ついに出た!レビー漫画 その1

このブログの読者のSimsimさん(お母様がレビー小体型認知症)の作品です。
レビーと生きる日常を見事に描いて下さいました。(私は、感動と興奮が止まりません)

(幻視3部作→その1  その2 その3 転倒→その4 妄想→その5 アルツハイマー型との違い→その6 人物誤認→その7 レム睡眠行動障害→その8 異変の始まり→その9 夜中の転倒→その10

症状の描写が正確ですので、介護・福祉・医療関係の方々にも是非読んで頂きたいです。
どうぞSNS等で広めて下さい!よろしくお願いします!

では、第1回目をじっくりとお楽しみ下さい。(まだまだ続きます。)→その2

注:著作権はSimsimさんにありますので、勉強会の資料などで利用されたい方は、
  コメント(公開/非公開)でご一報下さいませ。

追記:既に医学部やケアマネの研修、家族会の勉強会など色々な所で利用して頂いています。
________________________________________

おじいさんの幻視-1_convert_20131022190623

 < 解説 by しば >
これは、レビー小体型認知症の9割に現れるという幻視です。(→幻視の種類と特徴

通常、本物とまったく同じに見える(透けたり、ぼやけたりしない)ため、本人は、本物と受け取ります
多くの方が、幻視(幻覚)の人や子供にお茶や食事を用意しよう(させよう)とします。

しかし思考力はありますから、『なぜこんな所にこんな人(物)が?』と考えたり、『家族に言うのは止めよう』と思ったりします。(関連記事

幻視が、不審者や恐い人である場合は、不安や恐怖のあまり警察に通報したり、棒を持って幻視の不審者と戦う(暴れる)ということが起こる場合があります。
「本人には現実として確かに見えている」ということ、その気持ちを受け入れ、幻視であることを説明する等、家族の冷静な対応が、非常に重要になります

体が傾くのは、パーキンソン症状です。体調が悪いとき程、ひどく傾きます。(詳細

<関連記事>
幻視への対応方法(具体的な声の掛け方など詳細に)
「幻視が見えているようです。レビー小体型でしょうか?どうすれば?」
幻視を疑似体験しよう!(本人の気持ちが理解できる)
レビー これさえ読めば大丈夫」リンク集。3種類のチェックリストもあり。
「幻視が見える認知症」として紹介したテレビ番組の全内容


この講演の動画
関連記事

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

マンガ おじいさん

はじめまして、東京薬科大学の宮川と申します.脳の研究をしています.市民講座で脳の話をすることになり、レビー小体症の症状を説明する画像を探していて、Simsimさんの描かれたこのマンガを見つけました.マンガを話の中でつかわせていただけないでしょうか.私自身、母が10年ほど前にレビー小体症になりました.どのマンガを見ても思い当ります.
プロフィール

<しば>

Author:<しば>
私は認知症について希望を持てる情報を集め、共有している一介護家族です。医療・福祉の従事者ではありません。

特定の医師・治療法等へのこだわり、信仰する宗教はありません。
認知症に関連するビジネスもしていません。
掲載する情報は正確・公正であるよう努めています。

このブログ内の記事は、出典さえ書いて頂ければ、自由にコピーして資料等として使って頂いて構いません。リンクもご自由に。

’13年5月から「レビー小体型認知症介護家族おしゃべり会」(全国に広がる家族会)公式サイトに「しば記者デスク」「体験記」というコーナーを頂き記事を連載中。(こちらの記事は会に著作権があります。)

ツイッター:しば@703shiba

*レビー小体型認知症の症状やチェック方法は、カテゴリの一番上「症状チェック」を。


母 '05パーキンソン病と診断。’10.3月要支援2→要介護4へ激変。5月レビーと診断。2度の転倒骨折入院の後、自宅介護が困難に。8月末グループホーム入所。’11年3月に圧迫骨折で寝たきりに。7月特養入所・要介護5に認定。'12年要介護4に回復。’14年なぜか要介護5になるが穏やかで普通に会話が可能。
S13(1938)年生まれ。

父 ’10年9月ピック病(前頭側頭型認知症)と診断。
昭和2桁生まれ。

私 ’60年代生の女性。300km離れた所に住む。日々の介護はきょうだいに頼り’10年から月1回、’12年から1〜2ヶ月に1回帰省。

好きなこと:読むこと・書くこと・草花の写真を撮ること等々。

*記事に付けた花の写真は私が撮影したものです。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR