スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

若年性レビー小体型認知症体験談 本人の語る新しい症状

若年性レビー小体型認知症と生きるKさん(50代女性)ご自身が語る体験談です。

 <Kさんの今までの経過・治療・気持ち>(クリックして下さい)
体験談治療と経過漢方治療本人が語る症状認知症の苦しみ空間認知能力


病状は、治療を始めた頃より波が大きくなってきている。
1日の間にも変動はあるが、7〜10日位続く好不調の大きな波も出て来た。
数多くの症状(幻臭立ちくらみ耳鳴りなど)が、出たり消えたりし続けている。

温泉に行った後、1週間ほどとても調子が良かったが、年末年始は、ぐったりしていた。
温泉が原因かは不明だが「体を温めると体調が改善冷えると悪化」は、経験的に確か。

毎日30分気持ち良く続けていた運動も急に疲労感しか感じなくなり、出来なくなった。
こうした急激な変化は、過去にも何度かあった。また元に戻ると信じたい。
運動も効果を実感してきた。気を取り直し、今は、室内で数分の運動を繰り返している。

秋(4ヶ月前)には、嗅覚の低下を自覚した。
日によって大きな差があるが、匂いがほとんど分からない時は、もよく分からない。
臭覚の異常は、認知症の前触れと言われているので、精神的なダメージが大きかった。
周囲が「いい匂い!」と皆で喜んでいる時に、何も感じられないのは、ショックだった。

コンロで料理やお玉の柄が焦げていても、煙が出るまで気づかないこともあった。
家族から料理の味付けが変だと指摘されることが増え、将来に対し、悲観的になった。
(酢や醤油の匂いは、鼻を近づければ分かる。味付けは、みそ汁など汁物が難しい。)
しかし臭覚・味覚も日によってかなり差があり、味付けに困らない時もある。

地図を逆さまにすると分からなくなる。(元々方向音痴だが、以前にはなかったこと)
地下鉄の駅の矢印の表示が指す方向がよくわからない。(乗り換えに混乱。よく間違う)
初めて使うATM券売機などが操作できない時があり、とても焦り、気が動転する。

そのために慣れない場所への外出は、緊張し、心身も脳も神経もとても疲れる
帰りの電車の中では、疲れから意識障害を起こしてもうろうとなることがほとんど。
意識障害ツボ(脚注)を指で刺激して一瞬で治る時もあるがあまり効かない時もある。

意識障害は、程度以外にも種類が数多くあると感じるが、分類できない。
自分では何の異常も感じないが注意力が著しく下がっている時、眠気はないが苦しくて横になったまま起き上がれない時、異常な眠気に襲われる時など色々ある。
ほとんどが特に理由なく急に起こり、ほとんど瞬間的に治る
脳への血流量が突然下がったり上がったりしていると考えると納得できるが、理由不明。
意識障害を起こさない日はない。(ストレス疲れは、意識障害の原因になる。)

脚注:水溝合谷(クリックすると位置が分かりやすい図のあるサイトに飛びます)

 *「症状と治療」に続く。

<関連記事>
*「認知症に鍼(はり)治療」(新聞記事。ツボの名前や探し方も紹介)
*カテゴリ「ツボ療法」自律神経失調症に効くツボ等(私の別のサイトへ)
*「温泉旅行が認知症にも効果があるのではないかとする医師の記事」(産經新聞掲載)
*「臭覚異常でパーキンソン病患者の認知症発症を予測」(東北大学。新聞記事)
*「レビー小体型認知症7人の体験談」(若年性から89歳まで。症状も多様)

P1000355_convert_20120330162157.jpg
三叉(ミツマタ)
樹皮は、和紙の原料。1万円札にもなるとか。
関連記事

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

<しば>

Author:<しば>
私は認知症について希望を持てる情報を集め、共有している一介護家族です。医療・福祉の従事者ではありません。

特定の医師・治療法等へのこだわり、信仰する宗教はありません。
認知症に関連するビジネスもしていません。
掲載する情報は正確・公正であるよう努めています。

このブログ内の記事は、出典さえ書いて頂ければ、自由にコピーして資料等として使って頂いて構いません。リンクもご自由に。

’13年5月から「レビー小体型認知症介護家族おしゃべり会」(全国に広がる家族会)公式サイトに「しば記者デスク」「体験記」というコーナーを頂き記事を連載中。(こちらの記事は会に著作権があります。)

ツイッター:しば@703shiba

*レビー小体型認知症の症状やチェック方法は、カテゴリの一番上「症状チェック」を。


母 '05パーキンソン病と診断。’10.3月要支援2→要介護4へ激変。5月レビーと診断。2度の転倒骨折入院の後、自宅介護が困難に。8月末グループホーム入所。’11年3月に圧迫骨折で寝たきりに。7月特養入所・要介護5に認定。'12年要介護4に回復。’14年なぜか要介護5になるが穏やかで普通に会話が可能。
S13(1938)年生まれ。

父 ’10年9月ピック病(前頭側頭型認知症)と診断。
昭和2桁生まれ。

私 ’60年代生の女性。300km離れた所に住む。日々の介護はきょうだいに頼り’10年から月1回、’12年から1〜2ヶ月に1回帰省。

好きなこと:読むこと・書くこと・草花の写真を撮ること等々。

*記事に付けた花の写真は私が撮影したものです。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。