スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スロージョギングを始める方のための資料

2012年1月14日、田中宏暁教授の「スロージョギング健康法体験講座」が開かれました。
(NPO法人認知症フレンドシップクラブ柏事務局主催。千葉市後援。)
田中教授の軽妙なお話とご指導で、とても楽しく有意義な会となり、参加者にも好評でした。

会場で配られたスロージョギングの資料が、わかりやすいと思うので、ここにそのまま書いておきます。
これからスロージョギングを始める人が、冷蔵庫などに貼って、やる気を上げるための資料です。
実は、これ、田中宏暁教授の3冊の本を熟読して、私が、抜き書きで作りました。
(1部本にはない部分もありますが、田中教授の承諾を取ってあります。)
「1分180歩で」というのは本にはなかったのですが、当日の指導を参考に追記しました。

追記: 当日、田中教授に「家の中でのスロージョギングは?」と質問しました。
   「家の中で走っても全然問題ない!」という答えでした。
(裸足で走って足を痛めることもないし、効果が変わることもないということです。)
ただスロージョギングは、すぐに体がポカポカ温まるので、「冬こそ外で走るのが良いのに・・」とは仰っていました。

外の空気や景色と接しない分、気分転換効果に影響し、非常にゆっくり走るので走行距離が中々伸びない(=消費カロリーが伸びない)という弱点はあるかなぁと個人的には思いました。
とはいえ、邪道なのかと思っていた家の中のスロージョギングがOKということで、ちょっとした合間に1分走るということが増えそうです。(カップラーメンができるまでの間に3分走れますよ~。)

スロージョギングについての過去の記事は、こちらを。
(走り方や効果などが詳しく書かれています。)
|||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||
<NPO法人認知症フレンドシップクラブ柏事務局 配布資料>


  <スロージョギングのコツ>

○笑顔を保てるペースでゆっくり走りましょう。(1分180歩で)
 (初心者は歩くより遅い位のスピードでも大丈夫です。)

○歩幅は狭く(10~40cmに)して、足の指の付け根あたりで着地しましょう。

○決して無理せず、まず15分から。「1分走る+1分歩く」を繰り返してもOK。

○1日30分、週3日でも効果あり。理想は、週180分(日に30~60分)。



  <気楽に、楽しく、長く続けていきましょう!>

○1~3週間で効果を実感!3ヶ月続ければ楽しくどこまでも走れるように!

○続かなくても、「またやるか」と再開すれば何の問題もありません。

○ご家族やお友だちと走ったり、ネット上の掲示板で仲間と交流したり。



  <スロージョギングで予防・治療効果が出る病気・症状>

糖尿病(高血糖値) 高血圧 脂質異常症(高コレステロール値) 骨粗鬆症
動脈硬化 心臓病 脳卒中 がん 認知症 うつ病 腎臓病 痛風 他

スロージョギングは、毎回が「お薬」と考えましょう。 体調の悪い日以外は
できるだけ毎日、少しずつでも続けることが大切です。


  <スロージョギングは減量に効果大>

スロージョギングのエネルギー消費量 = 走行距離(km) × 体重(kg)
(スロージョギングのエネルギー消費量は、ウォーキングの2倍)
毎日4km走れば、食事制限なしでも健康的に体重は落ちていきます。


参考文献:
「スロージョギング健康法」田中宏暁著(朝日新聞出版)
「スロージョギングで人生が変わる」田中宏暁著(廣済堂出版)
「仕事に効く、脳を鍛える、スロージョギング」久保田競・田中宏暁共著(角川SSC新書。)他

(アマゾンはこちら)

ef1fbae69f5482b055963d34039f0e63.jpg
JAFMateより。
関連記事

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

<しば>

Author:<しば>
私は認知症について希望を持てる情報を集め、共有している一介護家族です。医療・福祉の従事者ではありません。

特定の医師・治療法等へのこだわり、信仰する宗教はありません。
認知症に関連するビジネスもしていません。
掲載する情報は正確・公正であるよう努めています。

このブログ内の記事は、出典さえ書いて頂ければ、自由にコピーして資料等として使って頂いて構いません。リンクもご自由に。

’13年5月から「レビー小体型認知症介護家族おしゃべり会」(全国に広がる家族会)公式サイトに「しば記者デスク」「体験記」というコーナーを頂き記事を連載中。(こちらの記事は会に著作権があります。)

ツイッター:しば@703shiba

*レビー小体型認知症の症状やチェック方法は、カテゴリの一番上「症状チェック」を。


母 '05パーキンソン病と診断。’10.3月要支援2→要介護4へ激変。5月レビーと診断。2度の転倒骨折入院の後、自宅介護が困難に。8月末グループホーム入所。’11年3月に圧迫骨折で寝たきりに。7月特養入所・要介護5に認定。'12年要介護4に回復。’14年なぜか要介護5になるが穏やかで普通に会話が可能。
S13(1938)年生まれ。

父 ’10年9月ピック病(前頭側頭型認知症)と診断。
昭和2桁生まれ。

私 ’60年代生の女性。300km離れた所に住む。日々の介護はきょうだいに頼り’10年から月1回、’12年から1〜2ヶ月に1回帰省。

好きなこと:読むこと・書くこと・草花の写真を撮ること等々。

*記事に付けた花の写真は私が撮影したものです。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。