スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

1月の帰省3日目(2)兄の心安らぐ場所

妹から電話が入る。
兄の授産施設(日中通って軽作業をする。)から電話があり、目を痛がっているので病院に連れて行って欲しいと言われたという。1週間位赤かったらしい。
妹には、こうして仕事中にも色々な急用が入るのだと思い知る。

車で迎えに行くと、兄は、「○○!○○!(私の名)」と言って、嬉しそうに笑う。
目の様子を訊くと、兄は、「○○君と○○君が、何かをして、そのせいで痛くなった」ということを一生懸命説明するが、悲しいかな、半分位しかわからない。(兄には、重い言語障害がある。)

診察の後、兄をグループホーム(宿泊場所)に送って行く。かなり遠い。
車の中でグループホームの様子をきくと「タノシイ」と言う。
色々訊いても、「ゴハン、オフロ、テレビ、ネル、タノシイ!」

辺り一面畑の中にポツンと1軒だけ立っている民家に着くと、兄は、嬉しそうに「ココ、ココ」と言いながら私を玄関に案内する。
きれいな玄関に入ると優しそうな女性職員2人が「おかえり~」と出迎えてくれた。

兄は、満面の笑みで私を2人に紹介する。
「○○(私の名)。イモウト。○○。イモウト。オカアサン、オナジ。○○。コンニチハ。コンニチハ(って言いなさい)」
そう言いながら兄は、私の頭をグイと何度も押し下げてお辞儀をさせた。

兄がそんなことをしたことがあっただろうか・・・?
それとも、私が、2、3歳の頃は、兄は、いつもそうしていたのだろうか・・・?
兄は、年長者として私を守り、導こうと思ってくれている・・・。
ひなたぼっこをしているようなあたたかさを感じた。

兄の部屋は、暖かく、美しく、清潔だった。
一緒に買ったベッド、テレビ。アグネス・チャンの写真も飾ってある。
兄は、とても柔らかい表情で、部屋にあった洗濯物を片付け始めた。
ここが、兄にとって心の安らぐ場所なのだとよくわかった。

2人の女性職員と話す。
「○○ちゃんは、穏やかで、困ることなんてないですよ。洗濯物をたたむのも上手で」
「そうですか・・。洗濯物は、母が、何年もかかって教えましたから・・」
兄が、親戚以外の人から愛称で呼ばれるのを初めて聞いた。

実家では、何日分も飲んでしまう薬もその日処方された2種類の目薬もここなら安心して任せられる。
兄は、週末だけ実家に帰るが、父は、兄の薬の管理ができない。
妹が、あれこれ一生懸命工夫してくれているが、どれも効果がなかった。

P1040241.jpg
冬のバラ


関連記事

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

お兄様の様子、本当に良かったですね! ご両親にとって、子供の幸せが何より。

ま、中には子供を犠牲にしてでも自分が幸せになりたい人も居ますが…。
我が娘には、援助もしない代わりに犠牲にもしない態度を貫きたいものですが、実はそれが一番難しいことかもしれません。

クリちゃん 

ありがとう!私も本当に安堵しました。

子供との距離の取り方は、中々難しいですね。
親離れした子供を見つめる親の悲哀をしみじみと噛みしめることの多い日々ですよ。
経済的援助はできないので、せめて介護させる身にならないように毎日走って予防に努めているわけです。
プロフィール

<しば>

Author:<しば>
私は認知症について希望を持てる情報を集め、共有している一介護家族です。医療・福祉の従事者ではありません。

特定の医師・治療法等へのこだわり、信仰する宗教はありません。
認知症に関連するビジネスもしていません。
掲載する情報は正確・公正であるよう努めています。

このブログ内の記事は、出典さえ書いて頂ければ、自由にコピーして資料等として使って頂いて構いません。リンクもご自由に。

’13年5月から「レビー小体型認知症介護家族おしゃべり会」(全国に広がる家族会)公式サイトに「しば記者デスク」「体験記」というコーナーを頂き記事を連載中。(こちらの記事は会に著作権があります。)

ツイッター:しば@703shiba

*レビー小体型認知症の症状やチェック方法は、カテゴリの一番上「症状チェック」を。


母 '05パーキンソン病と診断。’10.3月要支援2→要介護4へ激変。5月レビーと診断。2度の転倒骨折入院の後、自宅介護が困難に。8月末グループホーム入所。’11年3月に圧迫骨折で寝たきりに。7月特養入所・要介護5に認定。'12年要介護4に回復。’14年なぜか要介護5になるが穏やかで普通に会話が可能。
S13(1938)年生まれ。

父 ’10年9月ピック病(前頭側頭型認知症)と診断。
昭和2桁生まれ。

私 ’60年代生の女性。300km離れた所に住む。日々の介護はきょうだいに頼り’10年から月1回、’12年から1〜2ヶ月に1回帰省。

好きなこと:読むこと・書くこと・草花の写真を撮ること等々。

*記事に付けた花の写真は私が撮影したものです。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。