「驚きの介護民俗学」(六車由実著)1

民俗学准教授から特別養護老人ホームの介護職員に転職した六車由実さんの著書「驚きの介護民俗学」。会話が成立しにくい重度認知症の利用者を相手に、民俗学の「聞き書き」の方法で、深い会話を成立させていく姿がとても興味深く、面白く、感動的な良書。

<民俗学の「聞き書き」=「話者から教えを受ける(P.155)」という姿勢で、相手の言葉そのものを聞き逃さずに書きとめることに徹し、それによって相手の生活や文化を理解するもの。(P.99)>

以下(青字部分)は、抜粋。一部、原文は残しつつ要約。( )は私が加筆したもの。


言葉の記録を重ねていくうちに、反応が、まったくトンチンカンなものではなく、なんとなく惜しいところをかすっているように思えてきた。例えば、「お手玉体操の時間ですよ」に「大方そうなんて言わないでよ」と返答する。お手玉の”お”、体操の”た”ではないかと気付き、それならもっとゆっくりはっきり耳元で語りかければ会話ができるかもしれないと直感する。(P.84)

(やがて片耳の難聴に気付き)右耳に話し掛ければ言葉の意味を理解し、返事をすることを発見。(この利用者が)一生懸命耳を傾けて、言葉のいくつかの音だけを拾って言葉を想像し反応していたことがわかる。会話も成り立たない人というのはこちらの思い込みだったのである。(P.83〜87)

(困った人と思われている利用者の言葉を聞き、観察していくと)ハルさんは家族思いで、心配性で、ユーモアあふれる魅力的な人だとわかる。私たちは、ハルさんのそうした気持ちを理解しないまま「不穏」というレッテルを貼ってみていたのである。(P.91)

介護や福祉の世界では、態度、表情などから気持ちを察することが過剰に重視され、語られる言葉を聞き流す傾向がないか。
(P.96)
認知症の利用者の言葉は、脈絡もなく、意味のないものとみなされてしまいがちだ。
しかしそれにつきあう根気強さと偶然の展開を楽しむゆとりをもって、語られる言葉にしっかりと向き合えば、その人の人生や生きてきた歴史や社会が見えてくる。
(P.110〜111)

「へー、そうなんですか。すごいですね」「それ、初めて聞きました」「それって、つまりこういうことですか」とこちらが「驚き」を言葉と体で思いっきり表しながら身を乗り出して聞くと利用者も一生懸命自分の知っていることを教えてくれようとする
私の「慣れ」と「怠慢」はすぐに覚られ、話を続けようとはしなくなる。(P.195)


(大切なことは)驚き続けること。「驚きの快感」を感じているほど、話者の表情も豊かになり、深い所まで話を掘り下げることができる。気持ちよく心豊かに話をするためにも「驚き」は重要な態度。驚き続けるための拠り所は、民族研究者としての「矜持」と「知的好奇心」である。(P.196)

注)矜持(きょうじ)=自信と誇り。プライド。

この記事は、(2)に続きます。

<関連記事>
*「長谷川和夫氏の講演内容」(「長谷川式スケール」の開発者)
*「語ることと聴くこと」(「臨床とことば」河合隼雄・鷲田清一著)
*「聴く力」(話すことが困難な人たちが、話すために必要なこと)

A30.jpg
 (→アマゾン
関連記事

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

<しば>

Author:<しば>
私は認知症について希望を持てる情報を集め、共有している一介護家族です。医療・福祉の従事者ではありません。

特定の医師・治療法等へのこだわり、信仰する宗教はありません。
認知症に関連するビジネスもしていません。
掲載する情報は正確・公正であるよう努めています。

このブログ内の記事は、出典さえ書いて頂ければ、自由にコピーして資料等として使って頂いて構いません。リンクもご自由に。

’13年5月から「レビー小体型認知症介護家族おしゃべり会」(全国に広がる家族会)公式サイトに「しば記者デスク」「体験記」というコーナーを頂き記事を連載中。(こちらの記事は会に著作権があります。)

ツイッター:しば@703shiba

*レビー小体型認知症の症状やチェック方法は、カテゴリの一番上「症状チェック」を。


母 '05パーキンソン病と診断。’10.3月要支援2→要介護4へ激変。5月レビーと診断。2度の転倒骨折入院の後、自宅介護が困難に。8月末グループホーム入所。’11年3月に圧迫骨折で寝たきりに。7月特養入所・要介護5に認定。'12年要介護4に回復。’14年なぜか要介護5になるが穏やかで普通に会話が可能。
S13(1938)年生まれ。

父 ’10年9月ピック病(前頭側頭型認知症)と診断。
昭和2桁生まれ。

私 ’60年代生の女性。300km離れた所に住む。日々の介護はきょうだいに頼り’10年から月1回、’12年から1〜2ヶ月に1回帰省。

好きなこと:読むこと・書くこと・草花の写真を撮ること等々。

*記事に付けた花の写真は私が撮影したものです。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR