若年性レビー小体型認知症 車いす石垣島家族旅行体験談

若年性レビー小体型認知症Hさんの車いすでの家族旅行第2弾です。(→第1弾

2013年10月中旬に行かれた旅行の様子や注意点を妻のMKさんが書いて下さっています。
(文章は、一部省略させて頂きましたが、ほぼ原文通りです。)
MKさん「この情報が皆様のお役にたてれば幸いです。私たちは勝手に『リハビリ旅行』と呼んでいます。63才の夫は、現在、介護2。体調の良い時は、短い距離を歩けます」


     石垣島「リハビリ旅行」   by MK

 < 車いす&トイレ事情  「車いすなしでも行ける!」 >

石垣島へは、羽田から直行便がある。空港内は、羽田も石垣島も車いすトイレが充実。
機内トイレは、機により違うので事前に確認を。(通常の大きさだとかなり大変!)
車いすは、空港でも島でも借りられるので、持参しなくても大丈夫。

車いすは、ペンションのオーナーさんに教えて頂いた島の介護事業所で借りられた。
宿までは届けてくれないので、自分で事業所まで取りに行かなければいけない。
レンタカーの大きさによっては、車いすがトランクに入らない場合があるので注意。

 < ペンションでテラス・セラピー  「自然の中で心身共にリフレッシュ」 >

海の近くの一棟建てのペンションを利用。一応バリアフリーだが、事前に細かい確認を。
夜中に叫んでしまう症状のある夫には、一棟建ては気兼ねがなくありがたい。
前の日にパンや果物を買い、海を見ながらゆっくりテラスで食べる朝食は、最高の気分!
夫を豊かな自然の中に連れ出してあげるのは、心身にとても良いと思った。
夜もテラスで満天の星を眺める。ハブとサソリには注意!

 < マリン・セラピー  「10月中旬まで海水浴可能!」 >

海水浴が今回の目的!海に入ると身体が自由になり、大自然に抱かれて心も解放される。
ただ、台風による高波は危険なので、素人判断せずに地元の人によく聞くこと!
今回は風の影響を受けにくい内湾の底地(すくじ)ビーチをペンションで紹介された。
木陰があり(陽が強い沖縄では大事!)車いす用のトイレとシャワーが設置されていた。

 < ジェラートを楽しみながらの絶景セラピー >

西の外れの高台にぽつんと一軒、小さなお店が。実はこれが有名なジェラート屋さん。
夕陽を背景に、眼前に広がる絶景を楽しみつついただく。最高!!2回も行ってしまった。
この景色を見ていると、いろいろなことが小さく思えてくる。 トイレも広くて助かる。

 < 夫が笑顔を見せたアニマル・セラピー >

石垣やいま村」は、島の伝統的な古民家を移築して作ったいわば「明治村」。
車いすの貸し出しもあるが、砂地なので、実際に押してみると結構きつい。
放し飼いされている「リスザルの森」があり、規定の餌を買って与えることができる。
午前中に行くと可愛いリスザルが寄ってくる。夫は満面の笑みでリスザルと交流
午後はリスザルも満腹で、あまり姿を見せないらしい。

台風の影響で思ったほど海に入れなかったが、十分にリハビリの目的は達したと思う。
独立した娘も参加し、普段私が見逃している夫の体調の変化等を教えてくれたりした。
旅行は、家族のきずなを深めるのに最高の手段だと思う。

<関連記事>
*「Hさんのリハビリ入院体験記」大きな成果!他県でも助成制度利用可能。
*「レビー小体型認知症7人の体験談」(家族会サイト)Hさんも。年齢症状様々。
*「Hさんの体験談(補足)(幻視の見え方も様々)
*「若年性レビー小体型認知症Kさんの体験談と具体的治療法

image008.jpg
H&M夫妻      
関連記事

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

<しば>

Author:<しば>
私は認知症について希望を持てる情報を集め、共有している一介護家族です。医療・福祉の従事者ではありません。

特定の医師・治療法等へのこだわり、信仰する宗教はありません。
認知症に関連するビジネスもしていません。
掲載する情報は正確・公正であるよう努めています。

このブログ内の記事は、出典さえ書いて頂ければ、自由にコピーして資料等として使って頂いて構いません。リンクもご自由に。

’13年5月から「レビー小体型認知症介護家族おしゃべり会」(全国に広がる家族会)公式サイトに「しば記者デスク」「体験記」というコーナーを頂き記事を連載中。(こちらの記事は会に著作権があります。)

ツイッター:しば@703shiba

*レビー小体型認知症の症状やチェック方法は、カテゴリの一番上「症状チェック」を。


母 '05パーキンソン病と診断。’10.3月要支援2→要介護4へ激変。5月レビーと診断。2度の転倒骨折入院の後、自宅介護が困難に。8月末グループホーム入所。’11年3月に圧迫骨折で寝たきりに。7月特養入所・要介護5に認定。'12年要介護4に回復。’14年なぜか要介護5になるが穏やかで普通に会話が可能。
S13(1938)年生まれ。

父 ’10年9月ピック病(前頭側頭型認知症)と診断。
昭和2桁生まれ。

私 ’60年代生の女性。300km離れた所に住む。日々の介護はきょうだいに頼り’10年から月1回、’12年から1〜2ヶ月に1回帰省。

好きなこと:読むこと・書くこと・草花の写真を撮ること等々。

*記事に付けた花の写真は私が撮影したものです。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR