スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ピック病 早期に「良い習慣」づけを(新聞記事)

2013年1月15日の中日新聞に掲載の記事から一部抜粋一部要約。(青字部分)
記事全文は、こちら(中日新聞公式サイト)。

  <若年性認知症の一つ ピック病 早期に「良い習慣」づけを> 

ピック病(前頭側頭型認知症)は、感情や欲求の抑えが利かなくなり、コミュニケーションの力も落ちていく病気だ。この病気に特徴的な「こだわり」をうまく生かし、生活習慣を安定させていく「ルーティン化療法」に取り組んだ名古屋市のグループホーム「はるた」での例を紹介。

何かにこだわり、同じことを繰り返す「常同行動」がピック病の症状の1つ。
それを利用して毎日のスケジュールを「問題のない習慣」に変えていくのがこの療法。

浅井富子さん(ピック病。69)は、自室の掃除機かけ、洗濯物畳み、夕食の準備をする。
いつも無表情で会話もできないが、職員の言葉はよく理解して丁寧な仕事をする。

自室のパチンコ台で遊ぶことも。パチンコが趣味だった富子さんのために、夫が、施設管理者と相談して購入した。
効果を上げ、富子さんは、職員の忙しい時間帯を一人で落ち着いて過ごすようになった。

元看護師の富子さんが、ピック病を発症したのは7年前。近所の家に無断で上がり込んだりし始め、不要な物を買い込む癖も出て、やがてはスーパーからお金を払わずに商品を持ち出した。

施設管理者の鬼頭さんは、スタッフ全員の取り組みとご主人の献身的な協力で上手くいったと話す。
ピック病は誤解や偏見が強く、本人も家族も苦しんでいる。地域社会でも介護の現場でも、正しい理解が広がってほしい」とも。

ルーティン化療法は、熊本大教授の池田学さん、元愛媛大教授の故・田辺敬貴さんや作業療法士らが中心となり、十数年前から研究が進んできた。
理想は、診断後の早い時期からデイサービスセンターなどで、同療法に取り組むこと。
初期の方が「良い習慣づくり」も容易で、生活上のトラブルの防止につながり、長く社会生活を送れる可能性がある
という。

ピック病は、思考や意思などに関わる前頭葉、言語の記憶や理解力に関わる側頭葉の機能が低下していく。原因は分かっておらず、治療法もない。
初期は、記憶障害、見当識障害(時間、場所等がわからない。)は見られず、自制力が低下したり、人格が変わったりすることが多い。
コンピューター断層撮影(CT)や磁気共鳴画像装置(MRI)で診断されるが、診断のばらつきも指摘されており、患者数も諸説ある。
常同行動など発達障害と似ている点も多い。


*カテゴリー「ピック病について
*「ピック病介護家族の体験談 by 介護手帳(ケアダイアリー)作成者」

20130116142538248_76f53bc2aff4fe15c8406c78fbe335ff.jpg
パチンコ台のある自室を掃除するピック病の浅井さん。
中日新聞公式サイトより。

関連記事

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

ピック病の方へのかかわり方

ピック病の方へのかかわり方は、難しいです。
早期にルーチン化療法も、認知症・ピック病への理解を十分できたスタッフが行うため、BPSDの誘発が無いのだろうと思います。
この点がピックの大きな問題点で、マイペースで他人の干渉を拒む場合もあり、アプローチを慎重に行う必要があると思います。
この点を理解した報道内容となっておらず、十分な知識がない方が「ルーチン化療法」に取り組む危険も理解する必要があります。
きのこエスポワール病院でピック病だけのGHを作られて、うまくいったという話を聞いて、入居者全員がピックなら他人の行動に無関心なので、相互干渉がない分介護しやすいのかなと思いました。

hokehoke先生

コメントありがとうございます。
ピック病もレビーと同じか、それ以上に理解されていない病気ですので、まずは、正しい理解が必要なのかと思います。

ピック病だけのグループホームの話、2年位前にテレビで見た気がします。
当時は、日本で唯一の施設と紹介していましたが、その後、そうした話を聞きませんので今でも唯一の施設なのでしょうか。
プロフィール

<しば>

Author:<しば>
私は認知症について希望を持てる情報を集め、共有している一介護家族です。医療・福祉の従事者ではありません。

特定の医師・治療法等へのこだわり、信仰する宗教はありません。
認知症に関連するビジネスもしていません。
掲載する情報は正確・公正であるよう努めています。

このブログ内の記事は、出典さえ書いて頂ければ、自由にコピーして資料等として使って頂いて構いません。リンクもご自由に。

’13年5月から「レビー小体型認知症介護家族おしゃべり会」(全国に広がる家族会)公式サイトに「しば記者デスク」「体験記」というコーナーを頂き記事を連載中。(こちらの記事は会に著作権があります。)

ツイッター:しば@703shiba

*レビー小体型認知症の症状やチェック方法は、カテゴリの一番上「症状チェック」を。


母 '05パーキンソン病と診断。’10.3月要支援2→要介護4へ激変。5月レビーと診断。2度の転倒骨折入院の後、自宅介護が困難に。8月末グループホーム入所。’11年3月に圧迫骨折で寝たきりに。7月特養入所・要介護5に認定。'12年要介護4に回復。’14年なぜか要介護5になるが穏やかで普通に会話が可能。
S13(1938)年生まれ。

父 ’10年9月ピック病(前頭側頭型認知症)と診断。
昭和2桁生まれ。

私 ’60年代生の女性。300km離れた所に住む。日々の介護はきょうだいに頼り’10年から月1回、’12年から1〜2ヶ月に1回帰省。

好きなこと:読むこと・書くこと・草花の写真を撮ること等々。

*記事に付けた花の写真は私が撮影したものです。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。