スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

手術で治る認知症 正常圧水頭症(その1)

手術で治る認知症として昨年、度々報道された正常圧水頭症。
主な症状は、認知症状、歩行障害、尿失禁。
母も昨年3月に症状が激変した時、この病気を疑われMRIを撮ったが、違うと言われた。
(この時は、脳に萎縮などの異常もなく「認知症とは思われない」と診断された。)

私は、正常圧水頭症は、MRIで簡単に診断ができるのだと思っていた。
けれども実際には、医師により言うことが、かなり異なるということがわかった。
レビー小体型認知症が、度々誤診され、中々正確な診断にたどり着けない状況とよく似ている。

それを非公開のコメントで教えて下さった「雪さん」の体験を(ご本人のご承諾を得たので)ご紹介したい。


雪さんのお義母様は、83才。5年ほど前から認知症状がある。
医師の診断は、脳梗塞による脳血管性の認知症。
(3軒の比較的有名な病院でMRIの検査を受けた結果。)
しかしお義母様の症状は、幻覚、夜に何度も起きる、小刻み歩行、尿失禁、便秘、薬剤に対する過敏な反応、体のこわばり、繰り返す転倒だった。

11月末に、初めて精神科、脳神経外科を受診。
そこで初めて、脳血管性認知症ではなく、レビー小体型認知症、正常圧水頭症の疑いを示唆される。
雪さんは、診断が医師によって違うことをまざまざと感じたという。

水頭症は、「MRIだけでは、断定できない。タップテスト(背中の脊髄から髄液を抜く)を行い、その後約2週間の状態を家族が観察し、効果が出れば水頭症、出なければ違う」と説明される。
(効果の出方には個人差があるという。)

試しに12月に3日ほど入院してタップテスト(背中の脊髄から髄液を抜く)を受けると、症状がかなり改善。
特に歩行。髄液を抜いたその日に自力で久しぶりに数歩歩く。
体のこわばりも消えたので服を着せるのも楽になった。
抜いたその晩に、3年前に亡くなったことすら忘れていた御主人を思い出して泣かれる。

体のこわばりや尿失禁がひどく介護も大変なので、1月に脳のシャント手術を受けることを決意された。

Part2に続く>

雪さんが教えて下さった突発性正常圧水頭症のサイトもご参考に。

追記:突発性正常圧水頭症とレビー小体型認知症の類似点と相違点こちら

追記:この記事にコメントを寄せて下さったhokehokeさん(医師)によると以下の通り(原文通り)です。
「正常圧水頭症も多くは画像診断で判るはずです。タップテストと言うのは、手術で改善する可能性があるか否かの判断のために行います。一部治療目的で行うこともあるようですが、何回もしないほうが良いと言われています。正常圧水頭症は、他の原因による認知症に合併することも多く、この場合は、手術で改善する可能性が低いことが多いようです。」
コメントはさらに他の認知症の画像診断に付いても詳しく書かれています。
雪さんのお義母様は、私の父(ピック病と診断)と同じように判断の付きにくい例だったのかも知れませんね。



関連記事

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

しばさん明けましておめでとうございます。今年もよろしくお願いいたします。お母様が穏やかに正月を過ごされたようで、良かったと思います。フェルガードの効果が出てき始めたのかもしれません。

今日の正常圧水頭症の方の話を読ませていただき、しばさんだけでなく、多くの方に知って欲しくて書き込みをさせていただきました。
認知症の診断についてです。

認知症の原因として多いものは、
アルツハイマー・脳血管性認知症・レビー小体型認知症・脳外科的認知症(正常圧水頭症・慢性硬膜下血腫・脳腫瘍など)・ピック病などが挙げられます。脳血管性認知症については、診断基準により頻度は変わりますが、純粋に脳血管性のみの方は少なく、アルツハイマーと合併している混合型やレビーに合併し、病状を悪化させることが多いです。
認知症ではないけれど、認知症と間違われやすく治療で治る病気としてうつ病(仮性認知症と言います)・甲状腺機能低下症などがあげらえます。
これらを区別するのは、各疾患による症状の違いを理解し、患者の家族(特に同居している方)から症状を確認することが重要です。
患者の家族の話を聞かない医師は、信用しないほうが良いでしょう。あと認知機能の低下を確認するため、改定長谷川式認知スケールや時計描画テストなどの認知機能検査の実施があります。これはうまくしないと、患者が医師への不快感を強め、その後の治療に差しさわりが出る場合がありますので、私は全員に行っていません。
CT・MRIなどの画像診断は、原因を判断するのに参考になりますが、認知症の画像診断について、きちんとした知識がないとかえって診断を間違える原因です。ただし脳外科的認知症は、画像診断を行わないと確定できません。正常圧水頭症も多くは画像診断で判るはずです。タップテストと言うのは、手術で改善する可能性があるか否かの判断のために行います。一部治療目的で行うこともあるようですが、何回もしないほうが良いと言われています。正常圧水頭症は、他の原因による認知症に合併することも多く、この場合は、手術で改善する可能性が低いことが多いようです。
私は、認知症診療に携わり始めた23年前は、まだ普及しておらず、一部の方のCTしか実施していませんでした。ここ10年ほどは在宅診療のため、CTなどの画像診断を行うことはほとんどありませんが、診断治療で困る場合は、ほとんどありませんでした。
このようなことを理解している医師は、専門医でもまだまだ少なく、認知症が始まっているのに、「なんともない」と診断したり、原因疾患を間違えるなどの悲劇が多いようです。
アルツハイマーの方は、認知症であることを家族も気づかずにいる場合が珍しくなく、BPSDもあまりないので、専門医を受診することはあまりないと思います。強い精神症状で専門医を受診するのは、アルツハイマー+脳血管性認知症や、アルツハイマーでアリセプトの副作用で、興奮したり多動・多弁になった方が多いです。あとはレビー小体型認知症となります。どちらかと言うとレビーの方が多いです。レビーは中枢神経系に作用する薬剤に対して過剰に反応したり、本来ない作用が出たり(奇異反応と言います)する薬剤過敏性が大きな特徴です。不適切な薬物療法(アリセプトの多量投与・リスパダール・抗うつ剤など)で悲惨な状態になっているケースも珍しくありません。
認知症の方を取り巻く医療環境は、以上のような悲惨な現状におかれています。認知症のことを理解し、適切な診断・治療ができる医師は、全国で100人もいないとも言われています。医師に対する認知症に関する教育システムも、非常にお粗末な状況です。
現在は、介護者が勉強していくしかないのが現状でしょう。

PS:お父様ですが、ピック病としては、短期記憶障害が強すぎます。行動パターンからアルツハイマーも考えにくく、おそらくアルツハイマーよりレビーや、アルツハイマーとレビーのmixと考えたほうが良いかも知れません。レビーの方の一部で、前頭葉上部の萎縮が非常に強い方がいますので、各疾患の画像の特徴を把握していない医師は、ピック病と診断する場合があります。
アルツハイマーの場合、脳の萎縮(特に海馬)が強い方が多いですが、海馬の萎縮が高度でも認知症でhない方や、ほとんど萎縮がなくともアルツハイマーの方まで様々です。このことを十分理解して、画像診断にあたらないと間違える原因となります。

hokehokeさんへ

新年のご挨拶ありがとうございます。こちらこそどうぞよろしくお願い致します。

貴重なコメント、本当にありがとうございました。
私も去年、両親の異常を見つけるまでは、認知症のことなど何も知らず、病院に行きさえすれば、正確に診断、治療をしてもらえるものと単純に信じていました。
実際には、家族(私)が、レビーではないかと言っているのに「そんなもの解剖しなきゃわからない。例えレビーだとしても薬も治療法もない」と言われたり、「幻覚を減らしましょう」とリスパダールを処方されて突然歩けなくなったり・・。

認知症患者の家族は、変わり果てた家族の姿を見ているだけでも辛く、強い精神的ショック、ストレスを受けているのに、自分で病気のこと、治療法、薬のことなど1から勉強しなければいけないという本当に大変な状況に置かれます。

父もそうでしたが、病院に連れて行くという第一歩からして困難を極めることも多いと思います。(友人のお父様も「俺は、病気なんかじゃない!」と暴れるので、5分と記憶が保てない今に至るまで一度も診察を受けた事がなく、介護サービスも受けられずにいます。)
一体全国でどれだけ多くの方々が、こうした様々な困難に直面していらっしゃるかと思うと暗たんたる気持ちになります。


父は、レビーの可能性が高いというご指摘ですが、それを確かめる手段はありませんね?
父(記憶と判断力のみ問題)と母(幻覚、パーキンソン症状が出て、記憶障害は中々出なかった)は、全く違う症状で、この2人が同じ病気だとすると、レビーというのは、私の想像をはるかに越えた個人差の大きい病気だったのかとあらためて驚いています。

No title

hokehoke先生、しばさん、
とても参考になるコメントありがとうございます。
改めてインターネットというツールにも感謝しました。

MRI、CTの画像ですが、病院から借りたものが手元に8枚ほどあります。もの忘れ科という内科で撮ってもらったものでした。今年の4月に失神して倒れたときは(今思えばレビーの症状)即入院になり、診断は「尿路感染症では?」ということでした。そのときに撮ったCT、MRIが、一番顕著に水頭症の症状がわかります。(H18にも撮っているので比較もしやすい)脳のシワが写っておらず、パンパン。脳にダムのように水が溜まっているのがわかります。その病院に対してはもう怒ったりはしておらず、画像を撮っておいてくれただけで御の字と思うことにしました。ただ、母が入ったグループホームがその病院に救急や往診をお願いしているのがネック。いずれ退所することになると思われます。

しばさんのお父様の件でhokehoke先生がしていらっしゃるコメントで、少しピンときたものがあります。実は、母は言語障害が酷いのですが、先日、脳神経外科の先生が一緒に画像を見ながら説明してくれたところによると、確か左前頭葉に脳の萎縮がみられるということでした。

話は戻りますが、タップテストを3日してみて成果が得られたので、脳のシャント手術に望むことも家族としては決心がつきました。

前出の病院では幸か不幸かアリセプトを飲んでいなかったので、現在は0.12mg飲ませています。それと、タップテストの後はフェルガードは飲まずに様子を見て、一応、観察した結果をまとめ、その後にフェルガードを飲み始めました。

家から車で15分ほどの精神科の先生、その先生の紹介で埼玉の脳神経外科の先生が連携をとって診てくれているのでとても心強いです。どちらともコノノメソッド実践医の方です。ニコリンも定期的に注射してみたりしています。

それと、しばさんの日記で姉の介護5年とありましたが、そのうち2年は胃がんの父の介護に家族が没頭していたので、母はほとんどほっておかれるという状況でした。

以上です!!

長文お許しください。

雪さん

コメント本当にありがとうございます。

今日(1月5日)の記事に書きましたが、母のグループホームのかかりつけ医もあまり信頼できない所で不安を感じます。(入所した時には、レビーもその内科医にかからなければダメだと言われ、ショックを受けましたが、結局それは免れました。)

雪さんの書かれた「コノノメソッド実践医」は、正しくは、「コウノメソッド実践医」ですね。
(名古屋フォレストクリニック院長・河野和彦氏の「認知症薬物マニュアル コウノメソッド(ネット上で公表)」に添った治療をする医師)
hokehoke先生もコウノメソッド実践医でいらっしゃると思います。
プロフィール

<しば>

Author:<しば>
私は認知症について希望を持てる情報を集め、共有している一介護家族です。医療・福祉の従事者ではありません。

特定の医師・治療法等へのこだわり、信仰する宗教はありません。
認知症に関連するビジネスもしていません。
掲載する情報は正確・公正であるよう努めています。

このブログ内の記事は、出典さえ書いて頂ければ、自由にコピーして資料等として使って頂いて構いません。リンクもご自由に。

’13年5月から「レビー小体型認知症介護家族おしゃべり会」(全国に広がる家族会)公式サイトに「しば記者デスク」「体験記」というコーナーを頂き記事を連載中。(こちらの記事は会に著作権があります。)

ツイッター:しば@703shiba

*レビー小体型認知症の症状やチェック方法は、カテゴリの一番上「症状チェック」を。


母 '05パーキンソン病と診断。’10.3月要支援2→要介護4へ激変。5月レビーと診断。2度の転倒骨折入院の後、自宅介護が困難に。8月末グループホーム入所。’11年3月に圧迫骨折で寝たきりに。7月特養入所・要介護5に認定。'12年要介護4に回復。’14年なぜか要介護5になるが穏やかで普通に会話が可能。
S13(1938)年生まれ。

父 ’10年9月ピック病(前頭側頭型認知症)と診断。
昭和2桁生まれ。

私 ’60年代生の女性。300km離れた所に住む。日々の介護はきょうだいに頼り’10年から月1回、’12年から1〜2ヶ月に1回帰省。

好きなこと:読むこと・書くこと・草花の写真を撮ること等々。

*記事に付けた花の写真は私が撮影したものです。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。