スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

レビー小体型認知症の症状と誤診の多さ(1)

数ヶ月前、ある介護職員がツイッターに書いていました。
「今まで500人以上を介護してきたが、レビー小体型認知症と診断された人は、1人もいなかった。それは、この地域にレビーを診断できる病院がないということか?」

それを読んだとき、叫びたくなりました。
大都市は違うと思いたいですが、私の郷里(小さくはない地方都市)でもそれが変わらぬ現実です。

母が、規模の大きい特別養護老人ホーム(特養)に入所したとき(2011年)、
「レビー小体型認知症の方は、1人しかいない。珍しい病気なのでよくわからない」
ということを職員から言われました。

レビー小体型認知症は、認知症患者の2割を占め、アルツハイマー(5割)に次いで多い病気と言われています。(レビー小体型認知症の発見者・小阪憲司医師による。)
パーキンソン病、アルツハイマー病、うつ病(統合失調症と診断されることもあったそうです。)等と診断され、過った投薬で劇的に悪化していく患者が、全国に何人いるかと思うと、胃が引き千切られるような思いです。

詳しい症状は、専門のサイト(レビー小体型認知症ライブラリ)を見て頂ければ良いと思っていましたが、家族がすぐにレビーと気が付くように、ここにも症状を書いておきます。

幻視(幻覚)は、最も特徴的な症状です。
「それは、パーキンソン病薬の副作用です。止めれば動けなくなります」と言う医師がいますが、それを鵜呑みにしてはいけません。
母も神経内科の医師にそう言われ、症状が揃っていたのにレビー小体型認知症と診断されませんでした。
誤診が、あまりにも多いのが、この病気です。


 *** レビー小体型認知症の症状 ***

<幻視(幻覚)>  
実際にはいない人、遊ぶ子供、動物、虫、風景等が、現実と同じように見える。
自分にしか見えない幻視であることを理解していて人に(医師にも)隠す場合がある。
幻視を現実と思い(妄想)、お菓子を出す、退治するなどの行動に移す場合がある。
見間違い(ハンガーに掛けた服が人に見える等)や物が歪んで見えることもある。
医師の本人への問診では、幻視を確認できないことも多い。家族の観察と報告が大切。

<パーキンソン症状>(初期には出ない人や最期まで出ない人もいる) 
歩幅が小さくなり、すり足、すくみ足、バランスの悪さ(よく転倒)が見られる。
膝と腰を曲げたままヨタヨタと不安定に歩く。座っていても体が傾いていく。
動作が遅く少なく、表情が乏しく、筋肉や関節が固くこわばる。

<認知の変動>
時間や日により頭の回転が正常に見える時と停止したような時があり、差が激しい。

<抑うつ症状>
初期では、7割の人に憂うつな気分や自己に対する否定的な言葉が出る。

<薬物への過敏性>
薬(医師から処方されたものでも。)による激しい副作用が出やすい。
(アリセプトで興奮したり、リスパダールで歩けなくなったり、抗うつ剤で寝たきりになったりする。種類や量に注意が必要。アリセプトは、1mgなど少量なら良い効果がある人が多い)

<レム睡眠行動障害> 
睡眠中にうなされる、大声を出す、しゃべり続ける、起き上がって激しく動く、等。
最初に出る症状であることが多い。

<自律神経症状> 
起立性低血圧(立ち上がって失神する等)、便秘、尿失禁など多様な症状が出る。

<記憶障害>
物忘れは、初期にはほとんど目立たないタイプと初期から強く出るタイプがある。
(多くの患者にアルツハイマー型の記憶障害が出る。物忘れがない患者は、少数。)
病識(自分のミスを覚えていて、自分は変だと自覚している。)は、ある場合が多い。

(出典:小阪憲司著「レビー小体型認知症の介護がわかるガイドブック」より。
分かりやすいように若干表現を変えたり、私が書き加えた部分があります。
症状は、個人差が大変大きく、一人ひとり異なります。
私は、医療関係者ではありませんが、記事は正確であるよう裏付けを取っています。)

(2)に続く。
<関連記事>
*「完全版:レビー小体型認知症の全症状 詳しい説明リンク集
*「「どうやってレビー小体型認知症と知るか」(更に詳しい症状)
*「病気を知って家族を守ろう」(「レビー小体型認知症の診断基準」へのリンクあり)

P1040663.jpg
珍しいタイプの山茶花(サザンカ)?
関連記事

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

<しば>

Author:<しば>
私は認知症について希望を持てる情報を集め、共有している一介護家族です。医療・福祉の従事者ではありません。

特定の医師・治療法等へのこだわり、信仰する宗教はありません。
認知症に関連するビジネスもしていません。
掲載する情報は正確・公正であるよう努めています。

このブログ内の記事は、出典さえ書いて頂ければ、自由にコピーして資料等として使って頂いて構いません。リンクもご自由に。

’13年5月から「レビー小体型認知症介護家族おしゃべり会」(全国に広がる家族会)公式サイトに「しば記者デスク」「体験記」というコーナーを頂き記事を連載中。(こちらの記事は会に著作権があります。)

ツイッター:しば@703shiba

*レビー小体型認知症の症状やチェック方法は、カテゴリの一番上「症状チェック」を。


母 '05パーキンソン病と診断。’10.3月要支援2→要介護4へ激変。5月レビーと診断。2度の転倒骨折入院の後、自宅介護が困難に。8月末グループホーム入所。’11年3月に圧迫骨折で寝たきりに。7月特養入所・要介護5に認定。'12年要介護4に回復。’14年なぜか要介護5になるが穏やかで普通に会話が可能。
S13(1938)年生まれ。

父 ’10年9月ピック病(前頭側頭型認知症)と診断。
昭和2桁生まれ。

私 ’60年代生の女性。300km離れた所に住む。日々の介護はきょうだいに頼り’10年から月1回、’12年から1〜2ヶ月に1回帰省。

好きなこと:読むこと・書くこと・草花の写真を撮ること等々。

*記事に付けた花の写真は私が撮影したものです。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。