スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

母,寝返りを打つ

母は、7月25日から調子の良い日が1週間ほど続いた。
毎日父から嬉しそうな電話が入った。
「ほとんど正常だぞ!帰る時、”ご苦労様”って言うぞ!そう言う時は、調子がいいんだ!」

半信半疑で母を訪ねた妹も驚いていた。
言うことの80%くらいは正常だったという。

妹が促してみると、母は、苦労しながらも自分で体の向きを180度変えることができた。
母が寝返りを打てなくなってからもう1年以上過ぎている。
特別養護老人ホーム(特養)では、クッションで常に体を固定され、褥瘡(じょくそう。床ずれ)予防のため、時間毎に向きを変えてもらっている。
妹が支えるとベッドに腰掛けて30秒ほど座位も取れたという。

母には、まだ誰にもわからない力(能力)が残っている。

なぜそんなことが起こったのかと考えたとき、それ以前と異なると考えられることは、2つ。
1. サプリメント(健康食品)の「フェルガードハーフ」を再開した。
2. 介護計画で、職員の声かけやスキンシップを増やすという目標が立てられた。
  (実際にどの程度増えたのかは、わからない。)

しかし次に妹が行った時には、母は恐ろしく不機嫌で、職員に喧嘩をふっかけていたという。
妹は、調子が良かったのは、ただの偶然に過ぎないと言う。

その後も母の状態には、大きな波がある。
しかし毎日訪ねる父の話から考えると、以前より調子の良い時が多い気がする。

こういう時、遠距離に居ると自分の目で日々の症状の変化を確かめられない。
特養に電話をして訊くという方法もあるが、誤解のある今は、控えている。

実際の母を見ていない私には何とも言えないけれど、調子の良い日が1日でも増えたのなら、それだけで万歳したい気分だ。


P1030111.jpg
2mほどの木に小さな花がたくさん付いていた。
デュランタ・タカラヅカだそうです。
宝塚ですか・・。
母が若い頃、宝塚歌劇に夢中だったと聞いています。
「ベルバラ」を見に連れて行ってくれたことがあります。





関連記事

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

これはデュランタ・タカラヅカだと思います。
10年くらい前から花屋さんに並ぶようになりました。
綺麗な色ですよね~ ブルー系の花、大好きです。
プロフィール

<しば>

Author:<しば>
私は認知症について希望を持てる情報を集め、共有している一介護家族です。医療・福祉の従事者ではありません。

特定の医師・治療法等へのこだわり、信仰する宗教はありません。
認知症に関連するビジネスもしていません。
掲載する情報は正確・公正であるよう努めています。

このブログ内の記事は、出典さえ書いて頂ければ、自由にコピーして資料等として使って頂いて構いません。リンクもご自由に。

’13年5月から「レビー小体型認知症介護家族おしゃべり会」(全国に広がる家族会)公式サイトに「しば記者デスク」「体験記」というコーナーを頂き記事を連載中。(こちらの記事は会に著作権があります。)

ツイッター:しば@703shiba

*レビー小体型認知症の症状やチェック方法は、カテゴリの一番上「症状チェック」を。


母 '05パーキンソン病と診断。’10.3月要支援2→要介護4へ激変。5月レビーと診断。2度の転倒骨折入院の後、自宅介護が困難に。8月末グループホーム入所。’11年3月に圧迫骨折で寝たきりに。7月特養入所・要介護5に認定。'12年要介護4に回復。’14年なぜか要介護5になるが穏やかで普通に会話が可能。
S13(1938)年生まれ。

父 ’10年9月ピック病(前頭側頭型認知症)と診断。
昭和2桁生まれ。

私 ’60年代生の女性。300km離れた所に住む。日々の介護はきょうだいに頼り’10年から月1回、’12年から1〜2ヶ月に1回帰省。

好きなこと:読むこと・書くこと・草花の写真を撮ること等々。

*記事に付けた花の写真は私が撮影したものです。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。