レビーフォーラム2015 当事者の講演⑨最後に

⑧からの続き。 レビー小体型認知症と生きる樋口直美さんの講演。
……………………………………………………………………………………………

今日は、私の症状や経過は、ほんの一部しかお話できませんでした。
CMではありませんが…「続きは、WEBで」。 
検索で、「若年性レビー小体型認知症 体験談」と入れて頂けたら出て来ます。

おすすめしたい作品はいくらでもありますが、
ここでは、私が直接かかわったものだけを簡単にご紹介します。

上の3つは、私の体験談や症状を詳しくお話ししています。(→ →ディペックス
掲示板は、まだ助走の段階ですが、同じ病気の方に是非気軽に参加して頂きたいと思っています。心からお待ちしています。

「3つの会」は、若年性アルツハイマー病の方が多いですが、ご苦労やお気持ちがよく分かる掲示板です。
「旅のことば」「ためしてガッテン」は、取材に協力しました。
両方とも素晴らしいです。    
家族会のサイトには、先程お話しした薬の情報など色々役に立つ情報があります。

写真参考文献一覧1_convert_20150203100444

私は、正しい診断まで10年かかり、今日はあまりお話ししませんでしたが、
その間に、たくさんのものを失いました。
でも正しく診断されて、適切な治療を始めたことで、病気は改善し始めました

この病気になったことで、素晴らしい人たちとも出会えました
家族も含めて、人ほど、温かく、有り難く、大切なものはないと知りました。
 
世界も、違って見えるようになりました。
本やドラマは、以前よりずっと深く、味わえるようになりました。

去年の春見た若葉は、一生で見た一番美しい若葉でした。
有り得ないほど美しいと思いました。      
今は、青空を見る度に、心から美しいと思います。  
病気をする前には、わからなかったことです。   

病気になって良かったかと聞かれれば、「良かった」とは、まだ言えませんが、
今、私は、とても幸せです。 

これからも、体の中の「飼いトラ」と上手に付き合いながら、
笑顔で、堂々と生きていきたいと思っています。  

一人でも多くの方が、この病気を知り理解し、この病気と生きている沢山の人たちと
その家族のサポーターになって頂けたら、こんなに嬉しいことはありません

<終わり>


<関連記事>
レビー小体型認知症本人のための掲示板
樋口直美さんの体験談No.1 
とても役立つ認知症 無料動画集
2分でわかるレビー小体型認知症
レビー小体型認知症の診断が難しい6つの理由
関連記事

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

<しば>

Author:<しば>
私は認知症について希望を持てる情報を集め、共有している一介護家族です。医療・福祉の従事者ではありません。

特定の医師・治療法等へのこだわり、信仰する宗教はありません。
認知症に関連するビジネスもしていません。
掲載する情報は正確・公正であるよう努めています。

このブログ内の記事は、出典さえ書いて頂ければ、自由にコピーして資料等として使って頂いて構いません。リンクもご自由に。

’13年5月から「レビー小体型認知症介護家族おしゃべり会」(全国に広がる家族会)公式サイトに「しば記者デスク」「体験記」というコーナーを頂き記事を連載中。(こちらの記事は会に著作権があります。)

ツイッター:しば@703shiba

*レビー小体型認知症の症状やチェック方法は、カテゴリの一番上「症状チェック」を。


母 '05パーキンソン病と診断。’10.3月要支援2→要介護4へ激変。5月レビーと診断。2度の転倒骨折入院の後、自宅介護が困難に。8月末グループホーム入所。’11年3月に圧迫骨折で寝たきりに。7月特養入所・要介護5に認定。'12年要介護4に回復。’14年なぜか要介護5になるが穏やかで普通に会話が可能。
S13(1938)年生まれ。

父 ’10年9月ピック病(前頭側頭型認知症)と診断。
昭和2桁生まれ。

私 ’60年代生の女性。300km離れた所に住む。日々の介護はきょうだいに頼り’10年から月1回、’12年から1〜2ヶ月に1回帰省。

好きなこと:読むこと・書くこと・草花の写真を撮ること等々。

*記事に付けた花の写真は私が撮影したものです。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR