スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

母、救急車で運ばれる

父は夕べぐっすり眠れただろうか・・と思いながら朝食の支度を始めようとしていた日曜の朝6時45分。電話が鳴った。
「お母さんが、どうかなっちゃった!今日は医者(病院)もやってないし、どうすりゃいいんだ?!」
父はすっかり動転して物言いまでおかしい。
一瞬、白目をむき泡をふきながら痙攣(けいれん)している母が頭に浮かんだ。

「意識はあるの?しゃべれるの?今、どういう状態なの?」と1つ1つ訊いていく。
父の時間の記憶は曖昧だが、とにかく母の足は麻痺し、全く立つことができず、ちょっとでも動かそうとするとひどく痛がると言う。意識は、はっきりしている。
転んだのかと訊くと「昨日は転んでない。(転ばないように)もの凄く注意してみてたんだからな」。

立てないのは睡眠導入剤の可能性があるが、意識がはっきりしているなら原因は他にあるはずだ。
痛がるのなら、恐らく数日以内の転倒による骨折だと思った。
父も背骨が折れて下半身麻痺になったのではないかと言う。

「今、私から○○(妹)に電話するから、○○が来たらすぐ救急車を呼んで」と伝え、妹に電話をする。
(父一人では、正確な状況説明も病状説明もできないだろうと思った。)
単なる睡眠導入剤の効き過ぎだと思っている妹は、救急車の必要性もあまり感じていない。
もし骨折なら素人が無理な姿勢で運ぶのは危険だと伝え、必ず救急車を呼んで欲しいと頼む。


母は、転倒が原因と思われる軽度の腰椎圧迫骨折だった。
(レントゲンではわからず、MRIでわかった。)
前回のように人工の骨をはめ込む手術(6時間の手術を2回した。)の必要はなく、1~2週間入院すれば自然治癒するという。
神経には、異常はなく、麻痺もない。
(睡眠導入剤が効いている夜中に、母に言われるままトイレに連れて行こうとした父が、麻痺だと思い込んだ。夜中にトイレに連れて行くのは危険だと父には伝えてあったが理解していなかった。)

睡眠導入剤の効き過ぎた母は、検査中もほとんど眠り続け、午後2時ごろ目を覚ました。
ずっと付き添っていた妹から骨折だと説明された途端めそめそ泣き出した。
母「だって、お父さん、今度骨折したら離婚するぞ!って言ったもん」
妹「お父さんはそんなこと言わないよ」
妹がなだめ、父(自宅に残り仕事。自営業)に電話をし、携帯を母に渡す。
携帯を耳に当てていた母は、今度は、激しく泣きじゃくった。
妹「お父さん、何、言ったの?!」
母「・・お前の面倒は・・一生、俺が看るって・・」

しかし入院した途端、母の言動はおかしくなり始めた。
空中の何かをつまむような動作を止めなくなった。
前回の骨折入院の時(4月末から7月下旬)も認知症が一気に悪化して別人のようになった。
これから母は・・・。止めた!・・・もう、今日は、考えるのは止めよう。
一日一人で付き添い、入院の準備もした妹は、すっかり疲れ切っていたが、父は、これで、ともかく倒れずにすむのだから。

追記 睡眠導入剤を2錠に増やした夜も2回は起きたらしい。
妹は、今まで父の認知症疑惑に懐疑的だったが「(父の)救急隊員への説明と私への説明が全然違う。お父さん、完全におかしいよ!」と言った。







関連記事

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

<しば>

Author:<しば>
私は認知症について希望を持てる情報を集め、共有している一介護家族です。医療・福祉の従事者ではありません。

特定の医師・治療法等へのこだわり、信仰する宗教はありません。
認知症に関連するビジネスもしていません。
掲載する情報は正確・公正であるよう努めています。

このブログ内の記事は、出典さえ書いて頂ければ、自由にコピーして資料等として使って頂いて構いません。リンクもご自由に。

’13年5月から「レビー小体型認知症介護家族おしゃべり会」(全国に広がる家族会)公式サイトに「しば記者デスク」「体験記」というコーナーを頂き記事を連載中。(こちらの記事は会に著作権があります。)

ツイッター:しば@703shiba

*レビー小体型認知症の症状やチェック方法は、カテゴリの一番上「症状チェック」を。


母 '05パーキンソン病と診断。’10.3月要支援2→要介護4へ激変。5月レビーと診断。2度の転倒骨折入院の後、自宅介護が困難に。8月末グループホーム入所。’11年3月に圧迫骨折で寝たきりに。7月特養入所・要介護5に認定。'12年要介護4に回復。’14年なぜか要介護5になるが穏やかで普通に会話が可能。
S13(1938)年生まれ。

父 ’10年9月ピック病(前頭側頭型認知症)と診断。
昭和2桁生まれ。

私 ’60年代生の女性。300km離れた所に住む。日々の介護はきょうだいに頼り’10年から月1回、’12年から1〜2ヶ月に1回帰省。

好きなこと:読むこと・書くこと・草花の写真を撮ること等々。

*記事に付けた花の写真は私が撮影したものです。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。