スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

漫画「ペコロスの母に会いに行く」2(Eテレ)

Eテレ「ハートネットTV」で2012年11月29日に放送した「みつえとゆういち ―親子で紡ぐ“認知症”漫画―」。(→記事はこちら
番組の中で印象に残った言葉を出てきた順番にメモしておきます。

岡野「(あの漫画は、母の)しぐさの可愛さとか、ちょっとしたズレの面白さみたいなも
   のを面白がってもらえたら一番いいと思う」

12年前、岡野さんのお母さんは、隣の家の植木鉢を全部持って来た。認知症に気付いた。
岡野「失敗というか、ズレがどんどん増えた。ただ僕はずっと面白がってたんですね。
   ゆっくりぼけていったので悲惨な気持ちはなかった」

6年前脳梗塞で倒れ、認知症が一気に進行した。悩み抜いた末、施設に預けることを決断。親戚からは「親を見放すのか」と問い詰められ、言葉を失った。
岡野さんは、母の介護を放棄したという罪悪感に苛まれるようになった。
しかし漫画の読者には「それでいいんですよ」という人が多かった。
介護は、自分一人で全てを抱え込む必要はないのだと読者から教えられた。

<作家田口ランディとの対話>

岡野「興味(漫画のテーマ)が母のズレの方に行った。妙な言い方ですけど、すごく面白
   いんです」
田口「普通の人は、認知症の人のズレが、耐えられないんだよ」
2人:それを面白がれるのは、漫画を描いているから。描くことによって落ち着き、冷静
   でいられる。(しば:客観的な視点を持つことで救われたのは私も同じ。→記事
岡野「実際は、無茶苦茶叱ったりとか、ありました。描かないだけで。だって親が、わー
   っとなった時に優しくできるはずがないんですよね」
田口「お母さんの介護が、辛いんじゃないの。お母さんの介護をしている時に鬼になって
   しまう自分が辛いわけよ。介護の辛さって自分の闇と向き合うことだよね。
   やらなきゃいけないのに、こんなに嫌とか、優しくしなきゃいけないのにできない
   ってことが、一番辛い」

岡野「”(亡き)父ちゃんが来たよ”って、考え方によっては詩的。ぼけるっていいんじゃ
   んって実感した」
岡野「nowhere(どこにもない)は、2つに分けるとnow(今) here(ここ)。母は、ど
   こにもいない。どこにいるのかも自分ではわからない。でも”今、ここ”にいる」
田口「認知症の人ほど、今、ここに生きている人はいないんです」

<漫画の1シーン>
母「こん中(目の中の小箱)には、今まで見て来たもんが、全部入っとるよ。じゃけん、
  もうなんもかんも忘れてしもうて、よかろ?」
子「よかさ。生きてさえおれば、なんば忘れてもよかさ」

追記:2013年2月17日、テレビドラマになり放送されましました。記事は、こちらを

<関連記事>
*アルツハイマー型に次いで多いレビー小体型認知症の不思議な日常をほのぼのと描く
 レビー漫画:(1)故人の幻視を不思議がる (2)孫の幻視で興奮 (3)風景の幻視
       (4)転倒 (5)妄想
介護家族に伝えたい言葉 田口ランディ著「パピヨン」から
*田口ランディの体験に触れた記事「意識がないように見える人に話しかける
*漫画にしたら絶対に面白いと思う「レビー小体型認知症の母の日常
*カテゴリ:「認知症ケア・介護など
様々な種類の認知症を早期発見するための知識とチェックリスト
*このブログのカテゴリ:「介護家族の心理

ペコリス母に会いに行く
漫画「ペコロスの母に会いに行く」
121129_3.jpg
作者の岡野雄一さん(ペコロス)とグループホームに暮らす母・光江さん
(写真は、「ハートネットTV」公式サイトから。)
関連記事

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

<しば>

Author:<しば>
私は認知症について希望を持てる情報を集め、共有している一介護家族です。医療・福祉の従事者ではありません。

特定の医師・治療法等へのこだわり、信仰する宗教はありません。
認知症に関連するビジネスもしていません。
掲載する情報は正確・公正であるよう努めています。

このブログ内の記事は、出典さえ書いて頂ければ、自由にコピーして資料等として使って頂いて構いません。リンクもご自由に。

’13年5月から「レビー小体型認知症介護家族おしゃべり会」(全国に広がる家族会)公式サイトに「しば記者デスク」「体験記」というコーナーを頂き記事を連載中。(こちらの記事は会に著作権があります。)

ツイッター:しば@703shiba

*レビー小体型認知症の症状やチェック方法は、カテゴリの一番上「症状チェック」を。


母 '05パーキンソン病と診断。’10.3月要支援2→要介護4へ激変。5月レビーと診断。2度の転倒骨折入院の後、自宅介護が困難に。8月末グループホーム入所。’11年3月に圧迫骨折で寝たきりに。7月特養入所・要介護5に認定。'12年要介護4に回復。’14年なぜか要介護5になるが穏やかで普通に会話が可能。
S13(1938)年生まれ。

父 ’10年9月ピック病(前頭側頭型認知症)と診断。
昭和2桁生まれ。

私 ’60年代生の女性。300km離れた所に住む。日々の介護はきょうだいに頼り’10年から月1回、’12年から1〜2ヶ月に1回帰省。

好きなこと:読むこと・書くこと・草花の写真を撮ること等々。

*記事に付けた花の写真は私が撮影したものです。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。