スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アルツハイマー病の重症度とその期間(新聞記事)

2012年9月1日に朝日新聞の医療サイト「アピタル」のブログに笠間睦医師が書いた記事。(全文は、こちらを。
 
「アリセプトを増量すると」というタイトルの記事ですが、その部分は原文を読んで下さい。
そこに続いて書かれた部分をコピーします。(以下、青字部分。原文通り。)
アルツハイマー型認知症の予後(病気の経過の医学的な見通し。余命。—寿命とは言いません—)について書かれています。

**********************************

アルツハイマー病における各ステージの標準的な長さをご紹介しましょう。

筑波大学大学院人間総合科学研究科・生涯発達科学の飯島節教授は、論文においてFASTステージの期間に関する報告結果を紹介しています(飯島節:アルツハイマー病における進行別対応,終末期対応. 最新医学 Vol.66 2174-2183 2011)。

報告によると、FAST4~6の標準的な期間は以下の如くです。

 FAST Stage4(軽度AD):2年
 FAST Stage5(中等度AD):18カ月
 FAST Stage6(やや高度AD):29カ月

FAST Stage3(境界域)は、複雑な職業的あるいは社会的作業を阻害する程度の客観的な機能低下がある時期で、この期間の標準的な長さは7年です。

アルツハイマー病の前段階とされる軽度認知障害(Mild Cognitive Impairment;MCI)の時期においても、攻撃性・抑うつ・意欲低下などは健常者に比して高率に認められることが報告されています(玉岡晃:MCIの管理. 最新医学 Vol.66 2156-2165 2011)。

FAST Stage7(高度AD)の長さは、終末期の対応によって長さが異なってきます。

岩手医科大学神経内科・老年科の高橋智准教授は、「FASTStage7になると、言葉も発せず、車椅子になり、BPSDの程度はむしろ軽減する」と述べています(高橋智:BPSDの非薬物療法. 最新医学 Vol.66 2240-2248 2011)。

P1030213.jpg
初雪カズラ
関連記事

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

FASTはアルツハイマー病を日常の行動観察から重症度をスケールですが、古い割にはよくできていますね。妻は6(c)辺りにいます。このステージにくるまで8年くらいかかりました。2期の終わりです。アルツハイマー病によって生じる機能の喪失は、だいたいこのパータンにしたがって起こり、後から獲得された能力ほど早く失われていきます。失禁がないのに歩けなくなっている認知症患者がいるとすれば、おそらくアルツハイマー病のためではなく、何らかの合併症の結果であるか、他の型の認知症である可能性があると言われています。
MCIは医療の進化ともに基準が変わって行きます。最近はSCI(pre MCI)も話題になってきました。

のんた2号さん

貴重なコメントをありがとうございました。
失禁がないのに歩行困難の場合は、純粋なアルツハイマー病ではないというのは、重要な情報ですね。
SCIについて書かれた良いサイトや文献があれば、是非教えて下さい。

No title

私がSCI(pre MCI)を知ったのは、
Cognition and Dementia vol. 9 No.1 2010.1 という雑誌で、
認知症の予防介入はいつ始めるべきか?
という問題でSCIからの立場の医師とMCIからの立場の医師の誌上ディベートを読んだ時に初めて知りました。
・・・・・・・・・・・
遠距離介護のコツはとても良かったと思います。これから益々増えてくるのでしょうね。
松本一生医師が本の中で、様々な遠距離介護の事例をあげながら書いているのですが、上手く達成した例を総括して書いています。
「自分が遠距離で介護しているという限界を把握し、よい意味での開き直りによって、他者の支援を受ける自分への評価(セルフ・エスティーム)がしっかりと保たれていることが大切」
家族と学ぶ認知症/松本一生著(2006 金剛出版)

No title

各ステージの症状の違いについても明確にして頂けると嬉しいです。
身近な人は言うまでもがなでしょうが、馴染みの薄い人もいるので。

義母は歩行障害が先でした。認知の障害は最初は軽度(引っ越しの朝にご飯をどっさり炊いてしまった。電話を受けた事まで忘れる)でしたが、20年かけて徐々に進行、今では典型的なアルツハイマーです。5年前から「脳全体が萎縮してる」と言われてました。

でも「新しい記憶から忘れる」と言われますが、そうとも限らないみたい。
私と出会う前に生まれた孫達の存在は忘れても、たまに会う私やうちの子達は覚えています。大脳の記憶が定かじゃなくても、原始的な扁桃体が「この顔はなんだか親しみを感じる。敵じゃない」と教えてるみたい。会うと嬉しそうにニコニコしています。

尤も、施設で車椅子にボーッと座っているだけの生活ですと、どのステージかなんて判別つきませんね。自分では洟もかめないし、眼鏡や補聴器をかけるのも人任せ。お人形のような状態です。

No title

うれしい・悲しい・怖い・怒りなどの感情を担当するのは扁桃体ですね。また扁桃体は感情だけではなく心拍数や血圧の上昇、顔のこわばり、筋肉の緊張などの身体の反応も担当しています。
扁桃体が刺激されると海馬への記憶が促進され残りやすいと言われています。扁桃体は大脳皮質からの感覚情報と海馬からの記憶情報を統合して出力していると考えられています。また大脳へのフィードバックで、主観的な感情体験として記憶されるようです。
まだまだ扁桃体と海馬の関係は分からないことが多くあるようです。
妻の場合も古い記憶と新しい記憶が交錯しますが、大きな流れの中では絶対量として新しい記憶は多く消えています。
FASTはネット上で公開されています。

FAST

ネットで検索してみました。
義母は現在ステージ7の入り口ですね。
身体能力はほぼ失われ、失禁の自覚も全くない。寝たまま足を上げるのも5センチがやっとです。会話は「そうだね」「そうでもない」「忘れた」の3語を使い分けるのみ。
でも、20年前の段階で既にステージ4でした。彼女の夫が少しは家事を手伝ったら、まだゴミ屋敷にはならなかったかもしれませんが・・

海馬は記憶を溜め込む場所ではなく、新しい記憶を取捨選択する為の一時保管所ですよね。きっとアルツハイマーはコンシェルジュが閉業で、荷物を預かってもらえなくなっているんです。サヴァンは逆で、海馬の障害で全く捨てられなくて脳の中がゴミ屋敷、せっかくの記憶を生きるのに使えませんよね。何がいいんやら。。

義母も昨日あった行事も忘れています。が、出来事を引き摺らないから、その場で楽しませれば別にそれでいいかなって考えてます。同じ本を何度読んでも、同じ話を何度してもめっちゃ喜ぶし・・

扁桃体のあたりの原始脳は大脳を経ない情報処理もあるみたいです。
例えば、攻撃をとっさに避けるとか、大脳視覚野が壊れて全盲の人が写真で好き嫌いを判断したり、見えないはずの物を受け取る為に正確な場所に手を伸ばすとか・・不思議ですね。

のんた2号さん kimiさん

興味深いコメントをありがとうございました。

今、kimiさんに勧められて「脳のなかの幽霊」(ラマチャンドラン/ブレイクスリー共著)という本を読んでいます。
非常に面白いです。脳の不思議にぐいぐい引き込まれます。

認知症医療・研究についても「医学の常識」に患者を当てはめるのではなく、この本のように、旺盛な好奇心、柔軟な発想、チャレンジ精神を持って脳の謎を解き明かしていって頂きたいと思いました。
プロフィール

<しば>

Author:<しば>
私は認知症について希望を持てる情報を集め、共有している一介護家族です。医療・福祉の従事者ではありません。

特定の医師・治療法等へのこだわり、信仰する宗教はありません。
認知症に関連するビジネスもしていません。
掲載する情報は正確・公正であるよう努めています。

このブログ内の記事は、出典さえ書いて頂ければ、自由にコピーして資料等として使って頂いて構いません。リンクもご自由に。

’13年5月から「レビー小体型認知症介護家族おしゃべり会」(全国に広がる家族会)公式サイトに「しば記者デスク」「体験記」というコーナーを頂き記事を連載中。(こちらの記事は会に著作権があります。)

ツイッター:しば@703shiba

*レビー小体型認知症の症状やチェック方法は、カテゴリの一番上「症状チェック」を。


母 '05パーキンソン病と診断。’10.3月要支援2→要介護4へ激変。5月レビーと診断。2度の転倒骨折入院の後、自宅介護が困難に。8月末グループホーム入所。’11年3月に圧迫骨折で寝たきりに。7月特養入所・要介護5に認定。'12年要介護4に回復。’14年なぜか要介護5になるが穏やかで普通に会話が可能。
S13(1938)年生まれ。

父 ’10年9月ピック病(前頭側頭型認知症)と診断。
昭和2桁生まれ。

私 ’60年代生の女性。300km離れた所に住む。日々の介護はきょうだいに頼り’10年から月1回、’12年から1〜2ヶ月に1回帰省。

好きなこと:読むこと・書くこと・草花の写真を撮ること等々。

*記事に付けた花の写真は私が撮影したものです。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。