スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アロマセラピーと脳

認知症と香りについては、2013年4月にも書いたことがあります。
(認知症に効くアロマ/柑橘類の皮と認知症/グレープフルーツの覚醒効果→こちら

2014年3月23日の日経新聞(詳細は下。)によれば、レモングラスの香りに脳血流改善認知症予防)効果があるとか。(アロマオイルか否かは記述なし)

うつ病の人がラベンダーを嗅ぐと症状が悪化する場合があると本で読んだことがありますが、交感神経を鎮め過ぎるからだろうと、この記事を読んで思いました。
「うつ病は、副交感神経に大きく傾く」小林弘幸著『なぜ「これ」は健康にいいのか?』P.32)  *交感神経と副交感神経の働きを簡単に示した図→こちら

交感神経が障害されるというレビー小体型認知症に、ラベンダーは注意が必要かも知れません。日中には、柑橘(かんきつ)系の香りを試してみたいです。

漢方薬を使ったレビー小体型認知症の治療で、「美味しいと感じるものには効果が出やすく、まずいと感じるものには効果が出にくい」という医師の話がありました。(→記事

推測ですが、体が欲する(喜ぶ)食べ物があるように(例:体が弱った時のお粥など)
体(脳)が欲する香りもあるのではないでしょうか。
いい匂い!あぁ、気持ちがいい!」と感じる香りは、その人に効果がありそうです。
アロマオイルでも不快と感じるものなら脳にとってもストレスにしかならないでしょう。

不眠も、ラベンダーが苦手でもクラリセージが効く人、クラリセージが嫌いでもスイートマジョラムが効く人など様々。香りの好み・効果には、個人差があります。

アロマオイルは、種類によって自律神経に作用して血圧を下げ過ぎてしまったり、妊婦が流産したりと、危険も伴うので、使用前によく調べ、体調も必ず観察して下さい
(ラベンダーが血圧を下げるという研究論文→こちら

以下、2014年3月23日日経新聞の特集記事「香りで心と体スッキリ」から一部を抜粋。

レモングラスの前頭葉(思考や意欲等を司る)の血流増加作用が実験で分かった。
        認知症予防の可能性がある。
かんきつ系の香り:交感神経を刺激する効果。やる気を高める可能性。
スイートオレンジ:生理の間に女性がなりやすい体調不良を抑える効果。
          30人対象の調査で、体調不良が軽くなり、よく眠れるようになり、
          肌荒れを軽減する効果を確認。

グレープフルーツ:精神のリフレッシュ、食欲増進。(→眠気撃退も
ラベンダー:   交感神経を鎮めるリラックス効果。
バラ:      ストレスを緩和して皮膚の水分蒸発量を抑える。
ゼラニウム:   免疫細胞の活動を抑制する抗炎症作用。

<記事中で紹介していた本とサイト>
*塩田清二著「<香り>はなぜ脳に効くのか」NHK出版
*香りの作用などを解説する日本香料工業界によるサイト→「香りの教室


追記:アロマオイルは、植物から抽出した本物のオイルのみ効果。
  ローズマリーには3種類がありその中のローズマリー・カンファーのみ効果を保証。
  ただローズマリー・カンファーは交感神経を刺激するので高血圧の人は医師に相談
  においがわからない人もアロマの効果あり。におわなくても香りは神経細胞に届く。
  認知機能の改善とともに、臭覚が回復する人もいる。(浦上克哉鳥取大教授)
   出典:読売新聞

追記:ローズマリー・カンファーとレモンのブレンドは、アルツハイマー型認知症だけでなくレビー小体型認知症にも効果があるという体験談を伺っています。頭がもうろうとした状態を改善するそうです。 

追記:レモングラスは、関東なら鉢で生い茂ります。とても丈夫な多年草です。
   →こちら(私のもう1つのブログ)

<関連カテゴリ>
*「認知症の予防・診断・治療
*「認知症とは/認知症ケア・介護
*「4大認知症 早期発見のための知識とチェックリスト
*「認知症予防に効果のある運動
*「ほのぼの認知症マンガシリーズ」知られていないレビー小体型認知症が分かる!

P1030850_2.jpg
ローズマリー(香りは葉にあります。)
関連記事

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

<しば>

Author:<しば>
私は認知症について希望を持てる情報を集め、共有している一介護家族です。医療・福祉の従事者ではありません。

特定の医師・治療法等へのこだわり、信仰する宗教はありません。
認知症に関連するビジネスもしていません。
掲載する情報は正確・公正であるよう努めています。

このブログ内の記事は、出典さえ書いて頂ければ、自由にコピーして資料等として使って頂いて構いません。リンクもご自由に。

’13年5月から「レビー小体型認知症介護家族おしゃべり会」(全国に広がる家族会)公式サイトに「しば記者デスク」「体験記」というコーナーを頂き記事を連載中。(こちらの記事は会に著作権があります。)

ツイッター:しば@703shiba

*レビー小体型認知症の症状やチェック方法は、カテゴリの一番上「症状チェック」を。


母 '05パーキンソン病と診断。’10.3月要支援2→要介護4へ激変。5月レビーと診断。2度の転倒骨折入院の後、自宅介護が困難に。8月末グループホーム入所。’11年3月に圧迫骨折で寝たきりに。7月特養入所・要介護5に認定。'12年要介護4に回復。’14年なぜか要介護5になるが穏やかで普通に会話が可能。
S13(1938)年生まれ。

父 ’10年9月ピック病(前頭側頭型認知症)と診断。
昭和2桁生まれ。

私 ’60年代生の女性。300km離れた所に住む。日々の介護はきょうだいに頼り’10年から月1回、’12年から1〜2ヶ月に1回帰省。

好きなこと:読むこと・書くこと・草花の写真を撮ること等々。

*記事に付けた花の写真は私が撮影したものです。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。