スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

楽ラクワンポイント介護(Eテレと公式サイト)

昨日、たまたまEテレの「楽ラクワンポイント介護」を見て、目と耳を疑いました。
全身に力の入らない人を”1人で”ベッド脇のポータブルトイレに移乗させ、トイレ介助する方法を紹介していました。

「もう手や足に力がないからトイレに行けないと、あきらめないでください。
介護する側、される側がどうやったら楽に行けるのか、どうやったら最後までトイレに行けるのかという事を真剣に考えれば可能性はあります」
(講師の青山幸広さん)

ちょっと頭を殴られたようなショックを受けました。
青山さんは、「おむつをしない」「機械浴に入れない」「閉じ込めない」「薬に頼らない」をモットーにした介護アドバイザーだそうです。

この番組は、すべて公式サイトで内容を見られます。(短い動画付き)
自宅で介護されていらっしゃる方には、非常に役立つと思います。

  → 「楽ラクワンポイント介護」公式サイト


 本放送 毎週土曜日 20:45~20:50 Eテレ
 再放送 翌週火曜日 15:25~15:30 Eテレ


P1010029_convert_20120520072917.jpg
モミジの種
どこにでもある普通のモミジです。
関連記事

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

すごくわかりやすく、楽そうに見えるんだけど、
「からだを合わせる」って、すごく疲れる事なんですよね。
家族がずっとやるのは、本当に大変、オムツを取りたいと
必死になっても、やっぱり続けられない。体力気力とも。
また、これらの楽々介護っていうのも、介護者の筋力は必要。
カラダの大きさも関係するし、自力で動けない方は
バランスも取れないので、頭が下がってしまったりしたら、
支える方も体勢取れなくなるのです。
母をいろいろ試して、61才の私には大変だったので、
ヘルパーさんとかがもっと勉強してくれたら、
最高だと、思ってます~^
人任せ???

ygraciaさん

確かに仰る通りですね。
体力も気力もある40代の大きな男性が、小さな母親を介護するケースは、「楽々」でしょうが、そうでなければ、やはり厳しいものがありますね。

母を自宅で看た時は、40代の私でも1週間程度で体力の限界を感じました。(母は、一晩中叫んでいるし何をするかわからないので、眠れないという事情がありましたが)

全力で支えれば、まだかろうじて歩ける母(その頃は私よりも重かった。)をベッドから数メートル先のトイレに連れて行き、ベッドに戻るだけで息は切れ、汗が流れました。
バランスを崩した母と一緒に倒れてしまうことも何度もありました。(今、思うとポータブルトイレを使うべきでしたね。)

しかも「空振り」が多く、必死にベッドに帰って、寝かせた瞬間、「トイレ、行きたい」と言うことが多く、泣きたくなりました。

レビー小体型認知症の場合、時間によって状態が全く違うとか、体が固まってしまって本人も介護する側もスムーズに動かせないとか、バランスが悪い(転ぶ。座った姿勢も保てない。)とか、色々な理由で身体介護は、相当困難になると思います。

介護術などまったく覚えようとしない(覚えられない)父を見て、遠距離介護の私は、早々に自宅介護を諦めました。
それでも、母の安全のためにはそれで良かったのだという思いと他にも何か道があったのではないかという思いは、ずっとセットになって心の底にあり続けています。

プロフィール

<しば>

Author:<しば>
私は認知症について希望を持てる情報を集め、共有している一介護家族です。医療・福祉の従事者ではありません。

特定の医師・治療法等へのこだわり、信仰する宗教はありません。
認知症に関連するビジネスもしていません。
掲載する情報は正確・公正であるよう努めています。

このブログ内の記事は、出典さえ書いて頂ければ、自由にコピーして資料等として使って頂いて構いません。リンクもご自由に。

’13年5月から「レビー小体型認知症介護家族おしゃべり会」(全国に広がる家族会)公式サイトに「しば記者デスク」「体験記」というコーナーを頂き記事を連載中。(こちらの記事は会に著作権があります。)

ツイッター:しば@703shiba

*レビー小体型認知症の症状やチェック方法は、カテゴリの一番上「症状チェック」を。


母 '05パーキンソン病と診断。’10.3月要支援2→要介護4へ激変。5月レビーと診断。2度の転倒骨折入院の後、自宅介護が困難に。8月末グループホーム入所。’11年3月に圧迫骨折で寝たきりに。7月特養入所・要介護5に認定。'12年要介護4に回復。’14年なぜか要介護5になるが穏やかで普通に会話が可能。
S13(1938)年生まれ。

父 ’10年9月ピック病(前頭側頭型認知症)と診断。
昭和2桁生まれ。

私 ’60年代生の女性。300km離れた所に住む。日々の介護はきょうだいに頼り’10年から月1回、’12年から1〜2ヶ月に1回帰省。

好きなこと:読むこと・書くこと・草花の写真を撮ること等々。

*記事に付けた花の写真は私が撮影したものです。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。