スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

高齢者・認知症患者の睡眠

一日中うつらうつら寝てばかりいる高齢者は病気か。
ネットで調べていて一つ良いサイトがあったので、ご紹介します。

   「厚生労働省 e-ヘルスネット」

以下は、このサイトの記事から一部を抜粋したものです。
サイトには、睡眠障害のある認知症の方への対応方法なども書かれていますので、関心のある方は、是非アクセスしてみて下さい。


<高齢者に多い睡眠障害>

高齢者は、不眠症をはじめとするさまざまな睡眠障害にかかりやすくなります。
原因となる病気は多く、それらの治療薬によっても不眠、日中の眠気、夜間の異常行動などの睡眠障害が生じます。(注byしば 病名については上記サイトを)
高齢者ではうつ病、認知症、アルコール依存症なども多く、これらの精神疾患によっても睡眠障害が生じます。早めの専門医への受診が必要です。
生活習慣(運動不足など)や嗜好品(カフェインやアルコール類)でも睡眠障害が生じることがあります。
(注byしば:寝酒は、睡眠の質を悪くすると医師から聞きました。)

<認知症の睡眠問題>

アルツハイマー病などの認知症の方は、睡眠が浅く、さまざまな睡眠問題がみられるようになります。
重度の認知症の方ではわずか1時間程度の短時間でさえ連続して眠ることができなくなるといわれています。

認知症の方では夜間の不眠とともに昼寝(午睡。日中でもウトウト眠ってばかりいる)が増え、昼夜逆転の不規則な睡眠・覚醒リズムに陥るようになります。
また、しっかりと目が覚めきれず「せん妄」といわれるもうろう状態がしばしば出現します。

認知症の方の一部では、夕方から就床の時間帯に徘徊、焦燥、興奮、奇声などの異常行動が目立つ日没症候群という現象がみられます。
これも睡眠・覚醒リズムの異常が関係していると考えられています。

残念ながら認知症の方の睡眠障害に有効な薬物療法は知られていません。
効果が出ても一過性の場合が多く、長期間にわたり使用することは避けなければなりません。
効果が出ないからといって睡眠薬や鎮静薬を使いすぎると、強い眠気や誤嚥、転倒・骨折などのために生活の質が低下し、結果的に介護負担が増加します。
なるべく日中に刺激を与えて覚醒させる、規則正しい日課で生活リズムを保つ、夜間睡眠の妨げになる原因をなくすことを心がけてください。


レビー小体型認知症の症状でも日中寝てばかりいる嗜眠という症状があります。
 →早期発見チェックリスト(物忘れは目立たない方もいます)

様々な種類の認知症チェックリストと早期発見のための知識

追記:関連記事→「仏での研究結果
追記:参考記事(論文)→こちらを。
(朝日新聞医療サイトより)

P1030266.jpg
ルコウソウ
ナス目ヒルガオ科サツマイモ属ルコウソウ


関連記事

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

<しば>

Author:<しば>
私は認知症について希望を持てる情報を集め、共有している一介護家族です。医療・福祉の従事者ではありません。

特定の医師・治療法等へのこだわり、信仰する宗教はありません。
認知症に関連するビジネスもしていません。
掲載する情報は正確・公正であるよう努めています。

このブログ内の記事は、出典さえ書いて頂ければ、自由にコピーして資料等として使って頂いて構いません。リンクもご自由に。

’13年5月から「レビー小体型認知症介護家族おしゃべり会」(全国に広がる家族会)公式サイトに「しば記者デスク」「体験記」というコーナーを頂き記事を連載中。(こちらの記事は会に著作権があります。)

ツイッター:しば@703shiba

*レビー小体型認知症の症状やチェック方法は、カテゴリの一番上「症状チェック」を。


母 '05パーキンソン病と診断。’10.3月要支援2→要介護4へ激変。5月レビーと診断。2度の転倒骨折入院の後、自宅介護が困難に。8月末グループホーム入所。’11年3月に圧迫骨折で寝たきりに。7月特養入所・要介護5に認定。'12年要介護4に回復。’14年なぜか要介護5になるが穏やかで普通に会話が可能。
S13(1938)年生まれ。

父 ’10年9月ピック病(前頭側頭型認知症)と診断。
昭和2桁生まれ。

私 ’60年代生の女性。300km離れた所に住む。日々の介護はきょうだいに頼り’10年から月1回、’12年から1〜2ヶ月に1回帰省。

好きなこと:読むこと・書くこと・草花の写真を撮ること等々。

*記事に付けた花の写真は私が撮影したものです。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。