映画上映・講演会お知らせ+ヘルプマーク

追記:安らぎと癒しの音楽をもう1つ追記しました。記事の一番下です。
………………………………………………………………………………

注目イベント:9月28日(日)11am〜 日比谷にて映画上映会。
    「妻の病ーレビー小体型認知症ー」(伊勢真一監督 最新作) (→私の感想
                問い合わせ・申込み→こちら

     < 都内の認知症関連行事を3つご紹介 >

 *2014年9月19日(金)2pm〜 都医学研都民講座(無料)新宿にて。
   「若年性認知症を地域で支えるために」
   池田学教授講演。詳細と申込み方法→こちら

  *9月14日(日)市民フォーラム(無料)丸の内の東京国際フォーラムにて。
    本間昭氏(認知症ケア学会理事長)・大久保満男氏(日本歯科医師会会長)
    「認知症と歯科医療・噛む力」詳細と申込→こちら

  *7月に開催された「認知症フレンドリージャパン・サミット」の詳細→こちら
   「専門家だけでなく、みんなでアイデアを持ち寄り、創造しよう!」
     という明るくワクワクするような取り組みを紹介した
      ネットマガジン(cococolor)の記事です。
    認知症を「特別な人たちへの対応」として考えるのではなく、
     認知症の人たちも「普通に」暮らせる「認知症フレンドリー社会」
      の実現を目指そう
と呼び掛けている
      「認知症フレンドリージャパン・イニシアチブ(DFJI)」主催。


  < 一人でも多くの方に知って欲しい!使って欲しい!全国に普及を! >
ges.jpeg
 最近知った東京都作成の「ヘルプカード」「ヘルプマーク」。
外見からは、援助や配慮を必要としていることが分からない方々が、
 周囲の方々の援助や配慮を得やすくなるように作成したマーク」だそうです。
目に見えない辛い病気障害を持った方々、妊婦用だそうです。もちろん認知症も!
都営地下鉄の駅などで無料配布
          →ヘルプマークとは(配布場所)  →詳細
herupumaaku.gif
レビー小体型認知症の場合、一見健康そうに見えたとしても
 ●非常に疲れやすく体調急変しやすい(突然の失神も)→詳細
 ●パーキンソン症状があれば、非常に転倒しやすく頭部顔面の怪我が多い→詳細 漫画
 ●乗り換えや方向が、突然分からなくなったりする場合があります。

ご本人達は、常に不安恐れと闘いつつ電車バスに乗っています。
席を譲ったり、困っているようであれば、笑顔でさりげなく(大声でなく)
何か、お手伝いできることが、ありますか?」とお声掛けを。

         < 安らぎの歌を >

   「千と千尋の神隠し」の主題歌「いつでも何度でも」(→歌詞
    を外国人女性、Erutanが美しく歌った動画をどうぞ(日本語)→YouTube

 追記:夢のような積志リコーダーカルテットの演奏もどうぞ→YouTube

<関連記事>
認知症をテーマにした映画集
とても役立つ認知症 無料動画集
認知症Q&A 認知症を疑ったら・診断されたらまず何をする?
レビー小体型認知症 初めの一歩 まずここから読もう!
認知症の種類別(5種類)本人と介護家族の体験談集
疲れた時に効く自然音と映像集
関連記事

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

こんにちは!

「千と千尋の神隠し」の主題歌「いつでも何度でも」
大好きなんです。

「ゼロになるからだ」のあたりの感性がすごい!
「ゼロになるこころ」ではないんですね。

あまりに好きすぎて、ヒーリングハープを始めようと思ったほど。でも、練習用に数十万のハープを購入しないと難しい、とわかり、断念!

ああ、単純!


Erutanさん、素晴らしいですね。
声も清流のようだし、ケルト神話の歌姫みたいです!

彼女は何者なのでしょう?



いつでも何度でも

MKさんもでしたか〜。

私も最初に映画の中で聴いたとき、衝撃をうけました。
こんなすごい歌詞の歌は、ないですよね。

RADWIMPSという若者に人気のロックグループがあるんですが、
ボーカルの野田洋次郎さんのつくる歌詞もすごいですよ。

あの小さなハープは、そんなにするんですか?!
楽器は、いいんですよ〜、心にも脳にも。

数十万円は、ちょっと(相当)痛いですが、
自分が『好きだ〜!!やってみたい〜!!』と、心の底から思ったことは
あきらめるよりは、思い切ってやってみることを おすすめしますよ。

それは、何よりも、毎日の生活(つまりは人生)をゆたかにしてくれますから。

あ。でも差し当たり、すぐ出来るのは、
リコーダーとか、ハーモニカとかで
吹いてみることでしょうか?
これもやってみると中々に幸せになれるものですから。

リコーダーの凄さがわかる動画を記事の中に追記しておきますね。
kimiさんから教えて頂いたカルテットです。

Eutanさんのことは、私も知らないです。
他にも注目の歌姫がいるんですが、名前、忘れました。
後で思い出したら、追記しますね。



プロフィール

<しば>

Author:<しば>
私は認知症について希望を持てる情報を集め、共有している一介護家族です。医療・福祉の従事者ではありません。

特定の医師・治療法等へのこだわり、信仰する宗教はありません。
認知症に関連するビジネスもしていません。
掲載する情報は正確・公正であるよう努めています。

このブログ内の記事は、出典さえ書いて頂ければ、自由にコピーして資料等として使って頂いて構いません。リンクもご自由に。

’13年5月から「レビー小体型認知症介護家族おしゃべり会」(全国に広がる家族会)公式サイトに「しば記者デスク」「体験記」というコーナーを頂き記事を連載中。(こちらの記事は会に著作権があります。)

ツイッター:しば@703shiba

*レビー小体型認知症の症状やチェック方法は、カテゴリの一番上「症状チェック」を。


母 '05パーキンソン病と診断。’10.3月要支援2→要介護4へ激変。5月レビーと診断。2度の転倒骨折入院の後、自宅介護が困難に。8月末グループホーム入所。’11年3月に圧迫骨折で寝たきりに。7月特養入所・要介護5に認定。'12年要介護4に回復。’14年なぜか要介護5になるが穏やかで普通に会話が可能。
S13(1938)年生まれ。

父 ’10年9月ピック病(前頭側頭型認知症)と診断。
昭和2桁生まれ。

私 ’60年代生の女性。300km離れた所に住む。日々の介護はきょうだいに頼り’10年から月1回、’12年から1〜2ヶ月に1回帰省。

好きなこと:読むこと・書くこと・草花の写真を撮ること等々。

*記事に付けた花の写真は私が撮影したものです。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR