スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「とにかくアリセプトを飲ませておけばいい」のか?(週刊ポスト)

私は、アリセプトの有用性については、わかりません。
ですからアリセプトという薬自体を否定も肯定もしません。
ただ私の母も含め、レビー小体型認知症でアリセプトの副作用(症状悪化)
を経験した何人もの介護家族を知っていますので、
例え少数であろうともその可能性があるのなら、気をつけるべきだと考えています。

つい先日も「90を過ぎた親の物忘れが段々ひどくなってきたので、近所の病院に連れて行ったらアリセプトを処方された」と友人から聞き、私は、愕然としました。

以下は、「週刊ポスト」(2014年6月13日号)の認知症特集の記事から一部抜粋、一部要約。


  < 最新研究報告「認知症」について現在わかっていることの全て >

米国で約50の医学会が参加し、不必要な治療や検査をリストアップし公表する
「無駄な医療行為追放(Choosing Wisely)」キャンペーンにこんな項目が掲載されている。
「認知症による行動障害が現われても、『まず薬』で対処してはいけない」
理由は、「有効性が限られている上に、脳卒中などのリスクを高めてしまうから」。
だが、その無駄をひたすらやり続けているのが、日本の認知症医療である。
(略)
認知症の医療現場では、「とにかくアリセプトを処方しておけばいい」という空気が蔓延している。

「アルツハイマー型以外の認知症には副作用などの害の方が大きく一時的な利益もないのに、他の認知症治療にも使われるケースが後を絶たない。
認知症の怖さが強調され、家族が処方を望み、医師も処方してしまっているんです」
NPO法人医薬ビジランスセンター理事長・浜六郎医師

認知症と似た症状には、薬の副作用などで一時的に認知障害や記憶障害が起きる
「せん妄」をはじめ、転倒などで起こるものもあり、別の疾患を疑う必要がある。
だがこれらが「アルツハイマー型認知症」と誤診されるケースが多いのだという。

高齢者に多い側頭葉てんかん(記憶障害を伴う。)の60代男性が、アルツハイマー型認知症と誤診された。アリセプトを処方されたが、症状は悪化の一途
呼びかけれても反応しなかったり、会話の途中でもボーッとするようになった。
(→高齢で発症するてんかんの主な症状

「病院の大小にかかわらず、アルツハイマー病の診断は専門性の高いところでしかできない。初診でいきなり『アリセプトを飲んでみましょう』という医師は疑った方がいい。
この薬の難しい点は、初期段階のアルツハイマー病は、他の疾患との区別が付きづらく、一方アリセプトは初期段階しか効きづらいところです」
長浜バイオ大学教授・永田弘氏


<関連記事>
アリセプトの効果と副作用(権威も少量で処方)
認知症別早期発見チェックリストと知識(パーキンソン病も)
副作用で認知症の症状を悪化させる薬一覧
レビー小体型認知症が誤診されやすい6つの理由
入院して「せん妄」を起こしやすい人(「急に認知症になった」のではない)
5種類の認知症別 本人と家族の体験談集(役立つヒント満載)
誤診されやすいレビー小体型認知症は、向精神薬で劇的悪化を起こしやすい

P1010156_3_convert_20120529092327.jpg
タチアオイ(立葵/ホリホック/ホリーホック)
関連記事

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

アリセプトは

アリセプトもうまく使うと良い薬なのですが、怖い副作用がある事を、多くの医師が理解していません。
これは、発売元のエーザイが「アリセプトは、下痢以外重篤な副作用が無く安全な薬である」と専門医に語らせているからです。

ある高名な医師は、プライベートの小さな集まりでは、
「レビーに対しては、1mg程度が良い」と言っていますが、
公式の場では、
「レビーに3mgで問題ない」と言っているようです。
レビーの治験が3mgで行われたためでしょう。

最近は、他の認知症薬が発売されていますので、アリセプトの出番は無くなってきた。と言うのが私の印象です。
少量での調整が、公式に認められたとしても、アリセプトは、調整が難しいケースが少なくありません。
アリセプトの一番の問題は、ドパミン阻害作用が強いと言う事です。
飲み始めは良いのですが、3~数カ月以上飲み続けると、ドパミンの減少による悪影響が出てくる場合が、少なくありません。
ドパミン現象による症状は、
パーキンソン症状の悪化
せん妄を起し易くなる=激しい興奮・易怒
などが有ります。

私は、最近は他院でアリセプトを処方されたケースでも、転院してきた場合、迷わずアリセプトは中止します。
それで問題が起きたケースは、有りません。
もっとも私の担当するケースは、最近はほとんどがLPCですが・・・。

あとアリセプトは、アセチルコリンを賦活する薬剤です。
自律神経のうち副交感神経は、アセチルコリンを神経伝達物質としています。
ですから、アリセプトは副交感神経の働きを高める可能性が強いのです。
レビーでは、自律神経障害の悪化が起きやすいようです。
副交感神経の働きを高めると
1、消化管
動きを強める→下痢
胃酸分泌を亢進する→胃潰瘍・胃炎など→上部消化管出血
2、循環系
心臓の脈拍が減少→心臓が送り出す血液量の減少→低血圧・心不全など
抹消の血管拡張→起立性低血圧発作や低血圧
3、呼吸器系
気管支の狭窄→喘息やCOPDの悪化

など、副交感神経の働きが過剰に成る事でいろいろな自律神経症状が起きますが、特に上記の症状は、重いと命にかかわる可能性があります。

私は、メーカーを通して重篤な副作用例を2~3例報告しています。
その後も、副作用報告をメーカーにお願いしても、来院しません。
私は、アリセプト担当の幹部数名と、この副作用問題で面談し、伝えています。
その時担当者は、きちんと対処すると言っていましたが、無しのつぶてで終わっています。
そのあと、「アリセプトは、下痢以外重篤な副作用はない」と専門医に発現させている様に成りました。




No title

hokehoke先生、コメント、ありがとうございました。

薬に関しては、一般人のほとんどの人は、医師の言うことが一番正しい
テレビに出て認知症の説明をする医師の言うことに間違いはない
と信じていますので、(私もそうでした)
私たち介護家族が、いくら副作用による悪化(BPSD)によって
介護困難になり、地獄の思いをしたと言っても
簡単には、信じてもらえない(相手にされない)現実があります。

それでも母に起こったことと同じこと
(アリセプトやリスパダール等の抗精神病薬睡眠薬による悪化
が、何年たっても繰り返されていることを介護家族の方々から伺うと
黙ってはいられず、こうしてブログを書き続けています。

私は、医師だけを非難するつもりはないんです。

年老いた親が、同じことを何度も言うからとアリセプトをもらいに行く
私たちにも問題があります。

今、病気でなくても睡眠薬精神安定剤を飲んでいる人が、私の周囲にも
たくさんいます
弱い薬で何の副作用もないから」と処方されたそうです。

頭痛薬ですら常用すると脳の神経を狂わせてしまうと最近、医師から聞きました。
(中年期以降に、光が異常にまぶしい音が神経に障るなど、過敏になるそうです。)

脳の神経に直接働きかける薬を風邪薬や胃腸薬のように
風邪薬や胃腸薬すら高齢者の認知機能を低下させる副作用がありますが)
http://lewyoshaberikai-yuruyurugumi.jimdo.com/2013/08/30/家族と医療-1-まず処方箋をチェック/
気楽に飲むことの恐ろしさを私たちは、知らなければいけません。

小学校から教育して欲しいくらいです。

アリセプトの害については、
長尾和宏・丸尾多重子著「ばあちゃん、介護施設を間違えたらもっとボケるで!」
という今年出た本にストレートに書かれていました。
近日中に記事にアップします。
プロフィール

<しば>

Author:<しば>
私は認知症について希望を持てる情報を集め、共有している一介護家族です。医療・福祉の従事者ではありません。

特定の医師・治療法等へのこだわり、信仰する宗教はありません。
認知症に関連するビジネスもしていません。
掲載する情報は正確・公正であるよう努めています。

このブログ内の記事は、出典さえ書いて頂ければ、自由にコピーして資料等として使って頂いて構いません。リンクもご自由に。

’13年5月から「レビー小体型認知症介護家族おしゃべり会」(全国に広がる家族会)公式サイトに「しば記者デスク」「体験記」というコーナーを頂き記事を連載中。(こちらの記事は会に著作権があります。)

ツイッター:しば@703shiba

*レビー小体型認知症の症状やチェック方法は、カテゴリの一番上「症状チェック」を。


母 '05パーキンソン病と診断。’10.3月要支援2→要介護4へ激変。5月レビーと診断。2度の転倒骨折入院の後、自宅介護が困難に。8月末グループホーム入所。’11年3月に圧迫骨折で寝たきりに。7月特養入所・要介護5に認定。'12年要介護4に回復。’14年なぜか要介護5になるが穏やかで普通に会話が可能。
S13(1938)年生まれ。

父 ’10年9月ピック病(前頭側頭型認知症)と診断。
昭和2桁生まれ。

私 ’60年代生の女性。300km離れた所に住む。日々の介護はきょうだいに頼り’10年から月1回、’12年から1〜2ヶ月に1回帰省。

好きなこと:読むこと・書くこと・草花の写真を撮ること等々。

*記事に付けた花の写真は私が撮影したものです。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。