スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

BPSD(周辺症状):「困った症状」は何を意味するか

鷲田清一著『「待つ」ということ』を読みました。
中に認知症のことが書かれている部分があります。
一文一文が、心に突き刺さりました。

本の中でご紹介したい文章は、たくさんありますが、まず周辺症状(BPSD。以前は「問題行動」と呼ばれていた。)について書かれた部分を抜き書きします。(青字部分)

母も去年、腰椎圧迫骨折で入院中「便こねをした」とつなぎのパジャマを着せることを求められました。
自宅介護中も夜中に繰り返しオムツを外してしまいました。
もの盗られ妄想、嫉妬妄想など、周辺症状がない時がありません。
周辺症状によって家族は追い詰めれますが、一番追い詰められているのは、本人なのだと思うと、受け止め方も変わってきます。

以下、一部は、原文通りではありません。
ここで引用されている小澤勲著「認知症とは何か」も良書です。



弄便(便いじり)。これは失敗したコーピング(対抗戦略)と考えられると小澤は言う。
 
 「お尻のあたりに何かが挟まっているみたいで気持ちが悪い。
 触ってみよう。
 何かグニョグニョしたものがある。何だろう。
 でも、これを取り除けばいいんだ。
 手に何か付いたなあ。布団にこすりつけたら、まあ、何とかなった。
 お尻のあたりも少しマシになったようだ。
 あれっ?すごい顔して嫁さんが飛んできた。怒ってる。
 何を怒ってるんだろう?
 ひどくまずいことを私はしたらしい。何をしたのだろう・・・」

 自分に起こった不具合を何とかしようとする人ほど周辺症状、なかでも妄想や徘徊
 などの陽性症状を招き寄せることが多い。
 何とかしようという意欲まで失ってしまうと、陽性症状はあまり見られなくなる。
 その意味では、陽性症状は認知症を生きる人のエネルギーの発露でもある。
 (小澤勲著「認知症とは何か」)

(弄便、収集癖、もの盗られ妄想、家族を記憶から消去する言動、相手の誤認、作り話)
これらはきっと、「対処し難いと感じた事態を何とか切り抜けようとする彼らの思い」が生んだ「成果」なのである。

老人の棘のある言葉には、周囲に迷惑をかけているらしいじぶんへの不安やさらには怯えがこもっている。
強い否認は、逆に整合的な話を作り上げてでもひとつの世界を維持しようというやむにやまれぬ戦略の裏返しにほかならない。

(『「待つ」ということ』P.100~102)


P1000005_convert_20111219195539.jpg
菊?
関連記事

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

認知症の方が、一生懸命自分に必要なので行っている行為を、一方的に非難するのはどうかと言う観点立って、問題行動→BPSDと表現を変えた様です。
私の経験ではBPSDが目立つのは、排泄のコントロールが上手くいかないなどの身体的ストレス・介護者との対応で引き起こされる心理的ストレス・せん妄が原因として多いようです。
せん妄以外は、介護上の工夫で何とかなると言われていますが、施設などで他人が対応する場合と、自宅で家族が対応する場合で、同じことを言ったりしたりしても、認知症の方への心理的なストレスが大きく違う事は、あまり触れられていないような気がします。
20年以上前に、認知症の人と家族の会の田部井理事がいっておられた、「認知症を介護するのは、施設ではそう難しいことではない。ただ家族が介護する事は、不可能のことではないかと僕は思う。」(正確な表現はよく覚えていません)と言うような趣旨の発言をされていました。当時田部井理事は、群馬県でデイサービスを運営されていました。
この当時から、認知症に真剣に取り組んでいる施設では、認知症のケアは、そう難しくない。(ただ人では、すごくいるが・・・)と言う発言が多かったような記憶があります。
せん妄のコントロールさえ出来れば、認知症の方のケアはそう難しくないと言うのが、わたしの当時の意見でした。精神科の病院で、強い精神症状やBPSDの方が入院してきましたが、せん妄の治療さえしっかりすれば、2~3か月で、当時の特別養護老人ホームで受け入れてもらえる状態に、8~9割の方がなりました。
現在では、介護技術としての認知症ケアは格段の進歩だと思いますが、本質的に認知症の方を理解すると言う面では、当時と余り変わらないのが現状ではないかと思います。
今日の記事に書かれていることが、認知症にかかわる多くの人々の常識に成っていてもおかしく無い年月だと思いますが・・・。
20年と言う歳月は・・・。

hokehoke先生

コメントありがとうございました。

強い精神症状やBPSDの方の8~9割が、入院後2~3ヶ月で落ち着かれるというのは、驚きでした。

確かにここに書かれていることは、仕事として認知症の方に関わる方々には常識であると思います。
しかし認知症に関心のない一般の方々、家族が初めて認知症を煩い、初めてBPSDに直面している方々にとっては、初めて聞くことかも知れません。そういう方々を想定して書きました。

私自身、知識としては知っていましたが、あらためて読むと胸に迫るものがありました。どれだけ頭ではわかっていても、BPSDが延々と続くと気持ちが萎えてきます。症状が進んで、家族を非難する力も失う日を待つ気持ちも出て来ます。
「辛いのは、家族だけではない。本人が一番辛いのだ」と何度でも何度でも繰り返し自分に言い聞かせなければ、心を平静に保つことができません。それが施設職員と家族の違いなのだろうと思います。

こんばんわ

しばさん、ご無沙汰してます(^^)
母親も、無事?(入院中に、大泣きがよく続き、寂しがっておられるので退院されては?)と言われ、受け入れ体制を整え、退院しました。

小規模多機能型居宅介護で、お世話になろうと思ってましたが、落ち着いてたのは
1日だけ…退院して、3日後ぐらいに、初めてサービスに行った初日に、暴言を吐き、それから行かなくなりました…
自宅で、姉が介護をしてくれていますが、自分では動けない不自由さからか、1日中「アーアー」と泣き、起こった事の無い話を、叫んでます…
姉も、ストレスが溜まってるみたいですが、やはり母親もストレスが溜まってるんでしょうね…
なんとか、その声だけでも治まれば、少し介護もしやすいのですが

あっ、今週の木曜日に
名古屋フォレストクリニックに、初めて受診に行きます(^^)

あるるさん

お久しぶりです!コメントありがとうございます!
泣かれたり、暴言を吐かれたりすると、本当に泣きたくなってきますよね。
母も自宅に居た頃、デイサービスを嫌がり、泣いて叫んで暴れて抵抗しました。そうなってくると、もう介護者も自分が何をやっているのか訳がわからなくなってきます。

名古屋フォレストクリニックでの処方が合い、落ち着かれると良いですね!また結果報告をお待ちしています。読者の方も関心があると思います。
よろしくお願いします。
プロフィール

<しば>

Author:<しば>
私は認知症について希望を持てる情報を集め、共有している一介護家族です。医療・福祉の従事者ではありません。

特定の医師・治療法等へのこだわり、信仰する宗教はありません。
認知症に関連するビジネスもしていません。
掲載する情報は正確・公正であるよう努めています。

このブログ内の記事は、出典さえ書いて頂ければ、自由にコピーして資料等として使って頂いて構いません。リンクもご自由に。

’13年5月から「レビー小体型認知症介護家族おしゃべり会」(全国に広がる家族会)公式サイトに「しば記者デスク」「体験記」というコーナーを頂き記事を連載中。(こちらの記事は会に著作権があります。)

ツイッター:しば@703shiba

*レビー小体型認知症の症状やチェック方法は、カテゴリの一番上「症状チェック」を。


母 '05パーキンソン病と診断。’10.3月要支援2→要介護4へ激変。5月レビーと診断。2度の転倒骨折入院の後、自宅介護が困難に。8月末グループホーム入所。’11年3月に圧迫骨折で寝たきりに。7月特養入所・要介護5に認定。'12年要介護4に回復。’14年なぜか要介護5になるが穏やかで普通に会話が可能。
S13(1938)年生まれ。

父 ’10年9月ピック病(前頭側頭型認知症)と診断。
昭和2桁生まれ。

私 ’60年代生の女性。300km離れた所に住む。日々の介護はきょうだいに頼り’10年から月1回、’12年から1〜2ヶ月に1回帰省。

好きなこと:読むこと・書くこと・草花の写真を撮ること等々。

*記事に付けた花の写真は私が撮影したものです。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。