スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

1日1笑 ロックで踊るオウム

今朝(7時台)のNHKの「世界の動画」で見たオウムです。
朝から大笑いできました。

YouTube 「白いオウムがロックで踊る動画

YouTube 「踊るオウム その2」(こちらは、足でリズムをとります。)


その他の「1日1笑」シリーズ

jowi200910191135520.jpg
「動物のおもしろ画像集」から。
関連記事

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

私も見ました

キバタンですね。
知能が高くて歌ったり踊ったりするそうです。

しかし、愛情深く育てないと凶暴な鳥になるそうです。
義父は狭い鳥かごに入れたままで、ストレスで羽根をむしって頭も背中も禿チャビンのキバタンを飼っていました。「これは高い鳥なんだ」が口癖の義父は、動物も植物も値段でしか見られない人でした。そいつは全くしゃべれず、人間の声にも反応せずギャアギャア騒ぐだけ。見かねた親戚が預かったついでに大空へと送り出しました。(^^;)

因みに昔飼っていたセキセイインコも私の肩の上でヘッドバンギングして、耳元で人間語を囁きましたよ。腹減ると「ピッピちゃん、ごはんよ〜」とか、「なにやってんの、早く起きろ」とか・・家族の日常会話が筒抜け。オウム族は情報管理が課題です。今いたら「オウムの為の曲」を笛で教えるんだけどな〜 リコーダーの語源は「鳥に歌を教える道具」なんです。

kimiさん 

本当に頭が良さそうですね。
犬でも猫でも鳥でもずば抜けて頭の良い子(個体?)というのは実際に居て、驚くようなことを次々としますよね。(飼って経験しました。)
頭のよくない子はよくない子で、可愛いんですけど。

私も最後に飼ったのが手乗りセキセイインコでした。
頬摺りしてくる子でした。
失った時、ショックが大き過ぎて、もう二度と再び動物は飼えないと思いました。
プロフィール

<しば>

Author:<しば>
私は認知症について希望を持てる情報を集め、共有している一介護家族です。医療・福祉の従事者ではありません。

特定の医師・治療法等へのこだわり、信仰する宗教はありません。
認知症に関連するビジネスもしていません。
掲載する情報は正確・公正であるよう努めています。

このブログ内の記事は、出典さえ書いて頂ければ、自由にコピーして資料等として使って頂いて構いません。リンクもご自由に。

’13年5月から「レビー小体型認知症介護家族おしゃべり会」(全国に広がる家族会)公式サイトに「しば記者デスク」「体験記」というコーナーを頂き記事を連載中。(こちらの記事は会に著作権があります。)

ツイッター:しば@703shiba

*レビー小体型認知症の症状やチェック方法は、カテゴリの一番上「症状チェック」を。


母 '05パーキンソン病と診断。’10.3月要支援2→要介護4へ激変。5月レビーと診断。2度の転倒骨折入院の後、自宅介護が困難に。8月末グループホーム入所。’11年3月に圧迫骨折で寝たきりに。7月特養入所・要介護5に認定。'12年要介護4に回復。’14年なぜか要介護5になるが穏やかで普通に会話が可能。
S13(1938)年生まれ。

父 ’10年9月ピック病(前頭側頭型認知症)と診断。
昭和2桁生まれ。

私 ’60年代生の女性。300km離れた所に住む。日々の介護はきょうだいに頼り’10年から月1回、’12年から1〜2ヶ月に1回帰省。

好きなこと:読むこと・書くこと・草花の写真を撮ること等々。

*記事に付けた花の写真は私が撮影したものです。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。