代生の女性。300km離れた所に住む。日々の介護はきょうだいに頼り’10年から月1回、’12年から1〜2ヶ月に1回帰省。

好きなこと:読むこと・書くこと・草花の写真を撮ること等々。

*記事に付けた花の写真は私が撮影したものです。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。