スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

父,福祉車両を買う

毎週末実家を訪ねて家事や兄の世話をしている妹から電話があった。
実家の机の上に中古車を買った契約書があるという。
車いすに乗ったまま乗車できる中古のワゴンR。

そんな予感はしていた。
母を9人乗りの福祉レンタカーでレストランに行ってから、父は、母の外出に乗り気だった。
「お父さん、まさかあの大きな車を買う気じゃないよね?」
「ばか。あんなもの買ったら500万もかかる」
父は、あの時から軽自動車を狙っていたのだろう。

契約書にあるディーラーの連絡先を訊いて電話をすると、リクライニング式車いすが乗るかどうかまではわからないという。
キャンセルはできるが、バッテリーを代えたり、色々整備をしたので10万5千円はかかるという。

ネットで仕様を見ても母の車いすが乗るようには見えない。
ワゴンRの福祉車両を貸し出している所に電話をして訊くと、リクライニング式の車いすは乗らないという。
母の居る特別養護老人ホームにも電話をすると、ワゴンRがあるが、母の車いすは乗らないという。
「お父様は、それでお母様をどこに連れて行かれるおつもりですか?」
私の方が訊きたい。父が何を考えているのか、私にはわからない。
小型車両では乗らないからと、わざわざ大きな車に代えたことを忘れてしまったのか。

電話で伝えても途中で切られるだけだと思い、ファックスを送った。
(父は、メールを使えない。)
丸2日間を置いて、頭に上った血が下がっただろうと思って、今日、電話した。

「車、どうした~?」
「買う」
「ファックス読んだ?」
「無視」(父らしくない言い方だ。母のようなもの言いだ。)
「あっちこっちに訊いたけど、乗らないってよ~」
「一回り小さい(リクライニング式)車いすを買うからいい」
「・・・そんなもの(父の行きつけのリサイクルショップに)売ってるの?」
「入らなきゃ、(車いすの)頭を切るからいい」
高さの問題ではなく、長さの問題なのだと説明する。
母は、寝かせた状態でなければ移動できないのだと。
「大丈夫だ!問題ない!ちゃんと計算して買ったんだ!お前に文句を言われる覚えはない!」

父は、車を買う。
母が、一度も乗ることがないだろう車を。
それを毎日見て、父は、自分の判断力の低下を自覚するだろうか。
恐らくしないのだろう。
していれば、母が一度も使わない何台もの歩行器と車いす、ポータブルトイレ(1つ)、電動介護ベッド(1つ)を山積みすることもなかっただろう。


P1040068.jpg
公園に生えていた直径7cmのきのこ。
1夜にして現われて、3日目で干し椎茸になっている。
食べられるのかなぁ?
関連記事

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

<しば>

Author:<しば>
私は認知症について希望を持てる情報を集め、共有している一介護家族です。医療・福祉の従事者ではありません。

特定の医師・治療法等へのこだわり、信仰する宗教はありません。
認知症に関連するビジネスもしていません。
掲載する情報は正確・公正であるよう努めています。

このブログ内の記事は、出典さえ書いて頂ければ、自由にコピーして資料等として使って頂いて構いません。リンクもご自由に。

’13年5月から「レビー小体型認知症介護家族おしゃべり会」(全国に広がる家族会)公式サイトに「しば記者デスク」「体験記」というコーナーを頂き記事を連載中。(こちらの記事は会に著作権があります。)

ツイッター:しば@703shiba

*レビー小体型認知症の症状やチェック方法は、カテゴリの一番上「症状チェック」を。


母 '05パーキンソン病と診断。’10.3月要支援2→要介護4へ激変。5月レビーと診断。2度の転倒骨折入院の後、自宅介護が困難に。8月末グループホーム入所。’11年3月に圧迫骨折で寝たきりに。7月特養入所・要介護5に認定。'12年要介護4に回復。’14年なぜか要介護5になるが穏やかで普通に会話が可能。
S13(1938)年生まれ。

父 ’10年9月ピック病(前頭側頭型認知症)と診断。
昭和2桁生まれ。

私 ’60年代生の女性。300km離れた所に住む。日々の介護はきょうだいに頼り’10年から月1回、’12年から1〜2ヶ月に1回帰省。

好きなこと:読むこと・書くこと・草花の写真を撮ること等々。

*記事に付けた花の写真は私が撮影したものです。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。