スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

4月11日の記事「祈り(東日本大震災から1ヶ月)」への追記 芸術の力(音楽と絵画)

4月11日「祈り(東日本大震災から1ヶ月)」という記事を書きました。

そこに「シャコンヌ」と呼ばれるバッハの曲を入れました。
私の好きな曲ですが、とてもシリアスな旋律で、聴く方によっては、お辛くなる可能性もあると思いました。

それで、フォーレの「レクイエム」を付け加えました。
日野原重明医師が、著書の中で「自分の臨終の枕元で流してくれたら幸せにあの世に行ける」と書かれていた曲です。
本当に心の癒される、美しい、優しい曲です。
フォーレを聴いて、心安らかなひと時が過ごせますよう・・・。


  ♪<フォーレのレクイエム>透き通った美しい静かな歌曲でどなたが聞いても心の平
  安を感じられると思います。(YouTubeにつながります。)

  ♪<バッバ 無伴奏ヴァイオリンのためのソナタとパルティータ(シャコンヌ)
  苦難の人生を、傷付きながらも生き抜こうとするひたむきさを
 (私個人は)強く感じる曲です。(YouTube)
  聴く時の気分によっては、暗く辛い曲に聴こえてしまうかもしれません。    


DSCF8089.jpg
ルオー「ピエロ」
この絵のことについては多くは知りません。
ただ、昔、とても辛いことがあった時、ブリジストン美術館(東京駅の側)で、偶然この絵と出会いました。
この絵に『救われた』と体感した経験があります。(私は、何の信者でもありません。)
とても小さな絵です。常設されています。
関連記事

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

音楽の力

音楽には人を癒したり、元気づける力がありますね。
私も電力節約のため音楽を我慢していたら、精神的に暗くなってしまい、昨日久しぶりにQueenのCD(Jewels)を聞いたら、とても癒されました。特に let me live とか somebody to love 等のゴスペルっぽい曲。

因みに、普段からヘビメタ、ジャズ、ラテン、ハワイアン、バロックとその時の気分に合わせて聞いちゃいます。その時に聞きたいものが、体にいい曲なんです。

賛美歌には確かに心を癒す効果がありますね。お経を聞いてもあまり私は癒されないですが・・
そういえば、高校時代部活の合宿で、バレー部とバトミントン部女子が雑魚寝してた家庭科室に、誰かが持ってきたコーランのテープをかけたら、疲れすぎて眠れなかった全員がコロッと催眠術にかかったみたいに寝ちゃったことがありました。グレゴリオ聖歌にも同様の効果がありましたよ。しばさんのお母様には使えないかなぁ?

音楽の力

同じです!節電で暖房のない生活には耐えられても音楽の全くない生活には参りました。(乾電池すら売り切れで買えませんでしたしね)
私も去年から好きになったロックバンドがあるので、近々ご紹介したいと思います。

コーラン!懐かしい!マレーシアに2年間住んでいた時、日に5回、お祈りの時間を知らせるコーランが全世帯に聞こえる音量で街に流されていました。アラビア語で、全然意味はわからないのですが、美しい響きだといつも思っていました。(最初の一文は、「アラーは偉大である」です。)

母に、音楽は、どうでしょう・・。今までも色々な音楽を聴かせてみたのですが、あまり反応が良くないんです。「うるさい」とか「もういい」とか。元々音楽を聴く人ではなかったからでしょうか。


プロフィール

<しば>

Author:<しば>
私は認知症について希望を持てる情報を集め、共有している一介護家族です。医療・福祉の従事者ではありません。

特定の医師・治療法等へのこだわり、信仰する宗教はありません。
認知症に関連するビジネスもしていません。
掲載する情報は正確・公正であるよう努めています。

このブログ内の記事は、出典さえ書いて頂ければ、自由にコピーして資料等として使って頂いて構いません。リンクもご自由に。

’13年5月から「レビー小体型認知症介護家族おしゃべり会」(全国に広がる家族会)公式サイトに「しば記者デスク」「体験記」というコーナーを頂き記事を連載中。(こちらの記事は会に著作権があります。)

ツイッター:しば@703shiba

*レビー小体型認知症の症状やチェック方法は、カテゴリの一番上「症状チェック」を。


母 '05パーキンソン病と診断。’10.3月要支援2→要介護4へ激変。5月レビーと診断。2度の転倒骨折入院の後、自宅介護が困難に。8月末グループホーム入所。’11年3月に圧迫骨折で寝たきりに。7月特養入所・要介護5に認定。'12年要介護4に回復。’14年なぜか要介護5になるが穏やかで普通に会話が可能。
S13(1938)年生まれ。

父 ’10年9月ピック病(前頭側頭型認知症)と診断。
昭和2桁生まれ。

私 ’60年代生の女性。300km離れた所に住む。日々の介護はきょうだいに頼り’10年から月1回、’12年から1〜2ヶ月に1回帰省。

好きなこと:読むこと・書くこと・草花の写真を撮ること等々。

*記事に付けた花の写真は私が撮影したものです。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。