「認知症の人にやさしいまちづくりガイド」

追記:毎日発信している認知症情報は→twilogをご覧下さい
……………………………………………………………………………………………

認知症になっても大丈夫な地域、社会をつくるためのガイドブックができました。
私たちの親が、家族が、自分が、認知症になっても安心して、生き生きと自分の町で
暮らし続けられる社会をつくるヒントが、ぎっしりと詰まっています。

    認知症の人にやさしいまちづくりガイド
    セクター・世代を超えて、取り組みを広げるためのヒント


写真が多く、わかりやすく、楽く、色々な勉強会でもテキストとして活用できそうです。

     ★ 全ページ無料公開。ダウンロードできますこちら

    < 内容は 〜目次から〜 >
  データで見る認知症 / 認知症の人から見たまちの状況(アンケート調査)
  認知症の人にやさしいまちづくり 6つの課題 / まちづくりのヒント①②③
  英国 認知症フレンドリーコミュニティを加速させる仕組みづくり
  まちづくりの課題を突破する6つのヒント

    < 作ったのは >
  国際大学グローバル・コミュニケーション・センター
  認知症フレンドリージャパン・イニシアチブ
  協力:スマートエイジング 浜銀総合研究所 富士通研究所
   (平成26年度厚生労働省老人保健健康増進等事業。
    認知症の人にやさしいまちづくりの推進に関する調査研究事業)

423225c5.png
(写真は→認知症フレンドシップクラブの公式サイトから)

超高齢化社会を前に、私たちは、今、発想を変えるべき所に来ています。
高齢になることが、認知症になることが 問題なのでは ありません。
病気になったり、障害を持った途端に、それまでの、自分らしい、普通の生活
できなくなる 社会のあり方が 問題なのです。そして それは 変えられます

★ずっとご紹介してきた「旅のことば—認知症とともによりよく生きるためのヒント」
 も来月から発売アマゾン(予約受付中)  →内容詳細が分かるスライド
 認知症と診断された本人にも家族にもこの社会の誰にも知恵を与えてくれます。
 こちらのスライドも是非↓

関連記事

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

<しば>

Author:<しば>
私は認知症について希望を持てる情報を集め、共有している一介護家族です。医療・福祉の従事者ではありません。

特定の医師・治療法等へのこだわり、信仰する宗教はありません。
認知症に関連するビジネスもしていません。
掲載する情報は正確・公正であるよう努めています。

このブログ内の記事は、出典さえ書いて頂ければ、自由にコピーして資料等として使って頂いて構いません。リンクもご自由に。

’13年5月から「レビー小体型認知症介護家族おしゃべり会」(全国に広がる家族会)公式サイトに「しば記者デスク」「体験記」というコーナーを頂き記事を連載中。(こちらの記事は会に著作権があります。)

ツイッター:しば@703shiba

*レビー小体型認知症の症状やチェック方法は、カテゴリの一番上「症状チェック」を。


母 '05パーキンソン病と診断。’10.3月要支援2→要介護4へ激変。5月レビーと診断。2度の転倒骨折入院の後、自宅介護が困難に。8月末グループホーム入所。’11年3月に圧迫骨折で寝たきりに。7月特養入所・要介護5に認定。'12年要介護4に回復。’14年なぜか要介護5になるが穏やかで普通に会話が可能。
S13(1938)年生まれ。

父 ’10年9月ピック病(前頭側頭型認知症)と診断。
昭和2桁生まれ。

私 ’60年代生の女性。300km離れた所に住む。日々の介護はきょうだいに頼り’10年から月1回、’12年から1〜2ヶ月に1回帰省。

好きなこと:読むこと・書くこと・草花の写真を撮ること等々。

*記事に付けた花の写真は私が撮影したものです。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR