スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

便秘を治す(自律神経症状)

レビー小体型認知症では、自律神経障害として重症の便秘に苦しめられる方が多いです。

自律神経のバランスが崩れると強固な便秘に。交感神経過剰で「腸が動かなくなるタイプの便秘」、副交感神経過剰で「腸が収縮するタイプの便秘」になる』<出典:小林弘幸(順天堂大学教授。便秘外来医師)著『なぜ、「これ」は健康にいいのか?」P.92>

「不定期にトイレに長時間こもるため外出ができない、デイサービスも断られた」
「通院途中に大量の便がオムツから溢れ出てしまった」等という深刻な体験談もレビー小体型認知症介護家族から多々伺っています。
認知症高齢者の便秘は、精神状態の劇的悪化(→せん妄)の原因になる場合もあります。

既に知られているもの、知られていないものを取り混ぜて便秘対策をご紹介します。
何が効くかは体質により一人ひとり違いますので、すぐ諦めずに色々試してみて下さい

食生活(毎朝の食事。1日3回の規則的食事。十分な量。適度の油分)
 食物繊維(特に納豆などの水溶性食物繊維)をとる。→水溶性食物繊維の多い食品一覧
 追記:過剰な食物繊維も逆効果になります。
 (出典:便秘外来の医師がすすめる食事

 「油分と食物繊維があるすりごまを毎日大さじ1杯食べてもらう」
  という便秘外来の医師の言葉をテレビで聞きました。

排便姿勢も重要→「ためしてガッテン」公式サイト(便秘特集)
 「寝たままでは排便はできない」と中村仁一医師の著書(P.83)にも。
 追記:本人にも介護者にも負担でない範囲で、可能ならポータブルトイレ等の利用を。

水分を充分に。特に、起床後すぐの1杯の水が効果的(便秘外来の小林弘幸の著書
 (しかし水は体を冷やすので、お湯にすべきだという医師もいます。)
 
乳酸菌(ビフィズス菌など善玉腸内細菌)を主成分とする食品整腸剤。(出典同上)

ヨーグルト(や乳酸菌飲料)でも人によって体質に合う菌合わない菌がある
数週間試して効果を感じなければ、他の種類のヨーグルト等に変えた方がよい」
という専門家の記事を読んだことがあります。(出典不明)

ビフィズス菌入り飲料(ミルミル)と乳酸菌入り飲料(ヤクルト)を毎日飲んだら
座薬が要らなくなったというレビー小体型認知症体験談を最近聞きました。

夕食直後に飲むと効果が高い(胃酸が食事で弱まり、より多くの菌が腸に届く)と販売員から効きました。オリゴ糖も良い腸内細菌を増やすのに有効と言われています。
腸内細菌や腸の働きは、藤田 紘一郎(東京医科歯科大学名誉教授)の本が面白いです。

運動も重要。(私の友人に「スロージョギングで便秘が治った」という人がいます。)
 (ウォーキングラジオ(テレビ)体操、認知症予防プロジェクトに取り入れられて
  いる踏み台昇降—スローステップ—、便秘体操など何でも)

薬の副作用→便秘を起こす主な薬一覧(パーキンソン病治療薬や利尿剤など多数)

マッサージ。へそを中心に時計回りに両手でぐっと押さえつつ回す。10〜20回
 固い所があれば、そこをゆっくり優しく揉みほぐす。マッサージは、就寝前が効果的。
(へそ周りには腸のツボがあり、腸の働きを高めるツボ刺激にもなっているそうです。)

 < 鍼灸の名医から聞いた東洋医学的な便秘解消の方法 >
*よく噛んで(消化しやすくして)食べる。「胃に歯はない」
*体(特にお腹)を冷やさない。「冷えは、胃腸の働きを低下させる」
体を冷やす食べ物、飲み物を避ける。(温度だけでなく種類も→一覧
 (大根など体を冷やす性質の野菜は、火を通すようにし、生食をなるべく避ける。)
*ヘアドライヤーで、へそとその周囲(便秘のツボがある)を毎日1度は温める。→詳細
(湯たんぽや貼るカイロでも良い。高温でなくてもお灸と同じ治療効果が得られる。)
追記:低温やけどに要注意!動けない高齢者に長時間の湯たんぽやカイロは危険です。

追記:上記の名医が薦める便秘に即効のツボ図解

(追記:このツボが良く効いたというお礼の非公開コメントを頂きました。)

以上のような薬に頼らない方法をまずおすすめします。(理由はコメント欄を)
全部試してもダメな方には、アミティーザという新薬もあります。レビー小体型認知症介護家族のお話では、非常に効く方、効かなかった方、両方いらっしゃいます。
座薬(新レシカルボン等)を使う方もいらっしゃいます。

追記:コメント欄に記事にある以外の方法や失敗例、注意点などがあります。
   是非、お読み下さい。

追記:→「自分や家族の腸内年齢や腸内細菌バランスのチェックができるサイト

追記: ある医師の処方→こちら (レビー小体型の場合、酸化マグネシウムでは便秘と下痢を繰り返し、粘った便になるので使わない。)

<関連記事>
*「レビー小体型認知症の自律神経症状
*「立ちくらみ、意識消失(失神)対策」(レビー小体型認知症に多い自律神経症状)
*「自律神経失調症をツボで治す
*「認知症、パーキンソン病に効果のある鍼灸のツボ

P1000275_convert_20120321153304.jpg
ハコベ(別名:朝しらげ)
春の七草の1つ。
関連記事

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

参考にならないかもしれまんが、私は朝に牛乳か卵を摂ると決まって緩くなります。 食べてすぐなので、多分たんぱく質に体が反応するのだと思います。 食べないでも快腸なので、参考にならないかもしれませんが・・
昔の同僚達も、バリウム後に下剤の代わりに牛乳を飲んでいましたので、さぼりたがる大腸にカツを入れるのに有効かと。 安いし、骨にもいいし、一度試してみては? 嫌がったら、ココアとか抹茶オレとかで・・・

便秘の人の特徴に、筋肉量の少なさがあると思います。 特に猫背で、腹筋と背筋が弱く、腰痛持ち。 レビーの方は、歩くことが難しくなり体幹の筋肉も弱って、腸の運動が衰えることも考えられますね。 大腸も小腸も筋肉でできています。 動けるうちは、毎日少しでも歩く、立てない人でもベッドから車椅子に移して座位を取らせるのが大切なのではないでしょうか?

寝たきりの義母は、1日中ベッドで過ごしていた広島の特養では座薬や浣腸をしていたそうですが、東京に来て、1日に何度も車椅子に座るようになってからは排便の困難は聞かなくなりました。 首や腕の筋肉もしっかりして、頭を自力で支えたり、腕を上げたりできるようになったのと、関連があるのかもしれません。

牛乳 運動

牛乳でゆるくなるという方は、日本人には、少なくないそうですね。
牛乳が下剤代わりになるというのは、手軽でいいなぁ。

仕組みはよくわからないのですが、運動は、一般に考えられているより重要みたいです。
先日、「ためしてガッテン」で骨粗鬆症の話をしていましたが、
やはり運動の重要性を訴えていました。
http://www9.nhk.or.jp/gatten/archives/P20140305.html

「骨の中にある骨細胞は、衝撃や重力がかかると、全身の臓器を活性化させるシグナルを送る。
動かないと骨細胞が減り、シグナルも出にくくなる。
その結果、全身の臓器の働きの低下を引き起こす」
のだそうです。

運動不足が便秘の原因になるといわれる一因なのかなぁと思いました。

遺伝的要素も強く、母親の骨密度」と「痩せていること」(重力がかからない)が、2大リスクだそうです。

以前、田中宏暁教授のスロージョギング講座に参加したとき、
「筋肉を使うと、筋肉からも脳からも体に良い物質がどんどん出て、
筋肉を使わないと、体に悪い物質がどんどん出る」

ということを強調されていました。

パーキンソン症状があると歩くのも大変ですし、レビー小体型認知症は転倒が怖いですが、kimiさんのお義母様のように、少しでも座るとか、手を動かすとか、寝たままにさせない努力が有効なのでしょうね。

講座の中で、田中教授は、
「1分の運動を20回やっても、20分の運動を1回やっても筋肉への効果は同じだ」
と話されていました。

思い付いた時に、家の中を1分スロージョギングしても、踏み台昇降をしても、それを毎日何度も繰り返せば、十分な効果が出ると。

介護家族のみなさんは、「運動するための(まとまった)時間がとれない」と仰るのですが、1分だったらできますよね?
是非トライしてみて下さい。

No title

こんにちは!
便秘は夫にとって、重要な課題の一つです。
最近、乳酸菌飲料とビフィズス菌入りのヨーグルトでだいぶ、落ち着いてきました。

プルーンもよいと聞きますよ。ニンジンジュースも。

それから、ねじれ腸、落下腸による便秘というのをご存知でしょうか。以前、はなまるマーケットで放映していました。

子どもの頃から、ガンコな便秘の人は、腸がねじれていたり、下がっていたりして、正常な位置に収まっていないのだそうです。

そこで、仰向けに寝転んで立膝をした姿勢で、
おへその下の部分を上に「ゆらす」感じのマッサージをすると、ねじれたり、落下したりしていた腸が元通りの位置にもどるのだそうです。

夫は、このマッサージも効いているような気がします。

それから、センナという植物を粉状にした漢方薬もよく効きました。



MKさん 

色々な情報ありがとうございます。

センナ(植物)というのは、私の知人も下剤より効くと、昔、言っていました。

医師は、便秘→便秘薬 となるのですが、便秘薬というのは、飲み続けると効かなくなりますよね。

何かの本に、便秘薬は、腸が「自分で頑張って働いて排便する」ということをサボらせるので、習慣的に飲み続けると、結果的に、より働かない腸(慢性のひどい便秘)になっていく、とありました。
(それは、植物由来の薬も同じと)

真偽は、確認していませんが、確かに薬を使うよりは、腸の働きを高める方がいいだろうなぁと思いました。

藤田鉱一郎教授の本には、浣腸良い腸内細菌まで洗い流してしまうのでダメだとありました。

この方は、ドーパミン(減るとパーキンソン症状が出る)やセロトニン(減るとうつ病などになる)などの重要な神経伝達物質は、脳内だけで作られているのではなく、腸内で、まずその材料等が出来るのだと書いています。

が、正常にしっかり働かないと、神経伝達物質も作られないと。

そのためには、腸内細菌のバランスが、とても重要だと書いています。

全部鵜呑みにはしませんが、脳にばかりこだわっていた私には、目からウロコでした。
腸のことなんて、まったく考えていませんでしたから。

小林弘幸教授(順天堂大学病院 便秘外来医師)もこう書いています。
便秘外来で治療をすると、糖尿病や高脂血症、腎臓疾患、肝臓など他の病気まで良くなる

腸内環境自律神経のバランスがよくなって、きれいな血液が全身に行き渡るようになるのだから当たり前の結果だ。

私たちの体は、すべてつながっているのです。
ある一部分だけに問題が生じるということはありまえん
(記事本文中にある本のP.97〜98)

これもびっくりしました。
確かに東洋医学では、こうした考え方をしますね。
だから病気(症状)ごとにツボがある訳ではないです。

色々なツボを刺激することで、全身のバランスを整えるように働くので、足の三里とか三陰交とか合谷とかは、全然関係ないような色々な病気や症状に対応していますね。

私も(そんなに期待せずに)試しに腸内細菌を1種類取り入れてみたんですが、1ヶ月過ぎた当たりから効果を感じました。
(市販品と宅配品は、菌の量も値段も違います。)

レビー小体型認知症の便秘は、医師もさじを投げるくらいですが、腸内細菌が、何%くらいの方に効くのか、とても興味を持ちました。

もしビフィズス菌乳酸菌を試した方は、ぜひ結果を教えて下さいね。
効いた方も全然ダメだった方も。

No title

私は子供の頃から腐ったものをよく食べさせられていたので、胃腸は丈夫になりました。野生児でもあり、腹が減るとその辺の草とか木の実とかを生で食べていたし・・・

しかし、20代の頃、バリウムを飲んで下剤で腸内細菌を洗い流した後、慢性腸炎になりました。これは、小腸の働きが悪くなり、食べ物が下へ送られずに小腸内で腐敗して炎症を起こすものです。妊娠したとき見たいに下腹部が硬く膨れて、椅子に腰掛ける振動でも響いて痛くて・・・挙げ句の果てに夜中に突然39度の発熱で起きてしまいました。
しかし、医者で貰った抗生物質で、また更に善玉菌がいなくなり、その後今度は全身に毛膿炎ができて苦しみました。藤田先生の主張する菌バランスが崩れたのだと思います。(その頃に、真田虫を体内に飼っている藤田先生の文章に出会いました。)

それからも、消化の悪い生煮えの肉や甲殻類を大量に食べると慢性腸炎の症状が出ます。そういう時には、大腸に材料が来ないので便秘になります。しかし、今は一切医者に行かずに治せるようになりました。
それは、ちょっと調子が悪いと気付くとすぐに、プレーンヨーグルトとエビオスで腸内環境を整えるのです。そうすると数日で回復します。

腸内細菌の種類やバランスは人によって違うそうです。体は定住菌は自分の一部として認めるが、それ以外の菌は敵として常に攻撃対象なのだそうです。
食物や薬で補充する乳酸菌やビフィズス菌は、それ自体が腸に定着するのではなく、定住している善玉菌の繁殖を助ける働きがあるとか。



kimiさん

わぁ。ずいぶん恐ろしい目にあったんですね。
びっくりしました。

そう。過剰な清潔が、食物アレルギー、アトピー、花粉症を増やすということが、藤田教授の本に書いてありますね。
ある程度不衛生な環境で育つことも健康で丈夫な体を作るためには必要だと。

私は、自律神経の異常で起こるレビーの便秘が、腸内細菌なんかで改善するだろうかと、懐疑的だったんです。

でも改善したという体験談を3人のレビーと生きる方から伺って、認識をあらためたんです。

多くの医師の発想には、便秘薬以外の解決法はないと思いますが、腸の働きを高めて自然で健康的なお通じがあれば、すごく気分も良いですし、(本によれば)どうも全身のも含め)健康状態がよくなりそうなので、試してみて頂きたいなと思いまました。

繰り返しますが、何%の方に効果が出るのかは、まったく想像もできません。

期待せずに、ダメ元で試して、効けばラッキー、ダメなら違うものにトライというくらいの気楽な「お試し」でお願いします。

多くの医師は、「健康食品?そんなもの効きませんよ!」と言うじゃないですか?
「科学こそが最高、薬品こそが最高」と信じている方々ですから。

でも実際には、スーパーで売っている乳酸飲料が、どんな便秘薬より効いたという方もいるわけですから、医師にそう言われたからって、素直に諦める必要はないと、私は、思っているんです。

自分の、家族の体調を一番わかるのは、医師ではなく、自分、家族ですから。
色々試して、よく観察して、効果を感じたら続ければいいし、効果を感じなければ止めればいいだけだと思うんですよ。

アロマセラピーでもマッサージでも鍼灸でも温泉でも散歩でも落語でも何でも、
「あぁ、気持ちがいい〜!!」「あぁ、楽しい〜!!」と思えることは、
絶対に何らかの効果があると、私は、信じています。

私自身は、宗教は信仰しませんが、毎日神社に行って拝めば効果があると100%信じている方がそうすれば、精神的にも安定するでしょうし、何らかの効果は、そりゃあ出るだろうと思います。

「この10万円の壷を買うと病気が治る」とか「この5万円の魔法の水で治る」とかいうのは、止めて欲しいですが。

長くなってすみません。

ただ「薬以外は、何も効かない」という医師の言葉をそのまま受け止めて、『この薬も効かない。もうダメだ!』と絶望して頂きたくない・・、ただそれだけです。

希望を持って、明るい気持ちで生きることが、何よりの薬だと思いますから。

No title

レビーの自律神経症状は、今までそういうものだ、と受け止めて、各家族、その方にあった方法で乗り越えて(乗り越えてない?)きました。
いろんな考えも方法もあるし、みなさん、ほんとにいろんなこと試して、
でもAさんにはすごく効いたのに、Bさんには最悪だったとか、、ほんと、
箇条書きにしかできない状態。

で、私のいつもの「感覚」ですが、しばさんのいうとおり、
これだ、と思ってます。

『アロマセラピーでもマッサージでも鍼灸でも温泉でも散歩でも落語でも何でも、「あぁ、気持ちがいい〜!!」「あぁ、楽しい〜!!」と思えることは、絶対に何らかの効果があると、私は、信じています。 』

便秘もですね、健康な家族が普通に考えて、食物繊維!!とバンバン
始めちゃいますね。
レビーは、腸が動かなくなるタイプが多いから、食物繊維で苦しくなってく。
ヨーグルトも合う菌合わない菌ある。もともと食してたものならいいんでしょうけれど。
ほんとに人それぞれです。

私は酵素いっぱいグリーンスムージー派なので、父の介護中にやってあげたかった。。
父は牛乳に弱いほうだったけど、レビーになってからは、何やってもだめ、、でした。センナもプルーンもジュースも、、漢方も薬も。
結局、お腹をあたため、腸に沿って、マッサージが一番でした。

腸の位置の問題も人それぞれで、癖があるそうですね。

また直腸からつづくところにできるポケットも高齢者や痔持ちの
方には多くみられるので、ここに溜まって、固くなり、
息んでもでなくなります。
母がそうでした。

お薬はお腹が痛くなるものも多いから、良く聞いてあげて
使ったほうがいいですね。

高齢の方、若い方でもだいぶ違いますね。

便座に座ることは大事ですが、ステージにより、家族への負担も
大きくなります。
母は両足だめだったから、、、思い出すだけでも疲れます、、

ほんと、大腸検査で、常在菌を洗い流しちゃうのは、ほんとコワい。
夫は何回も検査しますから、いつも検査後の食事は気をつけてます。

ビフィズス菌ではないけど、LG21ヨーグルトを両親は元気なころから
取っていて、介護中も続けました。
ホームにも宅配してもらってました。
あとは、ビオフェルミンは処方してもらってました。
これは市販のとはちがって、結構効いてた感じ。

で、いろいろいいましたが、
楽しく過ごすして、好きな方法でやってみる、が、なんか、便秘にも体調不良にも効く感じがするわけです♪







ygraciaさん

介護家族の体験談を誰よりも沢山聞いていらっしゃるygraciaさんに是非コメントを頂きたいと思っていました。ありがとうございます。

私も、レビーでは、薬でも何でも効き目に大きな個人差があるので
(ある人には劇的に効いたけど別の人には全く効かないということがザラに起こる)
便秘対策にしてもそうだろうと思って、ずっと書かずに来ました。

やはり「食物繊維の取り過ぎで苦しくなる」などということも起こり得るんですね。

何をするにしても(薬でも)反応(効果)を十分に観察しながらでないといけないのですね。

少しでも悪い反応(薬なら副作用)を感じられたら、パッと止めるなり減らすなりの対応が大切。

その辺が、「難しい」「面倒」と言ってしまえば、確かにそうなのですが、できればそれを楽しんで面白がって、できると理想的ですね。

小学校の理科の実験を思い出して、
「じゃあ、お父さん、今日は、LG21にチャレンジしてみよっか〜!」
「お〜!良い感じじゃな〜い!」「う〜ん。外れだ〜」

難しいと思いますが、
必死にならない・思い詰めない・真面目になり過ぎない
のがいいのかなと思います。

『ダメかも知れないけど、面白そうだし、やってみるか〜』という
いい加減さ心の余裕遊び心を持てるといいですね。

一緒にグリーンスムージーを飲んで
「あれ〜、私は、お肌ツヤツヤになったのに、お母さん、効いてない〜」
と二人でゲラゲラ笑っていられるといいなぁ。

藤田鉱一郎教授は、「笑うと脳も腸内細菌も活発に元気になる」と
「腸内革命」という本に書いていますよ。

笑うとドーパミンも出て、動けるようになったという体験談もあったくらいですから、
http://nonohana7.blog134.fc2.com/blog-entry-1197.html
笑いにまさるクスリはないかも。(副作用ゼロですからね)
プロフィール

<しば>

Author:<しば>
私は認知症について希望を持てる情報を集め、共有している一介護家族です。医療・福祉の従事者ではありません。

特定の医師・治療法等へのこだわり、信仰する宗教はありません。
認知症に関連するビジネスもしていません。
掲載する情報は正確・公正であるよう努めています。

このブログ内の記事は、出典さえ書いて頂ければ、自由にコピーして資料等として使って頂いて構いません。リンクもご自由に。

’13年5月から「レビー小体型認知症介護家族おしゃべり会」(全国に広がる家族会)公式サイトに「しば記者デスク」「体験記」というコーナーを頂き記事を連載中。(こちらの記事は会に著作権があります。)

ツイッター:しば@703shiba

*レビー小体型認知症の症状やチェック方法は、カテゴリの一番上「症状チェック」を。


母 '05パーキンソン病と診断。’10.3月要支援2→要介護4へ激変。5月レビーと診断。2度の転倒骨折入院の後、自宅介護が困難に。8月末グループホーム入所。’11年3月に圧迫骨折で寝たきりに。7月特養入所・要介護5に認定。'12年要介護4に回復。’14年なぜか要介護5になるが穏やかで普通に会話が可能。
S13(1938)年生まれ。

父 ’10年9月ピック病(前頭側頭型認知症)と診断。
昭和2桁生まれ。

私 ’60年代生の女性。300km離れた所に住む。日々の介護はきょうだいに頼り’10年から月1回、’12年から1〜2ヶ月に1回帰省。

好きなこと:読むこと・書くこと・草花の写真を撮ること等々。

*記事に付けた花の写真は私が撮影したものです。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。