スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アルツハイマー新薬情報(朝日新聞から)

新薬メマリー(メマンチン)がレビー小体型認知症治療にも期待が持てるという記事を以前載せた。そのメマリーが、今月発売された。

アリセプト(ドネペジル)と同じ作用をするレミニール(ガランタミン)は、3月から発売されている。

新薬に関して、また予防研究に関して書かれた朝日新聞の記事を抜き書きしてご紹介する。(青字部分。ほぼ原文通り)


2011年6月14日の朝日新聞

   <アルツハイマー新薬続々  症状遅らす効果、貼り薬も登場>

 <複数の併用も可能>

今年3月にはアルツハイマー治療の新薬レミニール、6月にはメマリーが発売された。
7月には、効果が同じ2種類の貼り薬のイクセロンパッチとリバスタッチパッチが発売予定。いずれも欧米ではすでに広く使われている。

「いずれの薬も根治はできないが、症状を1~2年遅らせることができる。これまではアリセプトが効かなくなると他に治療がなかった。新薬の登場で選択肢が増えた意義は大きい」
(洛和会京都治験・臨床研究支援センターの中村重信所長)
アリセプト、レミニール、2種類の貼り薬は、基本的には同じ作用の薬。

レミニールは、アリセプトよりも効きが良いが、吐き気や徐脈など副作用が出ることがある」(中村所長)
アリセプトの効きが悪くなったらレミニールを服用するといった治療になるという。
少しづつ薬の量を増やすことで副作用を抑える。
貼り薬は、薬が飲めない人が対象。

メマリーは、他の薬と作用が違う。
他の薬は、症状が軽度~中等度の患者が対象だが、メマリーは中程度~重度が対象。

 <予防研究にも進展>

最近の研究で、脳にある微量のアミロイドβをポジトロン断層法(PET)で測ることができるようになった。
このため、症状が出る前にアミロイドβを測り、予防や治療につなげる試みも始まった。

「高血圧や高血糖がアルツハイマー病発症の危険性を高めるとされる。症状が出ない、軽度のうちから、運動や薬で血圧や血糖を下げれば発症が防げるかもしれない」
(東北大学加齢医学研究所荒井啓行教授)

現在、国内36カ所の研究機関で600人を対象にアミロイドβなどを測り、アルツハイマー病との関連を調べる研究が進んでいる。

だが、脳内にアミロイドβがたまっている人がどのくらいの割合で発症するか、どのくらいの期間経つと発症するのかなどわからないことが多い。
根本的な治療法がない現状で、結果だけを知らされれば、不安をあおることにもつながりかねない。
「現在は、診断法が治療法よりも進んでいる状態。医師が画像診断の結果を患者に伝える場合には、慎重な対応が必要だ」
(国立長寿医療研究センター脳機能画像診断開発部伊藤健吾部長)

P1020757.jpg
エケベリア。(多肉植物)
葉は花の向こうに写っているもの。
関連記事

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

パッチが発売されましたね!
うちの母のように服薬拒否したり、上手に飲めない患者には効果的だと思います。

それに、私のように薬感受性が強い人は、量を調節しやすいかも・・
私は咳止め用のホクナリンテープも子供用のパッチの1/4を貼って丁度良く、多すぎると心臓ドキドキ、頬は紅潮して手が震えます。

kimiさん

帰省して、母がよく服薬拒否をすることを初めて知りました。
今回初めて知ったことが色々あり、愕然としたり、対策を考えたり。

私も薬の副作用が激しく出る体質です。
パキシル(抗うつ剤)で重病人のようになりましたが、それ程の副作用が出るのは、千人に一人と医師に言われました。
プロフィール

<しば>

Author:<しば>
私は認知症について希望を持てる情報を集め、共有している一介護家族です。医療・福祉の従事者ではありません。

特定の医師・治療法等へのこだわり、信仰する宗教はありません。
認知症に関連するビジネスもしていません。
掲載する情報は正確・公正であるよう努めています。

このブログ内の記事は、出典さえ書いて頂ければ、自由にコピーして資料等として使って頂いて構いません。リンクもご自由に。

’13年5月から「レビー小体型認知症介護家族おしゃべり会」(全国に広がる家族会)公式サイトに「しば記者デスク」「体験記」というコーナーを頂き記事を連載中。(こちらの記事は会に著作権があります。)

ツイッター:しば@703shiba

*レビー小体型認知症の症状やチェック方法は、カテゴリの一番上「症状チェック」を。


母 '05パーキンソン病と診断。’10.3月要支援2→要介護4へ激変。5月レビーと診断。2度の転倒骨折入院の後、自宅介護が困難に。8月末グループホーム入所。’11年3月に圧迫骨折で寝たきりに。7月特養入所・要介護5に認定。'12年要介護4に回復。’14年なぜか要介護5になるが穏やかで普通に会話が可能。
S13(1938)年生まれ。

父 ’10年9月ピック病(前頭側頭型認知症)と診断。
昭和2桁生まれ。

私 ’60年代生の女性。300km離れた所に住む。日々の介護はきょうだいに頼り’10年から月1回、’12年から1〜2ヶ月に1回帰省。

好きなこと:読むこと・書くこと・草花の写真を撮ること等々。

*記事に付けた花の写真は私が撮影したものです。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。