スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

死ぬときは、苦しいのか

「親が死ぬ日が来ると思うと恐怖を感じる」と何人かの方から伺ったことがあります。
「死がわからない。きっと苦しく、恐ろしく、辛いことなのだろうと思う」と。

最近、祖父の死に立ち会ったという若い女性の話を聞きました。
「死ぬって、テレビとかでしか見たことがなかったから、凄く苦しんで、何か一言言って、ガクッて・・、そういうものなんだって思っていたのに、全然違うんですね」

病気などで、人が自然に死ぬとき、人は、ガクッとは死にません。
長い時間をかけて、徐々に弱っていきます。
弱って、食べたり、飲んだり、会話をしたりすることが難しくなります。
やがて意識を保っていることも難しくなります。
その頃には、痛みも苦しみも全く感じなくなると言われます。

やがて呼吸をすることが難しくなり、苦しそうではありませんが、独特の呼吸(下顎呼吸)が始まります。それも徐々に弱まっていきます。
止まったり、また呼吸をしたりを繰り返し、そしてやがて静かに止まります。
旅立ちは、出産と同じように、いえ、それ以上に長い時間をかけて少しづつ進みます。
それは、とても静かで、穏やかで、自然で、苦痛とは遠いものです。
(私の経験ですが、色々な本を読んでも同じように書かれています。)

私の友人は、スキューバダイビング中の事故で臨死体験をしました。
「呼吸ができなくて、パニックになってもがいていた時、急に、ふっと楽になった。
辺り一面に見たこともない美しい光が現われて、それにうっとりと見とれた。
最高に気持ちがよく、言いようのない深い幸せに満たされていた。
『死ぬんだな』と思ったが、まったく構わないと思える程の恍惚感に満たされていた」
それ以来、友人は、死ぬことが少しも怖くなくなったと言います。

科学では、これは、脳の酸欠状態で起こる現象と説明されています。

死ぬとき、人はもう意識がないように見えます。(聴覚は、残っていると言われます。)
でもその体の中では、きっと見たこともない美しいものを見、至福の中に安らいでいるのだと、私は、思っています。(まだ経験したことがないので確証はないのですが・・)
そして自分もいつかそんな体験をすることを楽しみにしています。

私は、私の死後、私の感情が残り続けることもないと考えています。
「さぞかし無念だったろう」という言葉をしばしば聞きますが、私の苦しみ、悲しみ、無念は(もし仮にあったとしても)私の死と同時にきれいさっぱり、見事に消え去り、どこにも残ることはないと思います。
家族には「無事に死ねてよかったねぇ。長い間お疲れさん」と微笑んで欲しいです。

<関連記事>
*「死のイメージ」(ヤゴに例えた美しい寓話)
*カテゴリ「死を受け入れるために
*「米国ホスピス・ボランティア体験記

P1020726_convert_20130930152856.jpg
スポンサーサイト

ホームホスピスで看取る

2013年11月16日の日本経済新聞夕刊から抜粋。
2013年11月18日の「あさイチ」でもエンディングノートを取り上げていました。
終末期をどこで、どう過ごしたいか、どう人生の幕を閉じたいかは、50代から考えておきたい大切な問題だと思います。親とも、なるべく早い時期から話し合っておきたいです。


  <「家」で看取る  市原美穂さんに聞く 
            疑似家族と穏やかに 最期まで生活支える  >

民家を借り、末期がんに認知症を併発したりした高齢者らを受け入れるホームホスピス「かあさんの家」を宮崎市に開設(2004年)した市原美穂さんへのインタビュー。

「かあさんの家は、自宅でも施設でもない『もう1つの我が家』。日常の衣食住は、ヘルパーが24時間体制で援助し、かかりつけ医や訪問看護師、訪問歯科医、理学療法士など地域の様々な専門職が支えます。
針灸師が施術に、美容師が髪を整えに訪れ、アロママッサージや音楽療法のボランティアも来てくれます。ここから外部の事業所のデイケアやデイサービスに出かける人もいます」

「現代の死は(略)デジタルで可視化されているけれど、家族には実感が湧きません。
それは、声をかけたり体を触ったりし、脈や息が絶えるのを感じることで大切な人の死を受け入れていく伝統的な看取りの文化の消失です」

かあさんの家は、30〜40坪の民家に5人が入居し、スタッフ5人が支える。
気配が感じられるこの広さと人数が最適です。掃除や洗濯の音、人の話し声が終始聞こえ、食事の匂いが漂う穏やかな暮らしの空間だからです」

「ある男性が亡くなった時、(略)入居者の女性が胸に手を当てて『立派な旅立ちでした。またお会いしましょう』と話しかけました。仲間が看取られながら眠るように逝くのを目の当たりにすることで入居者はさらに安心されるのではないでしょうか」

「生活の場での看取りケアは、最後の1日までその人らしく生きるための援助です。
人の手を借りなければ生活できない状態になっても、最後まで大切にしてもらえているという幸福感や感謝の気持ちに包まれて臨終の床にいたいと誰もが願っているのではないでしょうか」

「都市には大量の空き家があります。そこを自宅に近い形で暮らせる場にしてはどうでしょう。地域に医療や介護の基盤があれば、決して不可能ではありません」

宮崎で生まれたホームホスピスは、全国14カ所に広がり、7カ所で開設を準備中。


<関連カテゴリ・記事>
*カテゴリ「死を受け入れるために
*カテゴリ「介護家族の心理変化・気持ち
*「意識がないように見える人に話し掛ける

25.jpg
市原美穂さん(写真は社会貢献支援財団HP「受賞者紹介」から

「死 それは成長の最終段階」キューブラー・ロス著

シリーズ「死を受け入れるために」9回目。以下、本からの抜粋。


「死、それは成長の最終段階  続 死ぬ瞬間 」 E.キューブラー・ロス著 鈴木晶訳

 苦しみはあまりに大きい・・・でも、私はそれに耐えよう。
 これほど深く愛していなかったら これほど深く心を痛めることはあるまい。
 
 だが、私はあの貴い愛を 寸分たりとも捨てるつもりはない。
 私の心は痛む。 しかし、その痛みに感謝しよう。
 それは 私たちの存在の意味の深さの証なのだから。 
 だから私は そのことを 永遠に感謝しよう。                


 死は 避けることができない。
 人は 誰も いずれは死ぬ。 たんに時間の問題にすぎないのだ。
 
 死は、誕生と同じく、人間の存在と成長発展の一部である。(略)
 死は、打倒すべき敵でもなければ、そこから逃げ出す牢獄でもない。
 死は、人生の必要不可欠な部分であり、人間の存在に意味を与えるものである。(略)
 
 死とは、目には見えないが、親切な、人生の旅路の道連れであり、
 本当にしたいことは 先送りしてはいけないのだということを
 優しく気づかせてくれる友なのだ。   


 死とは この世での成長の最終段階である。
 死によってすべてが滅びるのではない。
 死ぬのは 肉体だけである。
 自己、あるいは魂(どう呼んでもかまわない)は 永遠である。
 気持ちの安らぐようなかたちで、人それぞれ自由に解釈すればいいのである。
 
 自分の気持ちや行為の一つひとつが、自分と関係のある人たちに影響を与え、
 その人たちが また他の人たちへ影響を与えるというように、
 次々に広がっていく影響というかたちで、人間は寿命が尽きたあとでも
 永遠に存在し続けると考えてもいい。
 
 たとえば、出会った人に微笑みかけたり、励ましの言葉をかけたりしたことが、
 さざ波のように広がって誰かに影響を与えているということを、あなたは知るまい。            

(中央公論新社発行。文庫版。著者は末期医療に多大な影響を与えた精神科医)

カテゴリ:「死を受け入れるために

P1010493_2_convert_20120831090418.jpg
アゲラタム(オオカッコウアザミ)

「愛する人を亡くした時」

死を受け入れるために」というシリーズの8回目です。本からの抜き書きです。


 「愛する人を亡くした時」(E.A.グロルマン著 日野原重明監訳)

     愛児を失うと、親は人生の希望を奪われる。 

       配偶者が亡くなると、ともに生きていくべき現在を失う。

         親が亡くなると、人は過去を失う。

           友人が亡くなると、人は自分の一部を失う。     

  〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

   私たちが住んでいるこの悲しみに満ちた世界にあっては、
   悲しまない人など一人もいません。

   悲しいときには、胸が張り裂けそうな苦しみを味わいます。
   その苦しみは、時を待たねば、完全には消え去りません。

   やがていつの日にか心の晴れるときが来ようとは、
   いまは夢にも思えないことでしょう。

   けれども、それは思い違いというものです。

   あなたは、きっとまた幸せになれます。

   この確かな真実がおわかりになれば、
   いまのみじめな気持ちが少しは和らぐはずです。

   私は自分自身の体験から申しているのです。

         アブラハム・リンカーン 
   (リンカーンは、3人の愛息—4、11、18才—を亡くしています。) 

(春秋社発行。子供を亡くした人、妻を夫を亡くした人、親を亡くした人、
 親しい友人を亡くした人たちの体験が綴られた良書。)

P1010355_2_2_convert_20130619183644.jpg
額紫陽花(ガクアジサイ)

家族を看取る(「死ぬ瞬間 死とその過程について」)

医師は、訴訟を起こされる可能性も考え、救急車で運ばれて来た患者に延命措置をしないという選択肢はほとんどないと先日もテレビで放送していた。例えそれが、医師から見て、寿命を迎えた超高齢者の場合でも。(→「クローズアップ現代」公式サイト

以下青字部分は、末期患者の心理や「死をどう考えるか」を易しく解説した1969年発行の名著からの抜粋。(44年経った今でも必読本だと思う。→アマゾン


  「死ぬ瞬間 死とその過程について」  E..キューブラー・ロス著/鈴木晶訳

死はますます孤独で非人間的なものになりつつある。
それは、患者が、慣れ親しんだわが家から運び出され、緊急救命室に急送されるからだ。

(略)私たちは、(略)患者のことをもっと考え、(略)大騒ぎはやめ、患者の手を取り、やさしく微笑みかけ、質問に耳を貸したほうがいいのではないか。

(略)入院すれば助かる命を助けてはならないなどと言っているのではなく、患者の経験・要求・反応に焦点を合わせようと言っているのである。                          

(略)言葉をこえる沈黙の中で臨死患者を看取るだけの強さと愛情をもった人は、死の瞬間とは恐ろしいものでも苦痛に満ちたものでもなく、身体機能の穏やかな停止であることがわかるだろう。

人間の穏やかな死は、流れ星を思わせる。
広大な空に瞬く百万もの光の中のひとつが、一瞬明るく輝いたかと思うと無限の夜空に消えていく。

(略)一人ひとりが唯一無二の存在であることがわかる。
そして(略)寿命には限りがあることを改めて認識させられるのだ。         

*このブログ外の関連記事「「癌名医が末期癌に—それでも治療しないと語る理由
この記事で神代尚芳医師(67)の語る「死は人生を完成させるもの」という考え方は、キューブラー・ロスの訴え続けた考え方と同じ。

*カテゴリ:「死を受け入れるために

P1020186_convert_20130411120525.jpg
蒲公英(タンポポ)

「続・死に方のコツ」死後のイメージ

18年前の本ですが、死について易しく、ユーモアたっぷりに書かれた良書。正続とも。
私は、昔、この2冊の本にずいぶん救われました。


  「続・死に方のコツ」 高柳和江著

ある深い池に ヤゴが住んでいた。

彼らは 不思議に思っていた。
百合の枝をつたって水面にのぼっていった友だちは、
なぜ誰も帰ってこないのだろう。

そこで彼らは相談した。
「次に誰かが水面に上がったら、必ず戻ってきて、何が起こったのかを話してくれ。
約束だよ」。

すぐに、仲間のひとりが、強い力を感じた。
彼は百合の葉にたどり着き、そこで美しい羽のトンボに変身した。

そのことを伝えようと、彼は池の水面を飛びまわった。
けれど、ヤゴたちは 誰ひとりとして、その美しい生き物が、かつての仲間のひとりだとは気づかないのだった。

(要約。カーバード作) 
(著者は執筆時、日本医科大学助教授。1995年飛鳥新社発行)              


「生命の本質とは、絶え間のない流れ」(福岡伸一)という言葉にも通じると思います。


P1030016.jpg
蓮(ハス)の花。

宮沢賢治の詩(死ぬときに見える風景)

「縁起でもない」と不愉快になる方もいらっしゃるかと思いますが、最近、このブログの中に「死を受け入れるために」というカテゴリーを作りました。
自分の家族や友人や自分自身の死を受け入れていくための模索です。
正解はありません。ただ「自分だけの答え」を求めて考え続けていきたいと思います。



宮沢賢治「疾中」より


          眼 に て 伝 う

     だめでせう
     とまりませんな
     がぶがぶ湧いているですからな
     ゆうべからねむらず血も出つづけるもんですから
     そこらは青くしんしんとして
     どうも間もなく死にさうです
     けれどもなんといい風でせう
     もう清明が近いので
     あんなに青ぞらからもりあがって湧くやうに
     きれいな風が来るですな
     もじぢのわか芽と毛のやうな花に
     秋草のやうな波をたて
     焼痕(やけあと)のあるい草のむしろも青いです
     あなたは医学会のお帰りか何かは判りませんが
     黒いフロックコートを召して
     こんなに本気にいろいろ手あてもしていただけば
     これで死んでもまづは文句もありません
     血がでているにかかはらず
     こんなにのんきで苦しくないのは
     魂魄(こんぱく)なかばからだをはなれたのですかな
     ただどうも血のために
     それを伝へないがひどいです
     あなたの方から見たらずいぶんさんたんたるけしきでせうが
     わたしから見えるのは
     やっぱりきれいな青空と
     すきとほった風ばかりです


(注:旧字は変えてあります。わか芽とい草は、原文は漢字です。)
*カテゴリー「死を受け入れるために

追記:この記事のコメント欄に自宅介護が困難になったレビー小体型認知症のお母様をみていらっしゃる方からの貴重なコメントがあります。同じ苦労をされている方、施設を探している方の参考になると思いますので、是非お読み下さい。

P1010529_convert_20130108214723.jpg

生死について書かれた良書2冊

今、まとまったものが書けない状況なので、思い付いたまま書きますが、ご容赦下さい。


中村勘三郎さんの訃報にショックを受けています。
イケメンとは違うのに、人を強く惹き付ける素晴らしいお顔をされていましたよね。
なぜだろうと考えた時、この方の心の深さ、真摯な生き方が、強く表れているからだろうと思いました。

50代の死は、若過ぎると誰もが思います。
でも私は、同じ歳の親しい友人を22才の時と40才の時に突然亡くしています。
いのちは、年齢に関係なく、突然消えてしまうものなのだと、私は、この2人から深く教えられました。

生と死について、最近読んで心に深く残った良書を2冊ご紹介しておきます。

*癌が進行しても死を自然なものとして完全に受け入れている佐野洋子さんの
 「死ぬ気まんまん」。

*「柳原和子 もうひとつの「遺言」—がん患者に贈る言葉と知恵—」工藤玲子編著。

やはり癌で亡くなった、しかし絶対に死にたくないと闘い尽くしたノンフィクション作家柳原和子さんのことを綴った本です。柳原さんが、講演で話された全文も収録されています。圧倒的な迫力があります。

この本に書かれた医療への批判の多くは、そのまま認知症医療にも当てはまると思いました。問題の多い医療といかにうまく付き合いながら、病気と共に生き抜くかという具体的な方法の数々も参考になります。

ここにあげた皆さんのご冥福を心からお祈りします。

P1010793_convert_20121205170539.jpg
花水木(ハナミズキ)

平穏死を考える(日経新聞)

2012年10月20日の日本経済新聞夕刊の記事から抜き書き(一部要約)。

  「平穏死」を考える 石飛幸三さんに聞く
        「延命ありき」は無責任  人生の最後 自ら描く

人間は必ず死ぬ。できれば天寿をまっとうし、穏やかに逝きたい。
ところが現代医療は、この願いを踏みにじり、死期の迫ったお年寄りに無用の苦痛を強いている。
特別養護老人ホーム「芦花ホーム」の医師・石飛幸三さんは、2年半前に著した『「平穏死」のすすめ』でこんな現状を報告。高齢社会の医療のあり方に一石を投じた。

7年前に特養の医師になった。
そこで目にしたのは、手足が曲がったままかたまり、寝返りも打てず、自分の意思もなくした人が、1日3回胃ろうで宇宙食のような栄養液を入れられて生き永らえている姿だった。

「皆が責任をとらなくなったから」こんな事態が起きている。
お年寄りの容体が急変すると、責任を追及されないよう施設職員は、すぐ病院に送る。病院は、すぐ胃ろうをつくり施設に送り返す。

「私は、胃ろうがすべて悪いと言っているのではない。脳梗塞で一時的に食べられなくなった人が、体力を回復するまでのつなぎとして利用するなど、まだ先があるなら効果を発揮する場面も多い。
胃ろう自体は、有効な医療手段です。でも、それを老衰のお年寄りに自分たちの責任逃れのために行うことに疑問を呈しているのです。

「人間は、生き物です。老衰が進むと体が食べ物を求めなくなる。
それなのに家族も介護士もひとさじでも多く食べさせようとする。
でも、それがお年寄りの体に負担をかけ、誤嚥性肺炎を引き起こす。
あげくは点滴や胃ろうで栄養を補給する。体は悲鳴をあげている」

「発想の転換が必要なんです。
生物としての寿命をまっとうした体は、余分な荷物をおろして旅立とうとしている。
三宅島ではお年寄りが食べられなくなると、水だけをそっとそばに置いていたそうです。
静かに見守るのが、本人にとって一番楽なんです」

石飛さんは、それぞれが元気なときから自分の死と向き合い、どんな最期を迎えたいかを言葉や文書で周囲に伝えることを勧める。

「胃ろうは1人1年間で500万円の医療費がかかる。今の高齢者もツケを若者に回して延命しようなどと考えていないはず。高齢者の意思を無視して自分たちの責任回避を図るのは、現代版の棄老(うば捨て)でしょう」

著書:『「平穏死」のすすめ』『「平穏死」という選択』


*このブログのカテゴリ:「胃ろう・嚥下障害」
*このブログのカテゴリ:「死を受けれるために」

P1010645_convert_20121021071243.jpg
芙蓉(フヨウ)

耐えること。「しなう心」

これは、昔、ホスピスでボランティアをしていた頃、本から抜き書きしたものです。
そうしたものがたくさんあるので、少しづつご紹介していきます。



「詩集 病者・花」 細川宏遺稿集から。


      しなう心
   
    苦痛のはげしい時こそ

    しなやかな心を失うまい

    やわらかにしなう心である

    ふりつむ雪の重さを静かに受け取り

    軟らかく身を撓(たわ)めつつ

    春を待つ細い竹のしなやかさを思い浮かべて

    じっと苦しみに耐えてみよう                           


(著者は、胃がんのため44才で亡くなった東大医学部教授)

*YouTubeからショパン:ノクターン 嬰ハ短調 (演奏:五嶋みどり)

P1010529_convert_20121016063723.jpg

死別への心の準備(新聞記事)

最近、中日新聞に掲載され深く心に残った記事へのリンクです。
妻に先立たれた夫が、何を思い、何に苦しみ、どう立ち直ったかを描いています。

   <妻を亡くして 3回シリーズ>(記事全文は、以下の中日新聞公式サイトへ)
 (上)日本対がん協会会長・垣添忠生さんの場合
 (中)気象エッセイスト倉嶋厚さんの場合
 (下)歌人で細胞生物学者・永田和宏さんの場合


以下は、私(しば)の思うことです。(昔々、ホスピスやがんセンターで細々と傾聴ボランティアをしていました。)

介護には、ゴールがあります。
けれども愛する家族を介護する人にとって、ゴールを迎えることは、恐ろしいことでもあります。

私たちは、その日が来る前に、死別を受け入れる準備もしていかなければいけません。
人間は死ぬのだということを頭ではなく身体全体で理解し、自分なりに身体の中に納めていかなければいけません。

さもないと最後にパニックになり、正常な判断ができなくなります。
ひたすら延命を望み、管だらけのむごい姿を見ることになります。
「これで良かったのか」という疑問と後悔が残ります。

人は、自然に穏やかに死んでいくこともできます。
死を受け入れることができていれば、家族皆で手を握り、「今までありがとう」と伝え(聴覚は最後まで残ると言われています。)静かにあたたかくあの世に送り出してあげることもできるのです。
そのためには、死を受け入れるための心の準備を少しづつ積み上げていくことが大切だと思います。


    「モモ」 ミヒャエル・エンデ著

「もしあたしの心臓が鼓動をやめてしまったら、どうなるの?」
「そのときは、おまえの時間もおしまいになる。(中略)
おまえじしんは、おまえの生きた年月のすべての時間をさかのぼる存在になるのだ。
人生を逆にもどって行って、ずっとまえにくぐった人生への銀の門にさいごにはたどりつく。そしてその門をこんどはまた出ていくのだ。」
「そのむこうはなんなの?」
「そこは、おまえがこれまでになんどもかすかに聞きつけていたあの音楽の出てくることろだ。でもこんどは、おまえもその音楽に加わる。おまえじしんがひとつの音になるのだよ。」(中略)
「もし人間が死とはなにかを知っていたら、こわいとはおもわなくなるだろうにね。」
(12章「モモ、時間の国につく」より)


P1010549_convert_20120924204805.jpg
萩(ハギ)
プロフィール

<しば>

Author:<しば>
私は認知症について希望を持てる情報を集め、共有している一介護家族です。医療・福祉の従事者ではありません。

特定の医師・治療法等へのこだわり、信仰する宗教はありません。
認知症に関連するビジネスもしていません。
掲載する情報は正確・公正であるよう努めています。

このブログ内の記事は、出典さえ書いて頂ければ、自由にコピーして資料等として使って頂いて構いません。リンクもご自由に。

’13年5月から「レビー小体型認知症介護家族おしゃべり会」(全国に広がる家族会)公式サイトに「しば記者デスク」「体験記」というコーナーを頂き記事を連載中。(こちらの記事は会に著作権があります。)

ツイッター:しば@703shiba

*レビー小体型認知症の症状やチェック方法は、カテゴリの一番上「症状チェック」を。


母 '05パーキンソン病と診断。’10.3月要支援2→要介護4へ激変。5月レビーと診断。2度の転倒骨折入院の後、自宅介護が困難に。8月末グループホーム入所。’11年3月に圧迫骨折で寝たきりに。7月特養入所・要介護5に認定。'12年要介護4に回復。’14年なぜか要介護5になるが穏やかで普通に会話が可能。
S13(1938)年生まれ。

父 ’10年9月ピック病(前頭側頭型認知症)と診断。
昭和2桁生まれ。

私 ’60年代生の女性。300km離れた所に住む。日々の介護はきょうだいに頼り’10年から月1回、’12年から1〜2ヶ月に1回帰省。

好きなこと:読むこと・書くこと・草花の写真を撮ること等々。

*記事に付けた花の写真は私が撮影したものです。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。