胃ろうを止める(新聞記事)No.1

2012年6月28日の読売新聞の記事全文(原文通り。青字部分)。(ドクターヨミー)

しかし胃ろうを途中で中止するという選択は、胃ろうにするかどうかを決める選択よりも家族(肉親)への精神的負担は大きくなるだろうと想像します。
食べられなくなる前に、胃ろうについて十分知り、十分考え、本人の状況を十分検討し、後悔しない決断ができるように準備をしたいと私は思っています。

胃ろう・摂食障害についての(このブログの)今までの記事は、こちら。

追記:日野原重明さんが書いた「倫理的に問題のない胃ろう中止」についての記事は、こちらを。


   < 胃ろうなど人工栄養中止可能に、医学会が指針 >

日本老年医学会(理事長・大内尉義東大教授)は27日、高齢者の終末期における胃ろうなどの人工的水分・栄養補給について、導入や中止、差し控えなどを判断する際の指針を決定した。

指針は医療・介護関係者向けに作成されたもので、人工栄養補給を導入する際は、「口からの摂取が可能かどうか十分検討する」などと指摘。
さらに、胃ろうなどの処置で延命が期待できたとしても、本人の意向などにそぐわない場合、複数の医療関係者と本人・家族らが話し合った上で合意すれば差し控えが可能とした。

人工栄養補給を開始した後でも、苦痛を長引かせるだけの状態になった場合などは、再度、話し合って合意すれば、栄養分の減量や中止もできるとした。

医療側に対しては、患者側が適切な選択ができるよう、情報提供することを求めている。

国内では近年、口から食べられなくなった高齢者に、おなかに小さな穴を開け、管を通して胃に直接、栄養分や水を送る胃ろうが急に普及。
認知症で、終末期の寝たきりの患者でも、何年も生きられる例が増えた。
一方でそのような延命が必ずしも本人のためになっていない、との声が出ていた。


P1020904.jpg
アーティチョーク(朝鮮アザミ)
海外ではスーパーで食品として売っています。
関連記事

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

実際に、胃ろうの使用を止められる医療関係者(医師)がどれだけ居るでしょうか?
現在の環境では、胃ろう以外の生命時の手段がない方の胃ろうを抜けば、国家権力(主に警察)がでしゃばって来るでしょう。
警察を解した国家権力の医療への介入は、医療の現場に大きな傷を残しています。
厚労省と法務省?などの関連省庁の意見の一致がなければ、このような論議は無意味になるでしょう。
業務上過失致死などで有罪になれば、医師免許の停止などの行政処分がありますから・・・・。

hokehoke先生

コメントありがとうございます。
やはり医師は、当然そう考えるのだと思います。

しばらく前に、テレビで放送していました。
介護施設で胃ろうを付けている方の家族にアンケートを取ったらかなり高率で(数字は覚えていませんが50%以上だった気がします。)「止められるなら胃ろうを止めたい」と答えたと。

その内の何%の方が、この指針によって、実際に「止めて下さい」と言えるかと考えると、私は、ほとんどいないのではないかと思っています。

家族、親戚、全員の意見が一致して揺るがず、後になって後悔も非難もしないということは、ほとんどありえないと思います。
自分が中止を願い出た(それによって親が死んだ)という事実は、(決して人を死に至らしめることなどできない)普通の人間が背負って生きるには、重過ぎるでしょう。

この問題は、まだまだ容易に解決しないと思います。
プロフィール

<しば>

Author:<しば>
私は認知症について希望を持てる情報を集め、共有している一介護家族です。医療・福祉の従事者ではありません。

特定の医師・治療法等へのこだわり、信仰する宗教はありません。
認知症に関連するビジネスもしていません。
掲載する情報は正確・公正であるよう努めています。

このブログ内の記事は、出典さえ書いて頂ければ、自由にコピーして資料等として使って頂いて構いません。リンクもご自由に。

’13年5月から「レビー小体型認知症介護家族おしゃべり会」(全国に広がる家族会)公式サイトに「しば記者デスク」「体験記」というコーナーを頂き記事を連載中。(こちらの記事は会に著作権があります。)

ツイッター:しば@703shiba

*レビー小体型認知症の症状やチェック方法は、カテゴリの一番上「症状チェック」を。


母 '05パーキンソン病と診断。’10.3月要支援2→要介護4へ激変。5月レビーと診断。2度の転倒骨折入院の後、自宅介護が困難に。8月末グループホーム入所。’11年3月に圧迫骨折で寝たきりに。7月特養入所・要介護5に認定。'12年要介護4に回復。’14年なぜか要介護5になるが穏やかで普通に会話が可能。
S13(1938)年生まれ。

父 ’10年9月ピック病(前頭側頭型認知症)と診断。
昭和2桁生まれ。

私 ’60年代生の女性。300km離れた所に住む。日々の介護はきょうだいに頼り’10年から月1回、’12年から1〜2ヶ月に1回帰省。

好きなこと:読むこと・書くこと・草花の写真を撮ること等々。

*記事に付けた花の写真は私が撮影したものです。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR