スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

レビー小体型認知症のケア 読売新聞の記事から

2011年11月29日の読売新聞に「レビー小体型認知症のケア」という記事が載った。
新しい情報はないが、レビー小体型認知症についてあまり知らない人には、親切な記事だ。
レビー小体型認知症の特徴である幻視、レム睡眠行動障害などに対する対応の方法が書かれている。

  * 読売新聞の記事全文は、こちら。

  *レビー小体型認知症の基本を知る(私の知る)最も良いサイトは、こちら。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

私の母の幻視は、2009年の年末から急にひどくなった。
私の幻視を見て布団を敷いたり、私の子供の幻視を見て昼間に風呂を入れたり、知らない子供の幻視を見てお菓子を出したりということが増えていった。
電話でいくら「私や子供たちは、ずっと○○に居て、遠い実家には行っていない」と言っても理解しなかった。
私が血だらけで死にそうになっていると、泣いて毎日電話をしてくる母に、いくら説明しても理解しなかった。

父は、長い間、怒鳴り散らして幻視を否定していた。
「そんなもん、居るわけがないだろ!!何をバカなこと言ってるんだ!!」
父も母も毎日辛かっただろうと思う。

母は、この状態になってもレビー小体型認知症とは診断してもらえなかった。
脳のCT画像に異常はなく、幻視は、パーキンソン病治療薬の副作用と言われた。
幻視を消すために薬を止めれば動けなくなると言われ、それ以上何も言えなかった。


レム睡眠行動障害は、6年以上前から始まっていた。
(レビー小体型認知症と診断されたのは、その5年後。)
母は、病院に相談に行ったが、「ストレスによるもの」と言われて、そのままになった。
夜中に叫ぶ、父に殴りかかる、立ち上がってベッドから飛び降りる、正座して父に訳の分からない説教をしたこともあったという。
父は、安全のためにベッドを低くし、ベッドの周りにクッションを敷いた。
母は、自分で手首にひもを付け、ベッドに縛って寝た。


レビー小体型認知症には、薬に過敏に反応しやすいという特徴もある。
他の病気には、ごく普通の処方や処方量が、劇的な悪化を招くことがある。

繰り返し書いているが、母は、レビー小体型認知症と診断された直後に「幻視を減らす薬」と処方されたリスパダールを飲んで歩行困難になった。
急に歩けなくなったのに、その原因に医師も看護師も薬剤師もケアマネジャーも気が付かなかった。

レビー小体型認知症では、そういう信じられないようなことが起こる。
アリセプトで徘徊が始まったり、抗うつ剤で寝たきりになった例を介護者本人から聞いた。
医療従事者、介護従事者で、そのことを理解している人は、決して多くないと私は感じている。
素人は「ありえない」と思うが、「ありえないこと」が繰り返し母に起こり、人にも起こっていることを耳にし続けている。
状況は、急速に改善されているのか、それとも何も変わっていないのか、私にはわからない。
ただ一刻も早く、そういう状況を変えて欲しいと切望している。


P1010374.jpg
イチョウ。
銀杏(ぎんなん)がなる。





関連記事

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

<しば>

Author:<しば>
私は認知症について希望を持てる情報を集め、共有している一介護家族です。医療・福祉の従事者ではありません。

特定の医師・治療法等へのこだわり、信仰する宗教はありません。
認知症に関連するビジネスもしていません。
掲載する情報は正確・公正であるよう努めています。

このブログ内の記事は、出典さえ書いて頂ければ、自由にコピーして資料等として使って頂いて構いません。リンクもご自由に。

’13年5月から「レビー小体型認知症介護家族おしゃべり会」(全国に広がる家族会)公式サイトに「しば記者デスク」「体験記」というコーナーを頂き記事を連載中。(こちらの記事は会に著作権があります。)

ツイッター:しば@703shiba

*レビー小体型認知症の症状やチェック方法は、カテゴリの一番上「症状チェック」を。


母 '05パーキンソン病と診断。’10.3月要支援2→要介護4へ激変。5月レビーと診断。2度の転倒骨折入院の後、自宅介護が困難に。8月末グループホーム入所。’11年3月に圧迫骨折で寝たきりに。7月特養入所・要介護5に認定。'12年要介護4に回復。’14年なぜか要介護5になるが穏やかで普通に会話が可能。
S13(1938)年生まれ。

父 ’10年9月ピック病(前頭側頭型認知症)と診断。
昭和2桁生まれ。

私 ’60年代生の女性。300km離れた所に住む。日々の介護はきょうだいに頼り’10年から月1回、’12年から1〜2ヶ月に1回帰省。

好きなこと:読むこと・書くこと・草花の写真を撮ること等々。

*記事に付けた花の写真は私が撮影したものです。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。