スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

むち打ち・腰痛・膝痛・五十肩と運動

11月にむち打ちになってから、まだ若干の影響があって整骨院に通っています。
とても腕の良い先生で、今まで色々教えて頂いたので、それを書いておきます。

この先生は、むち打ちでも腰痛でも膝痛でも五十肩でも、炎症が治まり回復期に入ったら「積極的に運動することでしか治らない」と力説します。
筋肉だけが、コルセットやサポーターの役割をしてくれるそうです。
「痛いから動かない→筋肉が衰える→痛みが増す」の悪循環は避けなければいけないと言います。

運動に決まりはないのですが、私が「スロージョギングをしている」と言うと、「理想的な運動だ」と誉めてくれました。

理想的だという理由としては、以下の4点を説明されました。

1. 体(心臓・肺・膝・腰など)への負担が小さい割には、運動量がかなり多い。
  (田中宏暁教授によると、消費カロリーは、ウォーキングの2倍。)
2. 全身を無理なくバランス良く使う。(腹筋・背筋・腕・肩の筋肉も)
3. 体の上下運動は、骨を強化する効果が高い。
4. 運動強度(スピードと時間)を自分で自由に調整できる。

追記:NHKテレビ体操も回復期には良いと言われました。
ラジオ体操第1第2は、こちらのYouTubeで。


  <むち打ち(首の捻挫)>

どんなに軽いむち打ちの場合でも骨に若干のズレや歪みが起こる。
(レントゲンには写らない。)
軽いからと放置して置くとそのまま固まってしまい、その後ずっと続く肩こり、腰痛、頭痛などの原因になる。
ズレや歪みを治せば完治し、その後に影響はない。
回復期に入ったらスロージョギングなどでどんどん体を動かすことがとても大切。
しばらく使わなかった首、肩、背中などの筋肉は、衰えているので疲れやすくなっているが、どんどん使わないと回復しない。
疲れは、整骨院でのマッサージで取れる。

  <加齢による腰痛>

骨や軟骨の劣化は、全ての人に起こり、避けられない。
グルサコミン、コンドロイチンといったサプリメントも宣伝されているような大きな効果はない。
腹筋と足の筋肉を日頃から鍛え続けておくことが、唯一の予防になる。

  <四十肩 五十肩>

原因不明。治るまでの期間は、個人差が大きい。
数ヶ月で治る人も中にはいるが、整骨院で治療して1年位かかる人が多い。
治療しない場合は、数年かかることもある。

痛みの強い時期は、炎症があるので積極的には動かせないが、そんな時でもスロージョギングは、とても良い効果があるはず。
腕を無理なく振ることで、肩回りの筋肉が衰えることを防ぐことができる。

自分で少し動かしてみて、その後、痛みが増すようならまだ無理してはいけない時期。
動かした時はかなり痛くても、その後、少し動きが良くなったと思うようなら回復期。
回復期に入ったら、痛みを我慢して積極的に肩を動かし筋肉を鍛えること。


*スロージョギングの走り方や効果などを書いた今までの記事は、こちら。

P1040661.jpg
スイセン(水仙)
関連記事

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

<しば>

Author:<しば>
私は認知症について希望を持てる情報を集め、共有している一介護家族です。医療・福祉の従事者ではありません。

特定の医師・治療法等へのこだわり、信仰する宗教はありません。
認知症に関連するビジネスもしていません。
掲載する情報は正確・公正であるよう努めています。

このブログ内の記事は、出典さえ書いて頂ければ、自由にコピーして資料等として使って頂いて構いません。リンクもご自由に。

’13年5月から「レビー小体型認知症介護家族おしゃべり会」(全国に広がる家族会)公式サイトに「しば記者デスク」「体験記」というコーナーを頂き記事を連載中。(こちらの記事は会に著作権があります。)

ツイッター:しば@703shiba

*レビー小体型認知症の症状やチェック方法は、カテゴリの一番上「症状チェック」を。


母 '05パーキンソン病と診断。’10.3月要支援2→要介護4へ激変。5月レビーと診断。2度の転倒骨折入院の後、自宅介護が困難に。8月末グループホーム入所。’11年3月に圧迫骨折で寝たきりに。7月特養入所・要介護5に認定。'12年要介護4に回復。’14年なぜか要介護5になるが穏やかで普通に会話が可能。
S13(1938)年生まれ。

父 ’10年9月ピック病(前頭側頭型認知症)と診断。
昭和2桁生まれ。

私 ’60年代生の女性。300km離れた所に住む。日々の介護はきょうだいに頼り’10年から月1回、’12年から1〜2ヶ月に1回帰省。

好きなこと:読むこと・書くこと・草花の写真を撮ること等々。

*記事に付けた花の写真は私が撮影したものです。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。