スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

認知症患者の「人の役に立ちたい」

2年間治まらない母のBPSD(妄想、感情の爆発等の困った症状)に対して、私がうまく対応できたことはほとんどない。
治療も効果なく、言葉かけも何もだめで、どう頑張ってもどうにもならないことだと思うようになっていた。
自宅介護をして、24時間あたたかく包みこんであげられたらBPSDも消えるのかもしないと思うが、それは不可能だ。

先月の帰省時は、非常に良い状態(=普通に会話ができる。)が長かったせいか、不安に襲われた時にも、あることが、とても効果を上げた。
それは、過去にも試そうとしたことだったが、抑うつ症状がひどくて「何もしたくない」と言ったり、落ち着いて何かができる状態ではなかったりして実現しなかった。
(だから誰にでも、いつでも効果があるとは思わない。)


母は、この2年間、「仕事がしたい」「人の役に立ちたい」と度々言っていた。
母の調子がとても良いので、母にきいてみた。
「お母さん、今度、ちょっと家事を手伝ってもらえるかなぁ?」
「いいよ」
「これならしてもいいなとか、これはしたくないと思うこと、何かある?」
「掃除。掃除は、嫌!」
(以前は掃除好きな人だった。本人は認識していない時が多いが、全く歩けない。)
「洗濯物をたたむのは、どう?できそうかな?」
「うん。そのくらいなら私にもできるよ」

数時間後、色々なハンドタオルを持って母の居る老人ホームに再び行った。
その時の母は、眉間にしわを寄せて、不安と緊張が高まり始めた状態だった。
訳もなく突然不安が押し寄せて来て、自分では感情を制御できなくなる時がよくある。

また怒り出すかと思いながら「お母さん、洗濯物たたんでくれる?」ときいてみた。
母は、「いいよ」と言い、無言で一生懸命たたみ始めた。ゆっくり、ゆっくりと。
10枚たたみ終えた時には、眉間のしわが消え、穏やかで満足げな表情に変わっていた。
「ありがとう、お母さん!お陰で凄く助かっちゃった!本当にありがとうね!」
「そのくらい、いつだってしてあげるよ」
母は、自信に満ちた顔で微笑んだ。

しかし30分も経たない内に、母は、また落ち着きを失い険しい顔になった。
試しにもう1度頼むと、同じようにゆっくりとたたみ、同じように穏やかになった。
ただ少し疲れたようだった。
私は、ただただ驚いていた。まるで魔法。

その人の好み、残存能力、意欲も含めた精神状態等に合った仕事を探し出すことは、決して簡単なことではないだろう。
しかし認知症の方が「仕事をしたい。人の役に立ちたい」と言うことは、稀ではない。
その願いを叶えることは、想像以上の効果があるのかもしれないと初めて思った。

P1010355_2_2_2_convert_20120704194233.jpg
ガクアジサイ


関連記事

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

<しば>

Author:<しば>
私は認知症について希望を持てる情報を集め、共有している一介護家族です。医療・福祉の従事者ではありません。

特定の医師・治療法等へのこだわり、信仰する宗教はありません。
認知症に関連するビジネスもしていません。
掲載する情報は正確・公正であるよう努めています。

このブログ内の記事は、出典さえ書いて頂ければ、自由にコピーして資料等として使って頂いて構いません。リンクもご自由に。

’13年5月から「レビー小体型認知症介護家族おしゃべり会」(全国に広がる家族会)公式サイトに「しば記者デスク」「体験記」というコーナーを頂き記事を連載中。(こちらの記事は会に著作権があります。)

ツイッター:しば@703shiba

*レビー小体型認知症の症状やチェック方法は、カテゴリの一番上「症状チェック」を。


母 '05パーキンソン病と診断。’10.3月要支援2→要介護4へ激変。5月レビーと診断。2度の転倒骨折入院の後、自宅介護が困難に。8月末グループホーム入所。’11年3月に圧迫骨折で寝たきりに。7月特養入所・要介護5に認定。'12年要介護4に回復。’14年なぜか要介護5になるが穏やかで普通に会話が可能。
S13(1938)年生まれ。

父 ’10年9月ピック病(前頭側頭型認知症)と診断。
昭和2桁生まれ。

私 ’60年代生の女性。300km離れた所に住む。日々の介護はきょうだいに頼り’10年から月1回、’12年から1〜2ヶ月に1回帰省。

好きなこと:読むこと・書くこと・草花の写真を撮ること等々。

*記事に付けた花の写真は私が撮影したものです。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。