FC2ブログ

運転を止めさせる条件 リハビリに伴う危険を父が理解 28日から帰省

車の運転を止めさせるに関して書き忘れた大切なことを書きます。
(コメントには、既にクリさんから書き込んで頂いたのですが・・)

運転を止めさせる前に、車を運転しなくても困らない状況を周囲が作るということです。
誰かが必要な時にいつでも代わりに運転してあげる・・・。
しかしこれが、難しい!
同居の専業主婦(家に居ることが多いという条件付き)が居れば可能かもしれませんが、父の場合は、タクシー以外、何かあるでしょうか?
基本的に倹約家(病気のために浪費家にもなっていますが)の父は、タクシーなど絶対に使わないと思います。
ヘルパーさんの運転代行?(ありますか?)10人位のボランティア運転手を集めて、必要な時に誰か一人に来てもらうとか?これもメールを一斉送信することができない父には、無理。他に手は・・?
ひとまずタクシーを利用するよう、膨大な時間をかけて説得していくしかないのでしょう。

今朝、父と電話で話し、リハビリに伴う骨折の危険性について初めてしっかり聞いてくれました。
今まで、その話をしようとするだけで「俺が付いていれば骨折なんて絶対しない!」と怒って電話を切ってしまっていたんです。
「歩こうという意欲が高まれば、一人で勝手に立って歩こうとするよ。必ず転んで骨折するよ。それでもリハビリをしていいんですね?って念を押されているんだよ」
父はしばらく絶句していましたが「じゃあ、どうすりゃいいんだ?!」
「歩くことは意識させずに、今ある”人に支えられて立てる力”を保てるだけのリハビリをすればいいと思うよ」
「じゃ、お母さんは、歩けないのか?可哀想じゃないか!・・・まぁ、いい。また考えておく」と電話はいつものように一方的に切られました。
しかし父と久しぶりにかみ合った会話ができた気がします。

明日28日(午後)から10月2日まで帰省します。ついに今月3度目の帰省ですね。
今回は父との話し合いが中心になると思います。




試しに始めてみました。ランキングというのは、ちょっと抵抗があるのですが
これをクリックして頂けるとどの記事に訪問の方が多いか等が分かるようです。
今後書く記事の参考にしたいと思っています。
クリック、どうぞよろしくお願いします。
しば


関連記事

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

ご苦労様です。頭が下がりっぱなしです。

車が要らない生活

東京の区部と地方では、車の用途や使用頻度が違うから、我が家のケース(車の運転を親族が代行)は難しいでしょう。
我が家では、ちょっと離れた(車だと1時間弱、電車だと1時間半。実際はそんなに距離が無いけれど、東京は時間がかかる)所に舅が一人暮らしでした。仕事で使う以外は、私たちの所へ来る時や、田舎へお墓参りに行くぐらいです。
夫と一緒に仕事をしていたので、舅の仕事を減らし、電車で行ける仕事のみにしたり、車が必要な時は、始発電車で舅の元へ行き、鍵を受け取っていました。
このように、「車を運転しなくても困らない状況を作る」ために、運転を代行すると同時に、車を必要としないライフスタイルに変えていきました。

妹さんとお父様の相性や仕事内容にもよるでしょうが、妹さんが専従者として家業を手伝い、給料を貰うという方向は無理ですか?給料にすれば、必要経費として税制上も有利ですし、妹さんも「我慢も給料のうち」と少しでも客観的になれるのではないかと思います。
私も実家の介護や家事援助の時は、介護ヘルパーの立場で働き、昼食も持参していました。そうやって一歩離れた気持ちでいなければ続かなかったからです。
以前のブログの内容に、所有している不動産管理の仕事もあると書いてありましたよね。いずれは親族が引き継がなくてはならない部分もあるのなら、3人兄妹のうち、現在それが可能なのは妹さんしかいないのではないでしょうか。
自営業なのですから、いまのうちに経理も引き継がないと大変面倒なことになると思います。私は、舅の税務申告を税務署に指摘され、1週間以上殆ど眠らずに3年間の経理をやり直し、追徴金を払ったことがありました。経理がメチャクチャで、誰が見ても嘘は明らかなのに、舅は自分が悪いとは全く思っていませんでした。その時は病気のせいだとは気づいていなかったので、本気で婚家を逃げだそうと思いました。でもその事件のお陰で事業主を舅から夫に変えることもできたのですが。

あらゆる問題を書き出して、一つ一つ対処法を考え、自分たちに出来る方法を考え抜きました。まだ30歳代の半ばでしたからエネルギーもあったのでしょう。一緒にいると危険な(突発的に激高する)ときもあり、元旦の朝から晩まで乳飲み子をベビーカーに乗せて公園や元旦から開いているスーパーを彷徨ったこともあります。本当に辛い毎日でした。

車の必要性

クリさんも大変な思いをされていたのですね。よく頑張りましたね。

地方は不便で車が必需品・・と思いますが、まずはお父様の生活のどの部分でどのくらいの頻度で車を使用するか、他の代替手段は、を具体的に箇条書きにしてみるといいですね。

買い物でしたら、今ではネットや電話でねじ1本から届く時代です。
東京のジャスコでは免許返納者のお届け送料無料をやってます。
うちも駅からバスで20分、各家に車2~3台という郊外ですが、車を持たずに生活している方もいらっしゃいます。私もそうですが車があっても、30分で着ける範囲は地球の為に自転車や徒歩を選択する方も多いです。
便利さに慣れた生活を見直すと必要でない部分も出てくると思います。
因みに義父母は便利な東京から、店もなければ医者もいない瀬戸内海の小島(本土から1時間に1本のフェリーで20分)に引っ越し、18年間車なしで暮らしていました。

それと車に1年間にかかる維持費(減価償却費、点検・車検代、ガソリン代、税金、保険代)を明らかにする。
論理が通じない相手の場合は、この分安くなるという数字が効果あるかもしれません。

でも、仕事に使うとすると、まずはクリさんの仰るように仕事自体を見直す必要がありそうですね。
認知症の方は慣れた道はまともに運転出来るが、知らない道は危険だそうですので、遠出のときは絶対他の方が運転を代わった方がいいと思います。

Megさん、クリさん、kimiさん

コメント、本当にありがとうございます。

Megさんだって、親に何かあれば自然と動きますよ。皆、同じです。

クリちゃん、そんな大変な日々を送っていたなんて全く知らなくて、当時、何の力にもなれなくてごめんなさい。1冊の本が書ける経験ですね。その経験に、今、私は、いつも本当に助けられています。ありがとう!
妹にはさっそくメールで提案しました。私もそれが可能ならベストな方法だと思います。ただ妹は、父の怒鳴り声を聞くと「気持ちが悪くなる」と言うので、実現は、残念ながら困難かとも思います。

kimiさん、実家にPCがないというのが実に不便です。車のコストを計算するというのは、効果がありそうです。やってみます。実家には、仕事用の大型車、家族用の自家用車に加えて、去年(?)母が欲しいと言った途端に買った(今、思えばこれも症状でした。)軽自動車まであります。
プロフィール

<しば>

Author:<しば>
私は認知症について希望を持てる情報を集め、共有している一介護家族です。医療・福祉の従事者ではありません。

特定の医師・治療法等へのこだわり、信仰する宗教はありません。
認知症に関連するビジネスもしていません。
掲載する情報は正確・公正であるよう努めています。

このブログ内の記事は、出典さえ書いて頂ければ、自由にコピーして資料等として使って頂いて構いません。リンクもご自由に。

’13年5月から「レビー小体型認知症介護家族おしゃべり会」(全国に広がる家族会)公式サイトに「しば記者デスク」「体験記」というコーナーを頂き記事を連載中。(こちらの記事は会に著作権があります。)

ツイッター:しば@703shiba

*レビー小体型認知症の症状やチェック方法は、カテゴリの一番上「症状チェック」を。


母 '05パーキンソン病と診断。’10.3月要支援2→要介護4へ激変。5月レビーと診断。2度の転倒骨折入院の後、自宅介護が困難に。8月末グループホーム入所。’11年3月に圧迫骨折で寝たきりに。7月特養入所・要介護5に認定。'12年要介護4に回復。’14年なぜか要介護5になるが穏やかで普通に会話が可能。
S13(1938)年生まれ。

父 ’10年9月ピック病(前頭側頭型認知症)と診断。
昭和2桁生まれ。

私 ’60年代生の女性。300km離れた所に住む。日々の介護はきょうだいに頼り’10年から月1回、’12年から1〜2ヶ月に1回帰省。

好きなこと:読むこと・書くこと・草花の写真を撮ること等々。

*記事に付けた花の写真は私が撮影したものです。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR