スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

認知症をテーマにした映画集

今までご紹介した秀作映画の記事へのリンク集です。
こうして並べてみると、多くが良質で、とても感動的な映画です。
主演俳優が、実際に認知症と生きる方々を正確に再現していることに驚きます。
映画のタイトルをクリックすると 感想や詳細を書いた記事につながります。
………………………………………………………………………………………

●「妻の病—レビー小体型認知症—」  伊勢真一監督
   夫婦の愛と生き方を描いた感動的なドキュメンタリー映画。若年性。夫は医師。

●「わが母の記」  原田眞人監督 井上靖原作 役所広司主演
   樹木希林のリアルな演技(レビー小体型に見える。)に圧倒される。

●「ペコロス、母に会いに行く」  イッセー尾形・草村礼子主演
   映画ではなくNHKBSドラマ。 ほのぼのと温かく、切ない。私のベスト作品。

●「明日の記憶」  堤幸彦監督 荻原浩原作 渡辺謙・樋口可南子主演
   介護者だけではなく本人の苦しみも丁寧に描かれた名作。
   若年性アルツハイマー型認知症の診断には疑問も。
20060514_34029.jpg
(画像は、個人の映画ブログから)

●「マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙」  フィリダ・ロイド監督
   アルツハイマー型。 メリル・ストリープの名演。幻視について記事で説明。

映画「ペコロスの母に会いに行く」の監督(森崎東氏)自身の認知症   
   監督を描いたドキュメンタリー番組の内容紹介。映画は、まだ見ていません。

●「毎日がアルツハイマー」  関口祐加監督
   ドキュメンタリー 。実母との笑いのある日常生活をありのままに撮影。

●「きみに読む物語」  ニック・カサヴェテス監督・ニコラス・スパークス原作
   アルツハイマー型。愛の物語。後半は感動的。

●『「私」の人生 我が命のタンゴ』  和田秀樹監督
   ピック病(前頭側頭型)と生きる大学教授を橋爪功が演じる。医師が監督した。

追記:まだ見ていませんが、是非見たい映画は「ふるさと」「アイリス」「しわ」。
私の頭の中の消しゴム」は、昔、ラブストーリーとして見て印象に残りましたが、症状をどう描いていたかは覚えていないのでリストに入れませんでした。

追記:「ながらえば」(山田太一脚本。笠智衆主演のTVドラマ)は、認知症ではありませんが、高齢者の気持ちを丁寧に描いた秀作です。介護問題に通じます。

追記:オリバー・サックス原作の「レナードの朝」(ロバート・デ・ニーロ、ロビン・ウィリアムズ)は、認知症とは少し違いますが、難病患者達がパーキンソン病治療薬で回復して…という実話に基づいた映画です。(私の愛する作品です。)

追記:認知症への音楽の効果を描いたドキュメンタリー映画「パーソナル・ソング」が2014年12月に封切られます。興味深いです。

<関連記事>
認知症 種類別 早期発見のための知識とチェッックリスト(リンク集)
認知症タイプ分類質問票(山口晴保教授作成)
認知症 無料動画集(種類別の症状や治療・ケアを解説した動画も)
認知症の種類別 本人と家族の体験談集(アルツハイマー型以外は誤診多)
認知症Q&A 認知症を疑ったら/診断されたら、まず何からすればいいのか?どうすればいいのか?
医師が語る各認知症の見た目の違い(認知症セミナー)

10320271_468198193324668_2376557489599708077_n.jpg
(クリックで拡大。画像は、facebookの「いせ film」さんから。)
関連記事

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

<しば>

Author:<しば>
私は認知症について希望を持てる情報を集め、共有している一介護家族です。医療・福祉の従事者ではありません。

特定の医師・治療法等へのこだわり、信仰する宗教はありません。
認知症に関連するビジネスもしていません。
掲載する情報は正確・公正であるよう努めています。

このブログ内の記事は、出典さえ書いて頂ければ、自由にコピーして資料等として使って頂いて構いません。リンクもご自由に。

’13年5月から「レビー小体型認知症介護家族おしゃべり会」(全国に広がる家族会)公式サイトに「しば記者デスク」「体験記」というコーナーを頂き記事を連載中。(こちらの記事は会に著作権があります。)

ツイッター:しば@703shiba

*レビー小体型認知症の症状やチェック方法は、カテゴリの一番上「症状チェック」を。


母 '05パーキンソン病と診断。’10.3月要支援2→要介護4へ激変。5月レビーと診断。2度の転倒骨折入院の後、自宅介護が困難に。8月末グループホーム入所。’11年3月に圧迫骨折で寝たきりに。7月特養入所・要介護5に認定。'12年要介護4に回復。’14年なぜか要介護5になるが穏やかで普通に会話が可能。
S13(1938)年生まれ。

父 ’10年9月ピック病(前頭側頭型認知症)と診断。
昭和2桁生まれ。

私 ’60年代生の女性。300km離れた所に住む。日々の介護はきょうだいに頼り’10年から月1回、’12年から1〜2ヶ月に1回帰省。

好きなこと:読むこと・書くこと・草花の写真を撮ること等々。

*記事に付けた花の写真は私が撮影したものです。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。