スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

若年性認知症の相談窓口一本化(新聞記事)

2012年5月18日日本経済新聞夕刊の記事。
日経公式サイトから全文コピー(青字部分)。


  若年性認知症の相談窓口一本化 都内に全国初拠点

65歳未満の人が発症する「若年性認知症」の患者や家族の相談を受け付ける東京都の総合支援センターが18日、都内にオープンした。若年性認知症の支援は医療、介護、障害、就労など幅広い分野に及んでおり、相談窓口を一本化。本人の状況に応じて必要な支援を行う。都によると、若年性認知症の相談支援の拠点設置は全国初。

都は特定非営利活動法人(NPO法人)、いきいき福祉ネットワークセンター(東京・目黒)に事業を委託。相談は都民が対象で専門の支援員が対応する。

駒井由起子・同センター長は18日の開設式で「若年性認知症の社会参加の場はまだまだ少ない。いろいろな支援制度を組み合わせ、本人や家族に支援の手を差し伸べないといけない」と述べた。

厚生労働省の研究班が2009年にまとめた調査によると、全国の若年性認知症の推計患者は約3万7800人で平均年齢は51歳。患者数は若干増えているとされる。

同センターの電話相談は平日午前9時~午後5時。予約による面談相談にも応じる。
問い合わせは同センター (電)03・3713・8205。


P1010035_convert_20120518172234.jpg

P1010036_2_convert_20120518172348.jpg
昼咲月見草(昼咲桃色月見草)
私は「琉球月見草」と人から習ったが、北アメリカ原産らしい。
愛する雑草の1つ。小さな空き地一面に咲く。
花のアルバムは、こちら。
関連記事

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

<しば>

Author:<しば>
私は認知症について希望を持てる情報を集め、共有している一介護家族です。医療・福祉の従事者ではありません。

特定の医師・治療法等へのこだわり、信仰する宗教はありません。
認知症に関連するビジネスもしていません。
掲載する情報は正確・公正であるよう努めています。

このブログ内の記事は、出典さえ書いて頂ければ、自由にコピーして資料等として使って頂いて構いません。リンクもご自由に。

’13年5月から「レビー小体型認知症介護家族おしゃべり会」(全国に広がる家族会)公式サイトに「しば記者デスク」「体験記」というコーナーを頂き記事を連載中。(こちらの記事は会に著作権があります。)

ツイッター:しば@703shiba

*レビー小体型認知症の症状やチェック方法は、カテゴリの一番上「症状チェック」を。


母 '05パーキンソン病と診断。’10.3月要支援2→要介護4へ激変。5月レビーと診断。2度の転倒骨折入院の後、自宅介護が困難に。8月末グループホーム入所。’11年3月に圧迫骨折で寝たきりに。7月特養入所・要介護5に認定。'12年要介護4に回復。’14年なぜか要介護5になるが穏やかで普通に会話が可能。
S13(1938)年生まれ。

父 ’10年9月ピック病(前頭側頭型認知症)と診断。
昭和2桁生まれ。

私 ’60年代生の女性。300km離れた所に住む。日々の介護はきょうだいに頼り’10年から月1回、’12年から1〜2ヶ月に1回帰省。

好きなこと:読むこと・書くこと・草花の写真を撮ること等々。

*記事に付けた花の写真は私が撮影したものです。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。