スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

早期からレビー小体型を疑って注意深い治療を

ながみつクリニック(山口県防府市)の 長光勉院長が医師向けに書かれた論文をご本人から見せて頂きました。とても重要なことですので、ご本人の許可を得て、一部を抜粋し、一部を一般向けの言葉に書きかえて掲載させて頂きます。
…………………………………………………………………………………………………………

レビー小体型認知症は、初期には正しく診断されず、苦しむ患者が、依然として多い。
パーキンソン病と誤診されると パーキンソン治療薬によってさらなる幻視に苦しみ、
集中力低下うつ症状うつ病と誤診されると、抗うつ剤でさらに悪化
幻視などから統合失調症老人性精神病と誤診されることもある。

<早期からレビー小体型認知症を疑って対処するメリット>
抗認知症薬による改善や進行を遅らせることが期待できる。
薬剤過敏を持つ患者にも細やかな適量薬剤治療ができる。
パーキンソン症状自律神経症状への生活指導や薬物治療による対策が可能となる。

レビー小体型認知症は、記憶障害が出る(平均)約9年前から便秘臭覚障害が出る。
うつも平均4.8年前から出る。汗や唾液が多いなどの症状も。

レム睡眠行動異常症(障害)は、レビー小体型認知症の早期診断に重要な症状。これがあれば、便秘、臭覚低下、唾液の多さ、立ちくらみ失神などを確認することは重要。

幻視は、パーキンソン病の治療薬の副作用でも起こるが、原因となる薬剤を中断しても幻覚がなくならないのがレビー小体型認知症の特徴。

レビー小体型認知症では、半数近くの患者に薬剤過敏性があるという報告がある。
うつに対しても通常量ではかえって悪化し、増量や他剤の追加でさらに不調となる例も多く、少量の薬剤短期間治療するなどの工夫が必要。

レビー小体型認知症の患者は、診断基準を満たさない初期から生活に支障をきたし苦しんでいる。確定診断に至る前から「レビー小体型認知症かも」という視点を持って治療することが医師に求められる


高齢者と薬の副作用について解説(竹内和彦氏)認知症アシストフォーラム

<関連記事>
レビー小体型認知症の「薬に弱くなる特徴」(薬剤過敏性)とは
レビー小体型だけでなく全ての高齢者が気をつけるべき薬一覧
レビー小体型認知症へのアリセプト処方で起こりやすい副作用(製薬会社発表)
薬の副作用で起こる症状とは、具体的にどんなものなのか?

関連記事

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

レビーを知っている人間にとって当たり前のことを、多くの専門家が知らないと言うのが現状なのでしょう。
最近、放射線医学総合研究所でタウイメージングと言う手法が開発され、アミロイドイメージングと合わせて、脳内に蓄積する異常物質の解析が生前から可能になりました。
この放医研の研究で、レビーとアルツハイマーのβアミロイドが蓄積する領域は、一致している事。
レビーの一部では、βアミロイドの蓄積を認めない事など、今までの病理学的な知見に一致する結果が得られているようです。
この放医研の発表では、レビーは薬剤(コリンエステラーゼ阻害薬)に反応が良く進行も遅いタイプと、脳内のタウ蓄積が広範囲かつ高度であり進行が速く薬剤に反応しない悪性レビーとに判られると言う事でした。(これは友人からある学会で発表されたものを教えていただいたもので、論文の発表はまだの様です)
悪性レビーと思われるケースを、多数診察していました。悪性レビーは、進行が速く、寝たきりになるまでの期間が異常に短いのが特徴と考えられます。私の経験したケースの多くは、自宅で室内での生活がほぼ自立していたケースで誤嚥性肺炎などにより入院後短期間で寝たきりになるケースです。療養型病床で仕事をしていた時は、入院患者の半数以上がこの悪性レビーと思われます。これらのケースで寝たきりになるまでの時間は、最短2週間でした。平均すると1~3か月程度だったと思います。
在宅や外来で担当したケースでも、進行が異常に早く治療抵抗性が強い印象です。フェルガードでも全く効果が無かったケースさえいます。
最近もリバスタッチやフェルガードで自律神経障害を含め改善し、グルタチオンで歩行も優位に改善したケースが、あっという間に悪化してしまいました。悪性レビーへ移行したと考えられます。
おととしの冬は、異常気象が続いたのですが、この時レビーが悪性化したと思われるケースが多かったです。自律神経障害から脳の血流不全が、悪性化の大きな誘因と考えていましたが、放医研の研究と最近経験したこのケースでは、脳の血流不全とは無関係に悪性化していると感じています。脳の血流不全は、悪性化した場合進行を早めているとは思いますが・・・。

No title

コメントありがとうございました。
最近、「遅発性アルツハイマー病では、しばしばレビー小体病変が認められる。
韓国・仁済大学校医科大学のEun Joo Chung氏らは、レビー小体病変の存在がADの臨床表現型や症状進行に影響を及ぼすかどうかを検討」という記事を見かけました。(内容までは読んでいません。)
https://www.carenet.com/news/general/carenet/40128

色々な研究が進むことで、レビーとアルツハイマー病の関係、
「悪性化」の仕組み(その予防や治療法)が、一日も早く解明されることを願います。
プロフィール

<しば>

Author:<しば>
私は認知症について希望を持てる情報を集め、共有している一介護家族です。医療・福祉の従事者ではありません。

特定の医師・治療法等へのこだわり、信仰する宗教はありません。
認知症に関連するビジネスもしていません。
掲載する情報は正確・公正であるよう努めています。

このブログ内の記事は、出典さえ書いて頂ければ、自由にコピーして資料等として使って頂いて構いません。リンクもご自由に。

’13年5月から「レビー小体型認知症介護家族おしゃべり会」(全国に広がる家族会)公式サイトに「しば記者デスク」「体験記」というコーナーを頂き記事を連載中。(こちらの記事は会に著作権があります。)

ツイッター:しば@703shiba

*レビー小体型認知症の症状やチェック方法は、カテゴリの一番上「症状チェック」を。


母 '05パーキンソン病と診断。’10.3月要支援2→要介護4へ激変。5月レビーと診断。2度の転倒骨折入院の後、自宅介護が困難に。8月末グループホーム入所。’11年3月に圧迫骨折で寝たきりに。7月特養入所・要介護5に認定。'12年要介護4に回復。’14年なぜか要介護5になるが穏やかで普通に会話が可能。
S13(1938)年生まれ。

父 ’10年9月ピック病(前頭側頭型認知症)と診断。
昭和2桁生まれ。

私 ’60年代生の女性。300km離れた所に住む。日々の介護はきょうだいに頼り’10年から月1回、’12年から1〜2ヶ月に1回帰省。

好きなこと:読むこと・書くこと・草花の写真を撮ること等々。

*記事に付けた花の写真は私が撮影したものです。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。