スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

私がブログを書き続ける理由(わけ)

自分のブログを読み返すと、「レビー!レビー!」と我ながら呆れるしつこさ・・・。

それでも、「日本中でレビーを知らない人なんている〜?」「え〜?!昔は、そんな信じられないようなこと(誤診・誤治療で悪化)がホントにあったんですか〜?!」と言われる日(=このブログは、とうに粗大ゴミに。)を夢見て書き続けています。

私も3年前までは、認知症の症状にも医療にも興味はなく、何も知りませんでした。
(良いケアとか介護には興味があり、ヘルパー2級を取って特別養護老人ホームで少しだけ働きました。仕事は好きでしたが、体がもろいので続けられませんでした。)

無知だったことで母親が急激に悪化し、取り返しのつかないことになりました。
(向精神薬・リスパダールの副作用で71才から歩けなくなりました。)

処方薬で悪化なんて、何万人に1人の不運な例だろうと思っていたら、そんな方が、全国に数え切れない程いらっしゃるという事実を徐々に知るようになりました。

『なぜ?』『じゃあ、どうすればいいの?』と疑問を抱えつつ調べたことは、同じ苦労をされている介護家族の方々、認知症を患う方と接する多くの方々とも共有したいと考え、このブログに書き続けています。

  レビーの症状にこだわっているのは、2つの理由からです。

1. 症状を知らないと誤診(過った治療)に気付けず、悪化させる。

2. 症状の知識によって未知の症状に振り回されず冷静に適切な対応ができる
  予測もでき、精神的余裕のある介護をすることで症状が大きく改善することが多い。

私たちは、家族が風邪で40度の熱を出してもパニックにならずに看病できますよね?
それは、症状や対処方法を熟知しているからです。
「寒い」と言えば熱が出てくる、「暑い」と言えば熱が下がると予測して備えられます。
どんな症状が出れば風邪ではなくインフルエンザか、すぐわかります。
では、噴水のように吐いて、首の硬直があったら、どうでしょう?
髄膜炎の知識さえあれば、すぐに対処し、救うことができます

レビーも同じなのだと、失敗を経て3年経った今はわかります。
どうか症状を知って下さい
それを周囲の人にも伝えて下さい
知りさえすればレビーは、決して恐ろしい病気ではありません

追記:レビーでも幻覚幻視)やパーキンソン症状(歩行の異常など)の出ない方、物忘れのほとんど目立たない方もいらっしゃいます。多種多様です

<関連記事>
レビーの症状(ネット上で最も詳しいと思っています)
体験記(「レビー小体型認知症介護家族おしゃべり会」のHPに連載中)
*カテゴリ:レビーとその他認知症を早期発見するチェックリスト
*カテゴリ:レビー小体型認知症

P1010272_convert_20130613140653.jpg
未央柳 (ビヨウヤナギ。別名:美女柳、美容柳、金線海棠)
関連記事

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

しばさーん
素敵です。
私は、母のことのダメージが大きすぎて、まだ協力はできないかな。
でも、応援します(^_^)v
レビーのみなさんのために、お願いします。

コメントありがとうございました

みやさ〜ん!ありがとうございます!

レビーって、誰も知らない、医者も知らない、治療して悪くなる人が多いのにそれすら知られていない・・まるでブラックホールじゃないか・・と思っていた時もあるんですが、段々に良い面も見えるようになってきました。

レビーの方は、理解力や人間性がずっと残って、最期まで家族を労う言葉が出るというお話も介護家族の方から聞きましたし、理不尽な体験をしているからこそ介護家族のパワーも強い気がします。

私は、レビー介護家族の方々のブログにコメントすることはあまりないのですが(それをいつもとても申し訳なく思っています)、読んでいますし、心の底から応援しています。

介護家族の方々のパワーは、時間はかかっても絶対に現状を変えると信じています。

私は、「塞翁が馬」って本当だと思っているんです。
みやさんもいつかそのダメージが、同じだけ大きなプラスとなる日が来ると私は信じているんですよ。

プロフィール

<しば>

Author:<しば>
私は認知症について希望を持てる情報を集め、共有している一介護家族です。医療・福祉の従事者ではありません。

特定の医師・治療法等へのこだわり、信仰する宗教はありません。
認知症に関連するビジネスもしていません。
掲載する情報は正確・公正であるよう努めています。

このブログ内の記事は、出典さえ書いて頂ければ、自由にコピーして資料等として使って頂いて構いません。リンクもご自由に。

’13年5月から「レビー小体型認知症介護家族おしゃべり会」(全国に広がる家族会)公式サイトに「しば記者デスク」「体験記」というコーナーを頂き記事を連載中。(こちらの記事は会に著作権があります。)

ツイッター:しば@703shiba

*レビー小体型認知症の症状やチェック方法は、カテゴリの一番上「症状チェック」を。


母 '05パーキンソン病と診断。’10.3月要支援2→要介護4へ激変。5月レビーと診断。2度の転倒骨折入院の後、自宅介護が困難に。8月末グループホーム入所。’11年3月に圧迫骨折で寝たきりに。7月特養入所・要介護5に認定。'12年要介護4に回復。’14年なぜか要介護5になるが穏やかで普通に会話が可能。
S13(1938)年生まれ。

父 ’10年9月ピック病(前頭側頭型認知症)と診断。
昭和2桁生まれ。

私 ’60年代生の女性。300km離れた所に住む。日々の介護はきょうだいに頼り’10年から月1回、’12年から1〜2ヶ月に1回帰省。

好きなこと:読むこと・書くこと・草花の写真を撮ること等々。

*記事に付けた花の写真は私が撮影したものです。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。