スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ホルモン補充療法(5)危険性と運動の効果

「脳を鍛えるには運動しかない!」―最新科学でわかった脳細胞の増やし方―(ジョンj.レイティ著 2009年NHK出版発行)を読んで知ったことの1つをご紹介します。

ホルモン補充療法の危険性(2002年の調査)についてです。
私もその後の10年で研究がどう進み、どんな結論が出たのかは、知りません。
少なくとも2010年11月に私が調べた限りでは「安全性は高い」と日本では言われていました。

私も受け、良い効果があったので過去の記事に書きました。(記事はこちら)
その後、スロージョギングで変化があり、ホルモン補充療法を止めても更年期障害は出ませんでした。

以下(青字部分)は本からの抜き書きです。
安全か危険かは、研究の時期(2002年以降の研究か)などを見てご判断下さい。


 「脳を鍛えるには運動しかない!」第8章ホルモンの変化―女性の脳に及ぼす影響

2002年に米国国立衛生研究所(NIH)が実施した調査で閉経後ホルモン補充療法を受けている女性の方が、そうでない人に比べて乳がんの発症率が26%、脳卒中が41%、心臓発作が29%高かった。
イギリスの調査では、認知症になるリスクが2倍になると報告。

ただし短期間であれば閉経期にホルモン補充療法を受けることを支持する調査結果もある。

2002年まではホルモン補充療法は、安全で、認知症予防にも効果があると言われていたため、ホルモン補充療法を巡る矛盾は、多くの女性を困惑させている。


ホルモン補充療法が、ほてり(ホットフラッシュ)に効果があることは、誰もが認めているが、運動が、ほてりや寝汗(血管運動神経症状)に効果があるという決定的な証拠はない。
(イタリア女性6万6千人を対象にした調査で効果があるという結果が出たのみ。)

運動は、少なくとも長期的な副作用を心配せずに、自分で効果を試すことのできる療法だ。
運動によって症状が緩和されてもされなくても、健康が蝕まれる心配はないのだ。
運動は、心臓病や糖尿病、乳がん、認知機能低下を予防する。
また、不安や抑うつ感を緩和する。

オーストラリアの883人を対象とした調査では、運動と更年期障害の間に強い関連性が認められた。
週2回以上運動している女性は、うつの身体的・精神的症状が極めて少ない。
頭痛、体の緊張、苦痛、疲労を訴えることが少ない。

追記:2013年3月24日の朝日新聞の記事をご参考に
    →「エストロゲンは認知症リスクを高めるのか、低めるのか?

P1010950.jpg
椿
スポンサーサイト

ホルモン補充療法の中止

最近、同世代の同性の友人から「更年期障害のホルモン補充療法は、その後、どうなったか」と質問されました。
(更年期障害は、45~55歳の女性に起こる多様な症状です。
治療についての過去の記事は、こちらを。

あっ・・すっかり忘れていました。
2010年11月から始めた治療は、2011年9月に完全に止めました。
今は、何の問題もなく元気に生活しています。
何が起こったのか、医学的なことは全く分からないので、少し躊躇しますが、経過を書きます。


9月に胸の張りが起こりました。痛みはありませんでしたが、3週間位続きました。
普通は、黄体ホルモンを飲むとそうなりやすいのですが、無関係に起こりました。
女性ホルモンが、過剰な状態になっているのだろうと考えました。
わざわざ病院に行くのもあまり気が進まず(ちょっと滑稽じゃないですか?)、試しにエストロゲンパッチを止めてみました。恐る恐るです。

医師は、この治療は、いつでも止めたくなった時、スパッと止めろと説明していました。
でもホルモンの減少で起こっている症状を、更に減少した所で止めれば、もっと重い症状が出るはずだと思っていました。

予想に反して、止めても何の問題も起こりませんでした。
胸の張りは消え、更年期障害の症状も出ないので、そのまま治療を止めました。
(正確に言えば、2ヶ月半の間に1度だけ夜中のホットフラッシュがありました。)
症状の消失には、驚きました。
更年期障害は、脳の視床下部(自律神経を司る。)の混乱から起こるそうですが、混乱は10ヶ月で自然に(?)治まってしまったわけです。


では、なぜ突然胸が張ったのか。なぜ視床下部の混乱が治まったのか。
はっきりした理由はわかりませんが、9月にあった唯一の変化は、スロージョギングを再開して心身の状態が、劇的に良くなったことでした。

「違うでしょ?!」と言われそうですし、私自身、正直よく分かりません。
想像するのは、体全体が、すべて繋がっていて、絶妙なバランスを保っているのだろうということです。
体全体がバランスを取り戻す中で、脳も含めた各臓器も正常に働き、ホルモンの分泌も増え、自律神経も整い、そのために自分でも驚く程健康になったということではないかと考えています。

スロージョギングが人間を健康にする(万能薬のように多様な効果を発揮する)詳しいメカニズムは、まだ解明されていないそうです。
言われても良くわかりませんが、「筋肉がサイトカインの分泌を正常化する」「遺伝子を発現させたり抑制させたりする」のではないかと考えられているそうです。(「スロージョギングで人生が変わる」P.66から)

異常な肩こりも冷え性も肌荒れも頭痛も倦怠感も憂うつな気分もずっと続いていると、それが異常だとは気が付かなくなります。体質かと諦めてしまいます。
でもそれは、間違っているようです。
肩こりも肌荒れも頭痛も倦怠感もうつ気分もなくなって、冷え性も大きく改善した今、そのメカニズムにとても興味をひかれています。


P1040367.jpg
ひなぎく(デイジー)









更年期障害のホルモン補充療法 その3

更年期障害ホルモン補充療法を2010年11月から続けている。(経過はこちら)

最初に黄体ホルモン(錠剤)を飲み始めた時、不眠、胸の張りなどが出た。
黄体ホルモン(朝夕。12日間)を飲み終えると翌日からよく眠れるようになった。
胸の張りも一晩でなくなり、サイズも形も変わった。
飲み終えると1日半~3日で生理が始まる。

2回目(開始時期は自分で決められる。)に黄体ホルモンを飲んだ時には、不眠も胸の張りも全くなかった。
問題が起こったのは、最初だけだった。
医師が言ったように体が慣れたのかも知れない。
この時から2ヶ月分の薬(エストロゲンのパッチと黄体ホルモン錠剤)が処方された。

何事もなく過ごしていると治療の効果も意識しなくなる。
しかしエストロゲンのパッチを交換し忘れると、すぐにわかる。
真冬だというのに夜中に汗びっしょりになって、暑さで目を覚ます。
元々夏でも汗をかかない体質なのにパジャマを着替えなければいけない程の汗が出る。
パッチがなければ、これを毎晩繰り返しているのかと思うとぞっとする。

黄体ホルモンを飲み忘れないようにするには、努力がいる。
どこか具合が悪ければ、意識できるだろうが、何の不具合も感じていないので、つい飲み忘れる。
食後数時間後にメモを見て慌てて飲むことがよくある。
これを飲み忘れると不正出血を起こすという。

エストロゲンのパッチを貼り始めてしばらくした頃は、顔の肌の状態がとても良くなったと感じた。
美容効果のためにホルモン補充をする人もいるとネットで読んだが、美肌効果は、長くは続かなかった。

客観的な評価はしにくいが、物忘れで失敗することも減った気がする。
買ったものをどこかに置き忘れてくるとか、駐車場で車が見つからないとかいうことが、以前は、繰り返しあったが、今はない。
認知症と間違うような記憶障害は、ストレスがかかるとぶり返すうつ病の症状でもある。
うつ病の場合は、物忘れの自覚があり、それによって精神的ダメージも受けている。)

ストレスが減ったから物忘れをしなくなったのか、ホルモン補充でしなくなったのかは、よくわからない。
しかし、以前、ある大学教授から「女性ホルモンの減少は、記憶力の低下を起こす。女性教授達は、それでは困るので、皆、ホルモン補充療法をしている」と直接聞いた。
ホルモン補充療法は、アルツハイマー病の予防にもなるというので、期待している。

以前あった様々な症状は、耳鳴り以外、すべて消えた。
加えて皮膚のトラブルが、なくなった。

ここ数年、冬場は、腕足が乾燥してかゆみが出たり、かかとが割れたり、何をつけても治らないひどい手荒れがあったが、この冬は、それが全くなかった。
更年期障害の症状だとは思っていなかったが、エストロゲンは、皮膚に良い作用をするようなので、その効果だと思う。

 <このサイトでホルモン補充療法の詳細が、利点もリスクもよくわかる。>





  ↑
これをクリックするとfc2ブログの福祉・介護ブログ・ランキングが出ます。
クリック、本当にありがとうございます。
皆さんに支えられていると思うと、もっと良質で有益で正確な記事を書こうと思います。
しば

tag : 更年期障害 ホルモン補充療法 うつ病

ホルモン補充療法 No.2 黄体ホルモンを飲む

これは更年期(45~55才)の女性向けの情報。でも男性にも知っておいて欲しい。

治療を始めた経緯を読んでいない方は、こちらから。

2週間エストロゲン(卵胞ホルモンという女性ホルモン)のパッチを貼って、辛かった症状のほとんど全ては、即座に完全に消えた。
あまり変わらずあったのは、耳鳴りのみ。
一度だけ寝付きが悪く、夜中に暑くて起きた夜があった。
変だなと思ったら、パッチの交換を忘れていた。
これを貼らなければ、今も毎晩何時間も寝付けず、夜中に汗をかいて目を覚ましているのかと思った。
悪い副作用は、何も感じなかった。
しばらくすると肌の水分量(しっとり感)と弾力性(張り)が増した。
食欲も増して、1キロ位体重が増えた。

2週間後、予約通り再び産婦人科に行った。
医師「効果があったということは、更年期障害だったということですね。じゃあ続けますね?」
今度は、28日分のパッチに加えて黄体ホルモンの錠剤(朝夕食後1錠づつ)12日分を出された。(診察料と薬代を合わせて1310円。)
黄体ホルモンを12日間飲み終えると生理が始まるという。

医師「これを飲み続ける限り、50才を過ぎても生理はずっと来ます」
私 「どういうタイミングで止めるんですか?」
医師「自分で止めたくなった時です。もう面倒くさいから生理はいらないとか」
私 「徐々に薬を減らしていくんですか?」
医師「いえ。止める時は、その日からスパッと完全に止めます」
私 「それでまた元の症状がぶり返したらどうするんですか?」
医師「辛いようならまた再開します。症状が出なければそのまま止めます」
自分の臓器の手綱(コントロール)を手渡されたのかと思うとちょっと面食らう。

それでも色々な症状が消えて初めて自分は異常だったのだとあらためて思った。
『困ったな、辛いな』とは思っても、それが異常(病的)だとは思わずにずっと我慢してきた。
そんな女性が、世の中にはたくさんいるんだろうと思う。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ホルモン補充療法を始めてからは、快調な毎日が続いていた。
が、黄体ホルモン(プロゲステロン)を飲み始めた途端、なぜか睡眠の問題をぶり返した。
(中々寝付けない。夜中に何度も目が覚め、しばらく眠れない。日によって早朝覚醒。でもストレスが原因ではないと思う。)
医師「眠くなるという副作用が出る人はいますが、眠れなくなったというのは報告されていません。しかし飲み始めたと同時になったと言うなら副作用ではないとも言えません。もう少ししたら体が慣れて治まるかも知れませんし、治まらなければ治療中止も考えましょう。まあ、もうしばらく様子を見て下さい」

黄体ホルモンを飲み始めてから、初めて胸の張りも始まった。
不快なほどではないが、時々胸に違和感(痛みとまでは呼べない。)を感じる。
サイズも若干大きくなった。
眠れないせいもあってか、疲れやすい。
年末でやらなければいけないことはいくらでもあるのに、腰が重い。
10日目からは、肌の乾燥も感じた。
ネットで見ると、全てプロゲステロンに伴う症状のようだ。
(何もしなくても生理前にはそういう症状が起こる人たちがいる。月経前症候群と呼び、その中には不眠も含まれる。)

それでも耐え難かった冷え性や発汗は、相変わらず消えている。
頭痛も異様な肩こりもない。
ホルモン補充療法を始める前と黄体ホルモンを飲み始めてからを比べても今の方がずっと楽だ。
体が慣れるかどうか、もうしばらく様子をみるつもりだ。

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
このサイトでホルモン補充療法の詳細が、利点もリスクもよくわかる。

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥


更年期障害のホルモン補充療法

介護者の多くは、女性で、45~55才(更年期)の人も少なくないだろう。
その人たちの参考になれば・・。

私は、両親の症状が比較的安定し、とりあえずがむしゃらに頑張って何かをする必要がなくなった。厳しいストレスから解放されて、ゆっくり休める時期になった。
ところがその途端に、体調がおかしい。
「緊張がとけるとガタッと来る」というのは、何人かの友人知人から言われていた。
はい・・仰せの通り。

一番辛いのは、不眠。朝起きた時から始まる疲労感、倦怠感、頭痛。
肩こり、耳鳴り、異常な冷え(寒気)。

これらは、うつ病でも出る。(更年期障害でうつ病に近い状態になる人も多い。)
でもうつ病の疲労感や倦怠感は、朝が一番ひどくて、午後から徐々に楽になり、夜はほとんど消える。
今回は、時間による変化がないので、うつをぶり返しているとは思えなかった。
不眠もうつ病の場合、寝付きが悪い、何度も目を覚ますことに加えて、早朝覚醒(夜中の3~4時に覚醒し眠れなくなる。)が特徴だが、今は、早朝覚醒はない。

その内に(1ヶ月程前から)急に暑くなる症状が始まった。
ホットフラッシュ(1年以上前に4~5回あったが、動悸とめまいを伴うものだった。)ほど激しくないが、ちょっと動いただけで急に暑くなって汗をかく。
長年ひどい冷え性だった私は、夏でもあまり汗をかかなかった。冬に汗をかくのは、初めての体験だ。熱がある時のように暑くなったり寒くなったりするので、上着を脱いだり着たりを繰り返す。
夜寝ていても突然ひどく暑くなって目が覚めるということが毎晩続くようになった。
(去年までは、パジャマの上にフリースを着て、靴下をはいて寝ても夜中に寒気で何度も起きた。)
これでやっと更年期障害に間違いないと確信を持った。

最近「ためしてガッテン」でホルモン補充療法を強く勧める放送をやっていたが、ネットで調べると賛否両論。反対派の情報を読むとやはりちょっと恐くなる。(ガンになりやすくなるというのは、正しくないようだ。)

しかしとにかくやってみて効かなければ止めればいいだけのことなのだと思い、随分久しぶりに産婦人科に行った。

症状を訴えると「ホルモン補充療法を希望ですね?」
本来は、生理が止まった人が受ける処方と説明されたが、パッチ(体に貼付けるシール式の薬)を処方された。
「これで症状が改善されたら更年期障害ということです。改善されなかったら精神科に行って下さい」
早い人で6時間後から、遅い人でも1週間後には、効果が出ると説明された。
副作用は、胸が張る場合がある、生理が不順になるという説明。ネットで調べると体重が少し増えるとある。

処方前に内診もあった。なぜ内診?と思ったが、予想外のものが見つかった。
「子宮に大きなポリープがありますね。8千円かかりますけど取りますか?」
「取らないとどうなるんですか?」
「取っても取らなくても更年期障害には関係ありません。ただまれにガンの人がいます」
8千円を惜しんでガンで死ぬのも困る。痛いと言われたが、切除に痛みはなかった。(翌日1日下腹がチクチク痛んだ。)
この歳になると「叩けばホコリが出る」んだなぁとつくづく思う。
人間ドックにでも入れば、脳に萎縮や梗塞など、知りたくもないことが次々と見つかりそうな気がする。

医者は「ポリープがあるってことは、女性ホルモンは、ちゃんと分泌されているってことですよ」
友達が受けたという血中のホルモン量を計る検査はしなかった。

パッチは、見たこともない程薄いシールで、五百円玉大。しかも2日に1度しか張り替えない。
こんなんで効くのか?!と思う。

けれども付けてから11時間後、入眠困難を感じることなくすんなり眠れた。
熟睡感があり、朝の疲労感、倦怠感、頭痛も消えた。
ぐっすり眠れたのは、6月以来の快挙(?)だ。
10分自転車をこいで汗でびっしょりになることも、いくら厚着をしても寒くてたまらないということもピタリとなくなった。首から肩にかけて鉛が詰まっているような不快な肩こりも消えた。
楽だ。
胸の張りも、困った副作用も今のところない。
まだ始めて2日しか経っていないが、これは思ったより良いかも知れない。

続きはこちら。「黄体ホルモンを飲む」



プロフィール

<しば>

Author:<しば>
私は認知症について希望を持てる情報を集め、共有している一介護家族です。医療・福祉の従事者ではありません。

特定の医師・治療法等へのこだわり、信仰する宗教はありません。
認知症に関連するビジネスもしていません。
掲載する情報は正確・公正であるよう努めています。

このブログ内の記事は、出典さえ書いて頂ければ、自由にコピーして資料等として使って頂いて構いません。リンクもご自由に。

’13年5月から「レビー小体型認知症介護家族おしゃべり会」(全国に広がる家族会)公式サイトに「しば記者デスク」「体験記」というコーナーを頂き記事を連載中。(こちらの記事は会に著作権があります。)

ツイッター:しば@703shiba

*レビー小体型認知症の症状やチェック方法は、カテゴリの一番上「症状チェック」を。


母 '05パーキンソン病と診断。’10.3月要支援2→要介護4へ激変。5月レビーと診断。2度の転倒骨折入院の後、自宅介護が困難に。8月末グループホーム入所。’11年3月に圧迫骨折で寝たきりに。7月特養入所・要介護5に認定。'12年要介護4に回復。’14年なぜか要介護5になるが穏やかで普通に会話が可能。
S13(1938)年生まれ。

父 ’10年9月ピック病(前頭側頭型認知症)と診断。
昭和2桁生まれ。

私 ’60年代生の女性。300km離れた所に住む。日々の介護はきょうだいに頼り’10年から月1回、’12年から1〜2ヶ月に1回帰省。

好きなこと:読むこと・書くこと・草花の写真を撮ること等々。

*記事に付けた花の写真は私が撮影したものです。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。