スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

5月の帰省2日目(1)レビーの主治医と話す

母のレビーの診察のために妹とグループホームに行き、保険証と診察券をもらう。
ストレッチャーでしか移動できないので先月から母は連れて行かない。

母は、眉間にしわを寄せ、ひどく機嫌が悪い。
父が黙って帰った(妄想)と怒っている。
幻視の父だと説明するが、以前のようには理解も納得もしない。
私が居るのに「ちょっと!ちょっと!」と大きな声で何度でも職員を呼ぶ。
私「何?何がして欲しいの?」
母「・・・忘れた」

職員に症状を訊くと波がとても大きいという。
うつっぽくなって、「死にたい」と言う時もあれば、陽気に冗談を飛ばす時もある。
不機嫌でイライラしている時もあるが、以前のように泣くことはあまりないという。
夜は、なぜか寝る日が多くなった。


母のレビーの主治医に症状を伝える。
認知機能が落ちて、自分がどこに居るのかもわからなくなり、家に帰りたいと泣いて家族を困らせることもなくなった。
波はあっても平均すれば以前よりは、落ち着いているように見える。
薬は、先月同様、変えないことになった。

圧迫骨折で1ヶ月寝たきりだった母の廃用症候群のことを質問する。
医師「飲み込みも悪くなってくるだろうし、内蔵やあらゆる働きも衰えていくことは十分
   予測できるよね」
妹 「介護認定、今、要介護4ですけど、再申請した方がいいですか?」
医師「いいね。もう4じゃないでしょ。完全に5でしょ」

眼科医に白内障の手術を勧められていることに対して意見を訊く。
医師「無理でしょ。体力的にも無理だろうし、全身麻酔は無理。局所麻酔なら暴れるよ」
私 「暴れたら押さえる用意はあると眼科医は言っていました」
医師「眼科の医師は認知症を知らないから。診たことないでしょ?無理。無理だと思うよ」

父のことも相談する。1度しっかり検査をして薬物治療を始めた方が良くはないかと訊く。
「認知機能が落ちているのは間違いないと思うよ。でも前頭側頭葉変性症の症状が出てないんだよね。同じ時間に同じ行動を毎日繰り返すとか、誰でもわかる言葉の意味を訊くとかってないでしょ?まだ治療する段階でもない感じがするんだけどね」

前立腺の検査の話などを伝える。
「ここでは、”(認知症の)検査してく?”って訊いても、いつも”いいです。大丈夫です”って言ってさっさと帰っちゃうんだけどね。多分、恐いんだろうね」
父は、ここに来ると何の検査も診察も一切してくれないといつも文句を言っている。
父の言っていることと事実がまったく違うことを初めて知った。
「作話だよね。でも、病気じゃなくても作話のある人も中には居るしね」
私には、以前の父が嘘をついたという記憶がない。


帰宅して母の入所申し込みをしてある特別養護老人ホーム(特養)3カ所に電話をする。
状況が変わったら連絡をしろと言われている。
圧迫骨折のこと、寝たきりで全介助(トイレも食事も全て寝たまま人にしてもらう。)であること、グループホームなので体を拭くだけで、もう1ヶ月入浴していないこと、これからリハビリを始めるがどこまで回復するかわからないし、再び骨折する可能性がとても高いと言われていることなどを伝える。
1カ所のみ要介護5を認定されてから、それを証明する書類を持って来るようにと言われた。


P1020485.jpg
実家の近所の家に咲いていた。
ブラシの木に似ているが短い。
関連記事

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

<しば>

Author:<しば>
私は認知症について希望を持てる情報を集め、共有している一介護家族です。医療・福祉の従事者ではありません。

特定の医師・治療法等へのこだわり、信仰する宗教はありません。
認知症に関連するビジネスもしていません。
掲載する情報は正確・公正であるよう努めています。

このブログ内の記事は、出典さえ書いて頂ければ、自由にコピーして資料等として使って頂いて構いません。リンクもご自由に。

’13年5月から「レビー小体型認知症介護家族おしゃべり会」(全国に広がる家族会)公式サイトに「しば記者デスク」「体験記」というコーナーを頂き記事を連載中。(こちらの記事は会に著作権があります。)

ツイッター:しば@703shiba

*レビー小体型認知症の症状やチェック方法は、カテゴリの一番上「症状チェック」を。


母 '05パーキンソン病と診断。’10.3月要支援2→要介護4へ激変。5月レビーと診断。2度の転倒骨折入院の後、自宅介護が困難に。8月末グループホーム入所。’11年3月に圧迫骨折で寝たきりに。7月特養入所・要介護5に認定。'12年要介護4に回復。’14年なぜか要介護5になるが穏やかで普通に会話が可能。
S13(1938)年生まれ。

父 ’10年9月ピック病(前頭側頭型認知症)と診断。
昭和2桁生まれ。

私 ’60年代生の女性。300km離れた所に住む。日々の介護はきょうだいに頼り’10年から月1回、’12年から1〜2ヶ月に1回帰省。

好きなこと:読むこと・書くこと・草花の写真を撮ること等々。

*記事に付けた花の写真は私が撮影したものです。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。