スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

若年性レビー小体型認知症 うつ病に誤診(読売新聞記事)

追記:毎日発信している認知症情報は→twilogをご覧下さい
……………………………………………………………………………………………

2015年3月26日付読売新聞「医療ルネサンス」若年認知症5回シリーズの2回目。
記事から一部抜粋一部要約。(記事全文は、読売新聞のサイトで有料)

    < 誤診され薬で副作用 >

樋口直美さん(52)は、頭痛だるさ不眠などに悩まされ、2004年に地元病院の精神科を受診。うつ病と診断された。
処方された抗うつ剤を飲み続けたが、眠さ意識がもうろうとする状態が続いた。
医師は「そんな副作用は千人に一人」と取り合わず、薬は増量され、症状は悪化した。
抗うつ剤治療は約6年間続いた。

2012年、綿くずが、はうに見え、レビー小体型の症状とそっくりだと気づいた。
認知症で実績のある病院を受診して、レビー小体型認知症と診断された。

以前から存在しないはずの人が車の助手席に見えたり、細長い看板を人に見間違えたりしたことがあったが、単なる目の錯覚だと思っていた

若年認知症の3〜4%がレビー小体型だが、実際は、もっと患者が多いとの指摘もある。

にうなされて叫んだり暴れたりする場合もある。(レビー症状一覧こちら
見た目が表情に乏しく、元気がないことから、うつ病と誤診されやすい

しかし、レビー小体型は薬が効き過ぎる傾向があり、抗うつ剤だけでなく、睡眠薬などでもひどい副作用が出ることがある

樋口さんは現在、三軒茶屋なかむらメンタルクリニック(東京都)で治療している。
レビー小体型は、自律神経障害を伴うことも多く、倦怠感低血圧に悩まされることもあるが、幻視はなくなった

院長の中村聡さんは「若年認知症の診断は難しいケースが多いが、抗うつ剤増量しても効果がなく激しい副作用が出たら、認知症も疑ってみるべきだ」と指摘する。


<関連記事>
2分でわかるレビー小体型認知症(重要記事へのリンクも)
レビー小体型認知症が誤診されやすい病気一覧
「レビーフォーラム2015」での樋口直美さんの講演全文
若年性レビー3人の体験談リンク集(Kさんが、樋口直美さん)
その他の若年性認知症体験談リンク集(認知症種類別 5種類)

関連記事

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

<しば>

Author:<しば>
私は認知症について希望を持てる情報を集め、共有している一介護家族です。医療・福祉の従事者ではありません。

特定の医師・治療法等へのこだわり、信仰する宗教はありません。
認知症に関連するビジネスもしていません。
掲載する情報は正確・公正であるよう努めています。

このブログ内の記事は、出典さえ書いて頂ければ、自由にコピーして資料等として使って頂いて構いません。リンクもご自由に。

’13年5月から「レビー小体型認知症介護家族おしゃべり会」(全国に広がる家族会)公式サイトに「しば記者デスク」「体験記」というコーナーを頂き記事を連載中。(こちらの記事は会に著作権があります。)

ツイッター:しば@703shiba

*レビー小体型認知症の症状やチェック方法は、カテゴリの一番上「症状チェック」を。


母 '05パーキンソン病と診断。’10.3月要支援2→要介護4へ激変。5月レビーと診断。2度の転倒骨折入院の後、自宅介護が困難に。8月末グループホーム入所。’11年3月に圧迫骨折で寝たきりに。7月特養入所・要介護5に認定。'12年要介護4に回復。’14年なぜか要介護5になるが穏やかで普通に会話が可能。
S13(1938)年生まれ。

父 ’10年9月ピック病(前頭側頭型認知症)と診断。
昭和2桁生まれ。

私 ’60年代生の女性。300km離れた所に住む。日々の介護はきょうだいに頼り’10年から月1回、’12年から1〜2ヶ月に1回帰省。

好きなこと:読むこと・書くこと・草花の写真を撮ること等々。

*記事に付けた花の写真は私が撮影したものです。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。