スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

母,特養に入所しました

入所前の主治医との話し合いについては、後日書きます。

 まずご報告します。

母は、2011年7月2日に、グループホームから特別養護老人ホーム(特養)に移りました。
色々コメント、アドバイス、ご心配、応援して下さった方々に心からお礼を申し上げます。
ありがとうございました。

移動の手配は、全部、妹が、仕事の合間を縫ってしてくれました。
父も荷物運びを(昔通り)ブルドーザーのように手伝い、無事に終了したそうです。

2人には、本当に感謝しています。暑い中、どんなに大変だったでしょう。

退所、入所のための数多くの手続きも、お金のことも、煩雑な用事も全て妹が、きっちりやってくれています。
これは、母の介護が始まった一番最初からずっと、常にそうです。
私は、全ての手続きや会計を妹に任せ、私自身は、そういったことを、一度もしていません。
妹の方が、間違いなくきっちりやってくれるので、全幅の信頼を寄せ、頼り切っています。
(私は、数字も細かい事務処理も苦手で頼りになりません。)
母も父も兄も私も、妹の縁の下の力によってずっと支えられてきました。
いくら感謝しても感謝し切れません。

母が、特養に移った最初の夜は、『泣いていないか、怒っていないか、せん妄になっていないか・・』と、幼児を初めてお泊まりに出した母親の気分でした。
しかしまだ特に大きな変化はなく、今まで通りの波を繰り返しながら、落ち着いている時もあるようで、少しほっとしています。
とはいえ、やはり家族には、文句もきつい言葉も出て、母が、新しい環境に慣れるまでは、家族全員、中々心穏やかではいられません。
私は、遠くからひたすら祈っている毎日です。

P1010124_2.jpg
(本来の?)ねじ花

関連記事

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

これで週2回の入浴が可能になりましたね。お母様が体も心も清涼感に包まれる瞬間を想像してしまいます。本当に良かった!

妹さんが本当に頑張られて…。このブログも、妹さんの活躍を記録するためのものかもしれませんね。
お母さんの生きがいでもあるお兄さん、離れたところで冷静に情報を収集するお姉さん、実務を着実にこなす妹さんの3人兄妹と、苦労を共にし妻を愛してきたお父様の4人が、絶妙のハーモニー(不協和音も?)を奏でてきたのだと思いますよ。

この怒濤のような1年余りを、ヘトヘトになるまでかけずり回った妹さんが、今までの溜まった疲れで具合が悪くなってしまわないかと心配です。どうぞ、充分に労ってあげて下さい。

良かったですね~!

ホント、これで一安心ですね。良かった、良かった!

長かったこの1年が、家族の絆と真の幸福を考えさせる重要な時間だったと後で思い起こされるでしょう。

これで終わりではないし、まだまだ様々な予期せぬ事態に遭遇するかもしれませんが、なんとなくゲームのファーストステージクリアという気がします。当座の心配は減ったし、しばさんも妹さんもお父様もそれぞれ一息ついて、次のステージで戦う鋭気を養ってくださいね。

一致団結して困難に立ち向かう・・家族のあるべき姿を見せていただいた思いです。戸籍だ、苗字だ、墓だに拘る小心者の政治家に見て頂きたいくらいです。

理研ら、「Aβ43」をアルツハイマーの強力な病態促進因子であることを発見

はじめまして
将来のアルツハイマー治療に朗報です。
治療薬になるのは、何年先なんでしょう?
http://s.journal.mycom.co.jp/news/2011/07/05/006/index.html

コクリコ坂さんへ

はじめまして。このブログを書いているしばです。
新聞(少なくとも日経)にも載っていない最新情報を教えて頂き、本当にありがとうございます。
私たちとしては、コクリコ坂さんの仰る通り「で、薬は、いつ?!」と気が急きますね。でもこうして認知症医学も一歩一歩前進しているのは、朗報です。親の世代には、間に合わなかったけど、私の世代が高齢者になる頃には、期待できそうですね。
今後とも是非、色々教えて下さい。よろしくお願いします。

No title

こんばんは。
少しは落ち着かれたのでしょうか?
新しい環境に慣れるのは大変かと思いますが、穏やかな生活であってほしいですね。
私のような山野草入門者に、ねじ花は分かりやすいです。ランの仲間だというのは本で初めて知りました。

ノンタ2号さん

のんた2号さん、ありがとうございます。
6日中には、母の様子をお知らせしたいと思っています。

私が好きな花のサイトは、(もうご存知かな?)「季節の花300」です。 http://www.hana300.com/
名前別、月別など色々に分けられ、うんちくも豊富。見ているだけで楽しいサイトですよ。
のんた2号さんは、どんなご本を参考にされていますか?また是非教えて下さい。(私は、植物図鑑を眺めるのも好きです。)
毎日暑くて、奥様も奥様を介護されるのんた2号さんもしんどいことと思いますが、無理せずいきましょうね。お体を大切に!

No title

しばさんへ
ご紹介ありがとうございます。
山野草入門の時に、神田の古本屋さんで買ったのは、
1. 花歳時記大百科(北隆館)
1. 野草大百科(北隆館)
1. 日本の野草(山と渓谷社)
の3冊です。安くてよい本があったら教えてください。
(しばさんの現在の実家の状況は、昔の私の実家の状況に似ています。現在、両親は亡くなり、弟が難しい状況ですが)
私は、とことん無理をするタイプですので気をつけます。

のんた2号さん

さっそくありがとうございます!図書館に予約を入れます。
安くて良い本・・。すぐには思い浮かびませんが、見つけたらお知らせしますね。ネットの古本も著者が泣くような値段で買えますよね。

どこの家も、誰も、楽している人なんて、いなんでしょうね。
その苦労が、隠されているだけで・・。

とことん無理をするタイプ。危ないです。疲れさえ自覚できず、『まだ頑張れる!まだやれる!』と突き進んでいる内に、ある日突然、崩壊します。脅しではありません。私も突然(実際には徐々に進行していたんでしょうが、気が付きませんでした。)うつ病になり、たくさんのものを失いました。奥様のためにも定期的な健康診断とうつ病自己診断チェックを時々することを強く勧めます。http:/nonohana7.blog134.fc2.com/blog-entry-348.html
http://nonohana7.blog134.fc2.com/blog-entry-154.html
健康だけが頼りです。お互いに気を付けて、ゆっくりペースでいきましょう!
プロフィール

<しば>

Author:<しば>
私は認知症について希望を持てる情報を集め、共有している一介護家族です。医療・福祉の従事者ではありません。

特定の医師・治療法等へのこだわり、信仰する宗教はありません。
認知症に関連するビジネスもしていません。
掲載する情報は正確・公正であるよう努めています。

このブログ内の記事は、出典さえ書いて頂ければ、自由にコピーして資料等として使って頂いて構いません。リンクもご自由に。

’13年5月から「レビー小体型認知症介護家族おしゃべり会」(全国に広がる家族会)公式サイトに「しば記者デスク」「体験記」というコーナーを頂き記事を連載中。(こちらの記事は会に著作権があります。)

ツイッター:しば@703shiba

*レビー小体型認知症の症状やチェック方法は、カテゴリの一番上「症状チェック」を。


母 '05パーキンソン病と診断。’10.3月要支援2→要介護4へ激変。5月レビーと診断。2度の転倒骨折入院の後、自宅介護が困難に。8月末グループホーム入所。’11年3月に圧迫骨折で寝たきりに。7月特養入所・要介護5に認定。'12年要介護4に回復。’14年なぜか要介護5になるが穏やかで普通に会話が可能。
S13(1938)年生まれ。

父 ’10年9月ピック病(前頭側頭型認知症)と診断。
昭和2桁生まれ。

私 ’60年代生の女性。300km離れた所に住む。日々の介護はきょうだいに頼り’10年から月1回、’12年から1〜2ヶ月に1回帰省。

好きなこと:読むこと・書くこと・草花の写真を撮ること等々。

*記事に付けた花の写真は私が撮影したものです。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。