スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

レビー小体型認知症(レビー小体病)の具体的症状

レビー小体型認知症は、人、動物、虫の幻視(幻覚)が特徴ですが、2割の方には幻視が見られません。(この病気の発見者小阪憲司著「第二の認知症」P.66)

初期には、「幻視が見えることを隠す」場合もあります。→参考記事
壁・床がゆがむ(波打つ)/人の気配がする/夫が2人いる等」特殊な幻視も。

パーキンソン症状(よく転ぶ。腰と膝を曲げ、小股で足をすりながら手を振らずにヨチヨチ歩く。手が震える等)も特徴ですが、記憶障害から始まる「通常型」では、3割の方にこの症状が出ません。(前述の本P.105)
(母は、歩けませんが、手の震えは、まったくありません。)

では家族は、どうしたらレビー小体型認知症と見抜くことができるでしょうか?

まずパーキンソン病と診断された後に認知症/アルツハイマー病と診断された場合は、レビー小体型を考えなくてはいけません。(2つの病気の関係は、こちら
最初に認知症、アルツハイマー病、うつ病等と診断された方も注意と観察が必要です。(前述の本P.121)

 →レビー小体型認知症 早期発見チェックリスト3種

 (その他の認知症のチェックリスト

介護家族に聞くと「歳のせいだと思っていたが、言われてみれば・・」と、診断のかなり前(5年以上)から様々な症状があったことがわかります。(個人差大きいです。)
(レビー小体型認知症の主な症状と症状をわかりやすく解説した動画もご参考に。)

寝ていて叫んだり、大声で寝言を言った。寝ぼけて暴れた」(REM睡眠行動障害)
「普段は普通なのに、時々ボーッとして反応がにぶくなる時があった」(認知の変動)
日中も眠そうだった。1時間以上昼寝をしていることがよくあった」(睡眠障害)
風邪薬や鎮痛剤を飲んで、もうろうとなったことがあった」(薬物過敏性)
「立ちくらみ、便秘、不眠、だるさ、食欲不振、多汗や無汗があった」(自立神経症状)
「陰気、気力・関心低下、感情のにぶり、不安感、心配性、焦燥感」(うつ症状)

パーキンソン症状から転倒骨折や動きがゆっくりになって何でも時間がかかるように。

見えないものが見え(幻視・幻覚)それを現実と思って行動することも特徴。
追記:本物にしか見えないからです。→患者本人が語る幻視

家族は、見間違い・目の錯覚・寝ぼけ・疲れ・ストレスだと思っていることが多いです。
「トイレにヘビが出た」と棒を持って行く。「押し入れに子供がいる」と話し掛ける。
「人がいる」と110番したり食事を用意したり、「虫がいる」と退治しようとする。
ブツブツ独り言を言っていたり、何かをつまもうとする等、奇妙な動作をしている。
「”誘拐された”等、ありえない妙な/変なことを突然言った」という家族もいます。

書く字が小さい声が小さく抑揚がない/まばたきが少ない/尿失禁などの症状も。
進行してくると:
座っていて段々体が傾いていく/つまずいた訳でもないのに頻繁に転び起き上がれない
話す時に目を合わせようとしない表情が全くなく目つきに生気がなく異様な顔に。

「歯車様固縮・歯車現象」もあり、簡単に確認できます。
患者に肩の力を抜いてもらい、腕を取って回してみます。
カクカク(ガクガク)と抵抗しながら回り、油の切れたゼンマイ仕掛けのロボットが動いているような感じがします。

追記:その他の症状=失神/頻尿/注意力低下/頭痛/イライラ/耳鳴り/息苦しさ/動悸/胸痛/肩こり/背中の痛み/下痢/倦怠感/むくみ/インポテンツ/微熱/手足の冷え・しびれ/のぼせ

追記:ごく初期から植物やシミなどが人や動物の顔に見えることがあります。本人は、幻視を目の錯覚と思っています。→関連記事「幻視を利用した検査方法

追記:原因不明の意識消失発作がある。「5分位意識がなくなり、救急車が来た時には意識が戻り、検査しても原因がわからなかった。1ヶ月に2回ほど続いた」など。(河野和彦著「コウノメソッドでみる認知症診療」P.42)

追記:多くの介護家族は、睡眠時の無呼吸があると言う。睡眠時無呼吸性症候群と診断されることがある。

*「完全版:レビー小体型認知症の全症状 詳しい説明リンク集
*「幻視(写真)を利用した簡単な検査方法と利用写真の実物
「レビー小体型認知症の幻視(幻覚)の種類と特徴」
*「病気を知って家族を守ろう」(「レビー小体型認知症の診断基準」へのリンクあり)
*カテゴリー:「レビー小体型認知症について」
*パーキンソン病の初期症状(NHK「総合診療医ドクターG」放送内容)は、こちら。
*「ためしてガッテン」の公式サイト「急増中のパーキンソン病」

P1010535_convert_20120922183437.jpg
名前のわからない花。植木鉢で下向きに咲いていました。
関連記事

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

<しば>

Author:<しば>
私は認知症について希望を持てる情報を集め、共有している一介護家族です。医療・福祉の従事者ではありません。

特定の医師・治療法等へのこだわり、信仰する宗教はありません。
認知症に関連するビジネスもしていません。
掲載する情報は正確・公正であるよう努めています。

このブログ内の記事は、出典さえ書いて頂ければ、自由にコピーして資料等として使って頂いて構いません。リンクもご自由に。

’13年5月から「レビー小体型認知症介護家族おしゃべり会」(全国に広がる家族会)公式サイトに「しば記者デスク」「体験記」というコーナーを頂き記事を連載中。(こちらの記事は会に著作権があります。)

ツイッター:しば@703shiba

*レビー小体型認知症の症状やチェック方法は、カテゴリの一番上「症状チェック」を。


母 '05パーキンソン病と診断。’10.3月要支援2→要介護4へ激変。5月レビーと診断。2度の転倒骨折入院の後、自宅介護が困難に。8月末グループホーム入所。’11年3月に圧迫骨折で寝たきりに。7月特養入所・要介護5に認定。'12年要介護4に回復。’14年なぜか要介護5になるが穏やかで普通に会話が可能。
S13(1938)年生まれ。

父 ’10年9月ピック病(前頭側頭型認知症)と診断。
昭和2桁生まれ。

私 ’60年代生の女性。300km離れた所に住む。日々の介護はきょうだいに頼り’10年から月1回、’12年から1〜2ヶ月に1回帰省。

好きなこと:読むこと・書くこと・草花の写真を撮ること等々。

*記事に付けた花の写真は私が撮影したものです。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。